CoinPostで今最も読まれています

KNCを通してDeFiトークンの価値を考えてみる|Kyber network寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

KNCを通してDeFiトークンの価値を考えてみる

仮想通貨について情報収集をしていると、必ず分散型金融(Decentralized Finance、DeFi)についての話題が目に入るはずです。今回はそんなDeFiプロダクトが発行するDeFiトークンの価値を考える方法について書きます。

DeFiに関するある程度の知識を前提とするので、まだDeFiの全体像がつかめていない方は、ぜひ以下の記事を参考にして学んでみてください。

参考:広がるDeFi(分散型金融)エコシステム|Kyber network寄稿

参考:DeFi(分散型金融)が歩んできた歴史|Kyber network寄稿

DeFiトークンを保有する意味

Coingeckoの “Top 100 DeFi Coins by Market Capitalization” を見ると、様々なDeFiトークンがあることが分かります。よく話題になるトークンといえば、

  • Uniswap の UNI
  • Maker の MKR
  • Compound の COMP
  • Curve の CRV
  • Synthetix の SNX

などがあり、その他の有力DeFiプロトコルもほぼトークンを発行しています。例えばUniswapやMakerの重要な決定事項はそれぞれUNI、MKR保有者の投票により決定されるため、これらのDeFiトークンはガバナンストークンとも呼ばれます。

ガバナンストークン保有者は通常、手数料率変更や具体的アップグレードなどプロトコルの改善提案を行い、投票で決定します。さらに決定事項を実際に行動に移し完遂するなど、全ての面において大きな貢献を行います。

最も大切な決定事項の一つに、プロトコル収益の分配方法があります。通常DeFiプロトコルは、利用されるにあたって手数料を徴収しています。

この収益の使途はガバナンストークン保有者で決定することが普通です。したがって、収益はガバナンストークン保有者への報酬として利用されることが強く期待されることになります。

この収益こそ、DeFiのガバナンストークンに価値があると考えられている理由です。

KNCトークンの実例

ガバナンストークンの役割についてよく知るため、Kyber Networkのガバナンストークン、KNCの実例を紹介します。Kyber Networkは、DeFiでも特にDEXなどに対して流動性を提供するプロトコルです。

Kyber Networkのプロトコル収益

tracker.kyber.network を開くと、Kyber Networkの取引高を知ることができます。

trackerを見れば、例えばこの直近1ヶ月Kyber Networkで記録した取引高は約6億3000万ドルであることが分かります。これが仮に1年続けば、年間取引高は約75億8000万ドルになります。

Kyber Networkでは現在、各取引高のうち 0.1%のETHをプロトコル収益として徴収しています。月間取引高を6億3000万ドルと仮定すると、1ヶ月あたり63万ドル分のETHがKyberプロトコルが稼ぐ手数料となります。同じ取引高が続くと仮定すれば、年間で756万ドル分のETHです。

この収益の使い道は、Kyber Networkのガバナンストークン、KNCの保有者が決定します。

KNC保有者によるガバナンス

Kyber Networkでは、kyber.org にて、KNC保有者の投票によるガバナンスを行っています。

引用元: kyber.org

KNC保有者はこちらに保有KNCをステークすることで、投票に参加することができます。上記の画像ではまさに、「Kyberプロトコル収益をどのように分配するか」を決定するための投票が行われています。KNCをステークした保有者は、好きな選択肢に投票します。

Kyberは現在ETHでの収益分配として、以下の3つ分配先を定めています。

  • 供給を減らすため、ETHでKNCを購入し、KNCをバーン(消滅)させる
  • KNCをステーク&投票した人にETH分配
  • Kyberの流動性を提供している人たちのインセンティブとしてETH分配

上記の3つの分配率を投票で決定し、分配することにしています。

このような分配方法は各プロトコルにより異なりますし、Kyberの場合も提案さえあれば、分配先や使途を投票で変更することも可能です。例えば、収益の30%は開発費として備蓄する、などの決定も考えられるでしょう。

このように、KNCを保有してガバナンスに参加すれば、Kyber収益の分配を受けることができます。そのためKNC保有者にはKyberプロトコルを改善し、持続的なものにするため盛んにフォーラムで議論するインセンティブがあります。

大型アップデートの綿密な提案があれば、保有者間で多くの議論が起こる
引用元:KNC Token Migration & Upgrade Discussion

KNCのリターンを計算する

Kyberは取引高に比例して収益を高めていくため、取引高の成長を考えることでKNC保有のリターンを考えることが可能です。例えば現在の1KNCの価格が 1.64ドルであったとします。

引用元:CoinGecko

  • 1KNC = 1.64ドル
  • 年間予想収益 = 756万ドル

この年間収益の756万ドルをKNC保有者で分けることになりますが、KNCを持っていれば無条件で受け取れるわけではなく、ステークして投票することが必須条件になっています。現在ステークされているKNCの量は、kyber.org で確認できます。

