bitFlyer vs 日経新聞|本人確認に関する報道内容について主張食い違い

日経新聞がbitFlyerの本人確認を問題視する報道
日経新聞は、「本人確認のための書留郵便受け取り前に取引が可能」という点を問題提起し、更には金融庁がbitFlyerに対し取引形態見直しを求めた、と報道しました。
bitFlyerに対しての批判記事と反論文に情報食い違い
日経新聞では「郵送書類が本人不在で戻ってきた場合でも、発送から30日間は取引可能」としていますが、bitFlyerは「郵送書類が宛先不明と判明した場合には直ちに売買取引を制限」としています。

日経新聞の報道に対しbitFlyerが反論文を公開

本日、日経新聞が「仮想通貨、本人確認前に売買も 悪用のリスク 金融庁、ビットフライヤーに見直し求める」、また「ビットフライヤー、顧客獲得を優先 犯罪対策二の次」と題した記事を公開しました。

それに対しbitFlyerは、「一部報道とマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策について」と題し、日経新聞に対する反論文を掲載しました。

この内容の食い違う点と、そもそもの提起されている問題点について解説していきます。

日経新聞の報道内容

  • ・bitFlyerは本人確認を終えていない顧客の通貨売買を可能にしている
  • ・多くの取引所は本人確認の書留郵便を受け取り後取引可能だが、bitFlyerは受け取るまでの間の段階でも可能
  • ・マネロンに悪用される恐れがあるため金融庁が取引形態の見直しを求めた
  • ・郵送書類が本人不在で戻ってきた場合でも、発送から30日間は取引ができる

bitFlyerの反論文内容

  • ・登録情報と本人確認資料の一致が確認出来た場合のみサービス提供
  • ・その過程で誤りがあった場合サービス提供しない
  • ・郵送書類が宛先不明と判明した場合直ちに売買取引停止
  • ・銀行ネットワークへの照会が完了した場合のみ日本円出金を認める
  • ・不正なIPアドレス(国によっても警戒度が異なる)をブラックリストにより制限

また、今後の本人確認の厳格化について、以下のように触れられています。

① 売買取引を目的とするお客様については、ご本人確認のための書留郵便のお受取を含む取引時確認が完了するまでいかなる場合においても日本円の出金、仮想通貨の送付等が行えなくなります。

② ご本人確認のための書留郵便のお受取を含む取引時確認が完了しないお客様は、「ビットコインをつかう」において換金性の高い商品を購入できなくなります。

互いの主張の食い違う点は?

金融庁は、仮想通貨交換業者に対し、マネロン対策を強く求めています。

日本だけでなく、世界でも、こうした観点から本人確認を必須とする取引所が増え続けています。

今回のケースで日経新聞が問題としているのは、「本人確認のための書留郵便が受け取りされていないにも関わらず取引が出来る点」と推察出来ます。

これについて、bitFlyerは「郵送書類が宛先不明と判明した場合には直ちに売買取引を制限」と今回言及していますが、この文面では宛先不明と判明するまでの間、書留郵便の受け取りなしでも取引が出来るという日経新聞の報道内容を肯定している文章とも取れます。

両社の内容については、文章をどう捉えるかで人によって意見が別れる部分、または認識の違いとする箇所が多数存在しますが、情報としてはっきり食い違うのは、以下の点です。

日経新聞「身分を偽った取引も可能」

bitFlyer「登録情報と本人確認資料の一致が確認できた場合のみサービスを提供」

日経新聞「郵送書類が本人不在で戻ってきた場合でも、発送から30日間は取引ができる」

bitFlyer「郵送書類が宛先不明と判明した場合には直ちに売買取引を制限」

金融庁の判断は?

両社の主張の食い違う点としては上記した通りですが、これは問題提起された点とは違うところにあります。

繰り返しになりますが、日経新聞の報道「金融庁が見直し求める」としている内容は、「本人確認のための書留郵便が受け取りされていないにも関わらず取引が出来る」点であると推測出来ます。

bitFlyerの掲載文章では、今後の変更内容について、書留郵便を受け取っていない場合「日本円の出金、仮想通貨の送付等が行えなくなります」とありますが、仮想通貨の取引・売買については明記されていません。

なお、非対面(インターネット上など)での取引の取引時確認については、認定認証事業者発行の電子署名書による本人特定事項の確認、などといった方法も存在しています。

よって、「本人確認のための書留郵便受け取り前に取引出来る=取引時確認されてない」という図式ではありません

また、投資家の間では、規制機関が本人確認を厳格化しているにも関わらず、そもそも仮想通貨取引所に求める本人確認の定義が曖昧なのでは、とする意見もあります。

これらの部分について、今後の進展が期待されています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加