Cointelegraph主催BlockShow × CoinPost パートナーシップ締結:5月28日~29日にベルリンで開催

CoinPostがメディアパートナーを締結
株式会社CoinPostは、大手仮想通貨メディア「Cointelegraph」主催のBlockShowと「メディアパートナーシップ」を締結しました。イベント当日となる5月28日、29日には、現地ベルリンより仮想通貨(ブロックチェーン)情報をお届けします。

欧州最大規模のカンファレンスが近日開催

2ヶ月前のシンガポールでの成功を糧に、「BlockShow 2018」は欧州の地に凱旋し、世界で最も熱いイノベーションを共有する場所を提供します。

当イベントは、5月28日、29日に前回と同じベルリンで開催されます。

ベルリンが再び選出された理由は、フィンテックおよびブロックチェーン開発の主要都市として認知されているだけでなく、数多くのスタートアップ企業などあらゆる業界の発信地であることも関係しています。

驚異的な成長

「BlockShow」は、最も注目を浴びるブロックチェーンアプリや話題のセンセーション、高品質コンテンツとネットワーキングの場所を提供します。

5月開催の次回イベントでは、3,000人以上の参加者と150以上のブースを見込んでおり、120以上の企業や団体の支援を受けています。

これは過去最高の数値であり、前回開催した昨年11月の2倍、昨年の4月と比べると約5倍の規模となっております。

開催理由

BlockShow Europeでは、成功しているプロジェクトや将来性が見込まれる企業によるブロックチェーン使用した最新アプリの紹介はもちろん、ブロックチェーンがIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、サイバーセキュリティ、選挙投票などの世界的に重要とされるテーマに関して”どのように業界を変えていくのか”を専門家が解説するなどのコンテンツを予定しています。

また、欧州各国の中央銀行関係者も登壇し、”ブロックチェーン技術の現状と将来のビジョン”について語っていただく予定です。

世界中の専門家が、「2018年は、ブロックチェーン規制の年になる」と口を揃える中、BlockShowが規制について議論の場を設けないわけにはいきません。

適切な規制について議論を深化させる中、”バランスと公平さが保たれること”がコインテレグラフの願いとのことです。

BlockShow Europeでは、国際的に認知されている専門機関や企業から約70人のスピーカーをお迎えします。

スピーチやディスカッション、パネルセッションを通して、プロフェッショナルの専門性に富んだ知見を分かち合って頂ければと思います。

下記は、登壇スピーカーの一例です。

  • Llew Claasen (ルー・クラーセン) ビットコイン財団:執行取締役、ベンチャーキャピタリスト
  • Milan Sallaba (ミラン・サラバ) デロイト・コンサルティング、パートナー
  • Ahmed Syed (アハメッド・サヤド) SAP、イノベーションオフィスリード
  • Ivan Liljeqvist (イバン・リリイェキビスト) Ivan on Tech、スピーカー、インフルエンサー
  • David Lee (デイビッド・リー) LeftCoast、ディレクター・アドバイザー
  • Dr. Julian Hosp (ジュリアン・ホスプ博士) TenX、共同創設者・CEO
  • Joern Leogrande (ヨーン・レオグランド) WireCard AG、イノベーションラボVP
  • Ildar Fazulyanov (イルダー・ファズリヤノフ) Well.Inc、CEO・創設者
  • Eugene Etsebeth(ユージン・エツェベス) 事業部長・決済、ACH、中央銀行担当

この他にも多くのスピーカーが登壇予定なので、お楽しみに。

BlockShowは毎年スケールアップするために、さまざまなエキシビションやネットワーキング、面白いアクティビティを企画しています。

コインテレグラフは今年もより良いアイデアを見つけて、更なるビジネスへ繋げていこうと考えているようですので、ブロックチェーン起業家の方々はお見逃しなく

専門家の意見

BlockShowは、当イベントの開始以来100名を超えるブロックチェーン専門家と世界中の400以上の企業のための、大きなビジネスへの第一歩になる手助けとなることを目標としています。

以下は過去の参加者の声です。

BlockShowは、素晴らしい

米国外のイベントはひさしぶりだったので、普通だったら慎重に選ぶべきですが、Cointelegraphは仮想通貨業界に長くいるので、Bitcoinの初めのビジョンを理解できていると思います。

どんな過去から来て、どこに向かうか理解しているので、そういう会社がイベントを開催するのは良いことです。

非常に印象的でワクワクさせられたイベントでした。”

Charlie Shrem (チャーリー・シュレム) ビットコイン財団創設者、CryptoIQ創設者

“うまくまとめられているイベントでした。

我々のランボルギーニの移動の細かい手順にも運営チームは丁寧に答えてくれました。

登壇の機会は我々の商品を説明する機会を与え、ネットワーキング専用のブースもあった点は嬉しかったです。

また、会場内でみられたCoinTelegraph・BlockShow独特のアートも印象的でした。

楽しい3日間となり、また次のイベントも参加したいと思います。”

Shally Ip (シャリー・ヨウ)、BitCar法律・ブロックチェーン開発担当

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加