仮想通貨投資、初心者に知っておいて欲しい5つのこと|Forkast寄稿

仮想通貨投資のポイント|Forkast寄稿

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが総額15億ドル(約1600億円)相当のビットコイン(BTC)を購入したニュースなどを受け、ビットコインの価格は過去最高値を更新。他の暗号資産(仮想通貨)の価格も上昇したことによって、新たな投資家が市場に参入している。

今回、香港メディア「Forkast.News(以下、Forkast)」は新規参入者に向けて、どのように仮想通貨投資を始めたらよいか、またどのようにリスク対策を行うべきかについてガイドを発表した。初心者が知っておくべきことを5つにまとめている。

1.まずはリサーチから始めてみる

仮想通貨に投資する際は、どの銘柄を購入するか、どの取引所を利用するか、どのくらいの資金を投入するかなど、多くの判断が必要になる。仮想通貨は銘柄が非常に多い。

株式などの投資経験がある人は比較的容易に仮想通貨投資を始めることができるが、投資が初めての人でも臆せずに、まずはリサーチを行うことから始めてみることをForkastは勧めている。

同社の「Blockchain Basics」というウェブサイトでは、仮想通貨に関する技術や用語について学ぶことができるという。

2.長期投資を推奨

次に仮想通貨は短期的に売買を行うのではなく、日々の価格変動に惑わされずに長期投資することを推奨。米バイデン政権の仮想通貨に対するスタンスが不透明である点など不確定要素はあるが、コロナ禍で仮想通貨市場は着実に成長しているとの見解を示した。

また仮想通貨市場は価格変動が大きいと懸念されることについて、ForkastがインタビューしたバイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称:CZ)の言葉を引用。CZ氏は以下のように述べている。

仮想通貨よりも価格変動が大きい株の銘柄もある。ビットコインの価格も、他の資産に比べると今はそんなに大きく変動していない。

実際はテスラの株の方が、ビットコインよりも価格変動が大きい。

3.基本を理解する

3点目としてForkastは、仮想通貨に投資するか決める前に、ブロックチェーン技術など基本事項を理解するべきだとしている。

たとえば、政府によって供給を増やすことができる法定通貨と違い、仮想通貨は数学的に供給量が設定されているデジタルの通貨だと説明。マイニングというコンピューターが行う作業によって新しい通貨が発行されていく銘柄があることも特徴だとした。

また仮想通貨の価格は、イーサリアム(ETH)のVitalik Buterin氏やカルダノ(ADA)のCharles Hoskinson氏といった創設者や開発者が決めるのではなく、需要と供給という市場のメカニズムによって決められる仕組みが他の資産と同じだと述べている。

それに加えアルトコインは、規制当局の監督によって、組織による中央集権的な運用が行われるケースが減少してきていることも重要であると指摘。規制当局の監督については、米証券取引委員会(SEC)がXRP(リップル)の有価証券問題でリップル社を提訴した例を挙げた。

関連米SECのリップル社訴訟、詳細が判明

そして本項目の最後として、ブロックチェーンの技術的なことを学びたい時の資料の例として、ビットコインのホワイトペーパーを紹介している。

4.詐欺に注意する

次に仮想通貨投資を行う際に、詐欺の被害に遭わないように注意を促している。

実体が不透明なデジタル資産や疑わしい方法でしか購入できない銘柄に手を出すと、資産を全て失う可能性があると説明。仮想通貨の価値や開発について嘘の情報を提供され、それによって損失を被った投資家が訴訟を起こした例もあると警告した。

関連米SEC、デジタル資産証券に関する詐欺容疑で3名を提訴

また投資を代行してくれるサービスにも注意が必要だと指摘。メールや電話で仮想通貨を売ってあげるなどと持ちかけてくる誘いにも気をつけるように述べ、最も簡単に安全な取引を行うことができる方法として、信頼できる取引所を利用することを勧めた。

5.セキュリティを意識する

最後にForkastが挙げているポイントが、セキュリティだ。ブロックチェーン上の取引は、金融機関や政府、規制当局から保険などを利用して守られてはいない。そのため、特に取引所のアカウントについては二段階認証を利用してセキュリティを高めるように促している。

他の人に送金したり、誰かに仮想通貨を盗まれた場合は、相手が返さない限り資産を取り戻す方法はないと警告。投資経験を積んで知識がついてからでよいので、ハードウェアウォレットの活用を検討するように勧めた。

仮想通貨の規制整備はまだ初期段階で、国や地域によってルールの内容や整備の進捗状況に差があるとし、自身の居住する地域がどのように仮想通貨を規制しているのかも理解して欲しいと結んでいる。

著者:K.Kobayashi
参考:Forkast.News

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します