ビル・ゲイツ氏「安易にイーロン・マスクを真似るべきではない」ビットコイン投資家に注意促す

ビットコイン投資に注意を

マイクロソフトの共同創設者で億万長者としても知られるビル・ゲイツ氏は23日、ビットコイン(BTC)投資について注意を促した。

「あなたがイーロン・マスクCEOよりも資金力が少ないなら、注意が必要だ」などと述べ、マスク氏のツイートを参考に投資している人に向け、損失を被らないよう気をつけるように呼びかけた。

ビル・ゲイツ氏とイーロン・マスク氏は、ともに世界長者番付上位に名を連ねる大富豪だ。

今回のインタビューは、ビットコインだけでなく、SNS上における偽情報が拡散される問題や新型コロナウイルスのパンデミックもテーマになっている。ブルームバーグのインタビュアーは、マスク氏の発言について暗号資産(仮想通貨)、特にビットコインの価格が変動することに言及しており、ゲイツ氏の発言はその流れを受けたものだ。

今回の発言の理由についてゲイツ氏は、「マスク氏は潤沢な資金力があり、知識や経験もある。ビットコインの価格が大きく変動しても心配には及ばない」と説明。一般人が、強気相場の熱狂につられてマスク氏と同様の投資判断を安易に行うことについては、注意を促した。

ゲイツ氏はビットコインを全面的に否定しているわけではない。米CNBCの経済番組「Squawk Box」に先週出演した際、自身がビットコインを所有していないことを明かしたが、ビットコインに対する立場は「中立」であるとしている。2018年時点では、ビットコインの価値を全面的に否定していた。

関連億万長者ビル・ゲイツ氏、ビットコインに対する「現在のスタンス」を語る

今回のインタビューで「なぜビットコインに対して『強気』ではないのか」と聞かれたゲイツ氏は、マイニングでエネルギーを消費していることに加え、匿名性が高いため犯罪に利用される可能性があることを問題視。デジタル通貨は支持するが、自身が理想とする通貨とビットコインは異なるとした。マイクロソフトから国際的な慈善事業家に転身したゲイツ氏は、現在環境問題にも取り組んでいる。

環境への影響

環境問題に対する姿勢が評価される電気自動車(EV)メーカーのテスラが、総額15億ドル(1600億円相当)を費やしてビットコインを購入したことが明らかになって以降、仮想通貨懐疑派を中心に、マイニングの環境への影響を懸念する声が再度目立ち始めた。米国のイエレン財務長官も、ビットコインのマイニングで大量の電力が消費されていることを問題視していると報じられている。

14日に英フィナンシャルタイムズは、テスラのビットコイン購入を「愚劣」と批判するオピニオン記事を投稿。オランダの経済学者Alex de Vries氏が、ビットコインは年間で78TWh(テラワットアワー)の電力を消費すると指摘しており、南米チリの年間消費電力20TWhを大きく上回るなどと説明している。

関連ビットコイン高騰でマイニング(採掘)の環境問題が再浮上、今後の課題は?

その一方で、環境問題に取り組む動きもある。

ツイッター創設者のJack Dorsey氏が経営する米スクエアは昨年12月、2030年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにする計画を発表した。

決済事業を手掛けながらビットコインの売買サービスを提供する同社は、自社の運営で脱炭素を目指すだけでなく、マイニングで再生エネルギーを利用するなどビットコインのエコシステムで環境問題に取り組む企業を支援すると表明。「Bitcoin Clean Energy Investment Initiative」という新たな取り組みに1000万ドル(約10億円)を費やすとしている。

関連ビットコインも「脱炭素」へ──米スクエア、10億円規模の環境支援計画

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します