米Galaxy Digital、仮想通貨イーサリアムの投資信託を3種類提供へ

イーサリアムのファンド提供へ

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Galaxy Digitalが、2月15日からイーサリアム(ETH)の価格に連動した3種類の投資信託の提供を開始することが分かった。

時価総額が増加し続けていること、またDeFi(分散型金融)の需要が高まっていることなどから、同社はETHの可能性を高く評価。適格投資家を対象にETHへのエクスポージャーを提供する。

ビットコイン(BTC)推進派として知られる同社のマイケル・ノボグラッツCEOは以前から、ETHの可能性も評価している。ETHの共同創設者であるジョセフ・ルービン氏と大学時代から親交を持っており、ルービン氏のETHに対する情熱を知るうちに将来性を感じたとし、ローンチされたばかりのETHを購入した。

関連Galaxy DigitalノボグラッツCEOは、なぜ最初期にETHやBTCを購入出来たのか

今回の投資信託はETHのパフォーマンスに投資を行うインデックスファンドで、米ブルームバーグが提供する指標「Bloomberg Galaxy Ethereum Index」に基づいて運用される。カストディはウィンクルボス兄弟が経営する仮想通貨企業Geminiが担当するという。

提供されるのは「Galaxy Ethereum Fund」と、このファンドと手数料や償還などのルールが異なる「GALAXY INSTITUTIONAL ETHEREUM FUND」。後者のファンドは米国内海外向けで2種類提供する計画で、ETHの投資信託を合計3種類提供することになる。

CoinPostが提携する仮想通貨メディアTheBlockによると、Galaxy DigitalはETHは成長が見込める資産と見ている。「ETHへ投資することは、IT企業の初期の成長株を組み合わせたバスケットに投資することに似ており、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)といった次世代の技術に投資することを可能にする」とした。

同社の資産運用部門「Galaxy Digital Capital Management(GDCM)」の運用額は、2020年12月末時点で8億ドル(超840億円)超に上る。

CMEは先物取引を提供

ETHについては、米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が来月8日から先物取引を開始することを発表。

CMEはすでに2017年よりBTC先物取引を開始しており、12月時点で先物取引の建玉が10億ドル(約1000億円)を超えるほど市場規模を拡大している。

好調な取引データは2020年に高まった機関投資家の需要を反映しており、CMEは「BTC先物とオプション取引の成功事例に基づいて、ETH先物取引を2月に追加する」と説明している。

関連米CME、イーサリアム先物を来年開始へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。