引用元:kyber.org

左上の Total Stake を見れば、約6000万KNCがステークされていることが分かります。ステークは追加されたり引き出されたりもしますが、年間を通して6000万KNCがステークされると考えるとすれば、756万ドルを6000万KNCで分配することになります。

756万ドルを6000万で割ると、0.126ドルです。つまりKyberガバナンスに参加していれば、1KNCあたり年間0.126ドルを受け取れる計算です。

現在のKNC価格1.64ドルで考えると、年間リターンは約7.7%であると言えます。あくまでも取引高や手数料率、ステーク量が年間通して不変であることを前提に計算しています。特にKNC自体の価格下落には別途の注意が必要です。

stakingrewards.com では、KNCのようなガバナンストークンを始めとした、ステークにより分配が受けられるトークンのリターンを自動で計算してくれます。

左枠に保有KNCを入れれば月間と年間リターンを計算してくれる。
引用元:Staking Rewards

各DeFiの重要指標を考えた上で投資する

DeFiトークンの価値を支えているのはプロトコル収益と、その分配の見込みです。したがって中長期的な保有を考えるのであれば、

  • プロトコルの収益構造
  • 将来的な伸び率
  • 時価総額
  • ステーク率
  • 保有者間のディスカッション

など、リターンに関係する情報をできる限り勤勉に集め、熟慮の上に決定することが大切です。KNCの例で言えば、将来的に取引高が2倍(半分)になればリターンも2倍(半分)であり、手数料率を0.05%に下げて取引高が変化無ければリターンは半分になります。

プロトコルの重要な変更は全てリターンに影響するので、フォーラムでの議論は一定程度確認しておく必要もありますし、自ら積極的に提案して議論を喚起し、改善に貢献することも必要でしょう。

その他、株式のように収益と時価総額から評価を数値化して分析のサポートをしているウェブサイトもあります。

Token Terminalでは、各プロトコルの収益などの指標がまとめられています

DeFiトークンに投資する際は、こういった指標を元に具体的な計算もしてみてください。一言で「収益」と言ってもそれぞれ意味が違う場合があるので注意しましょう。

Uniswapなどは現在のところ、まだトークン保有者へ分配するための収益を徴収していません。そういった場合、今後の見込みをしっかり調査することが大切です。

参考:初心者でもわかるUniswap完全ガイド|Kyber network寄稿

自分が長期的視点で投資しようとするトークンがあるならば、その仕組みを細かく調査し、stakingrewards.comToken Terminal 等のサイトでデータをよく吟味することを心がけることをお勧めします。そして何よりDeFiの魅力は誰もが参加できる分散ガバナンスです。

自分がトークンを保有するプロトコルについて最もよく知り、提案や実行により主体的に関わることが大切で、DeFiを楽しむ秘訣でもあります。それが結果として投資効果を高めることに繋がるはずです。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。
12:23
50000ドル台で揉み合うビットコイン、イーサリアム先物市場に過熱感も
暗号資産(仮想通貨)市場では半減期を控えるビットコインが50000ドル台で一服。続伸中のイーサリアムは先物市場のOI(未決済建玉)に過熱感も見受けられる。
11:30
スタートアップ育成のY Combinator、ステーブルコインへの取り組み推奨
Y Combinatorはスタートアップ企業への推奨分野を発表。「ステーブルコインを使った金融」にも巨大なチャンスがあると述べている。
10:00
仮想通貨投資商品、1週間で約3,700億円の純資金流入を記録ーCoinShares
CoinSharesによると、仮想通貨投資商品への1週間の資金流入額が急増。約3,680億円となった。ビットコイン現物ETFが牽引したとみられる。
08:30
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムのAI活用に期待
仮想通貨イーサリアム最大の技術的なリスクはバグだとし、イーサリアム共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、コードの検証やバグの発見にAIを活用できるようになることを期待していると述べた。
07:30
バイナンス、Roninチェーンのゲーム「Pixels」トークン新規上場 20%高
仮想通貨PIXELトークンはバイナンスなどへの新規上場で価格が高騰している。Pixelsが昨日トークンのエアドロップを実施した。
06:30
Starknetのエアドロップ取得日確定、DeFiへ4000万STRK付与も
日本時間2月20日21時よりStarknetの仮想通貨STRKが取得可能になる。このエアドロップを見逃したユーザーはDeFiへのインセンティブプログラムに参加することができる。
06:00
ソラナBackpackウォレット、Wormholeを搭載 マルチチェーンスワップ可能に
Backpackのユーザーはウォレット内で、ソラナブロックチェーンとイーサリアムブロックチェーンの間でトークンのブリッジとスワップができるようになった。利便性が向上しクロスチェーンスワップのUXが改善される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