CoinPostで今最も読まれています

中国、水面下の仮想通貨取引は禁止せずか 政府系メディアがレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新華社の解釈

中国の政府系メディア「新華社」(ネット新聞)は先日国務院が発表した仮想通貨取引・マイニングへの取締り強化の方針を受け、一連の解説レポートを公式サイトに掲載したことがわかった。

これらのレポートの目的は、市民が仮想通貨取引やマイニングに参加しないことを促すものだ。そのために仮想通貨における「横行する市場操作」などを主な理由に仮想通貨取引のリスクを指摘した。

5月21日の政府の発表では、金融リスクへの対策として、「ビットコインのマイニングと取引活動への取締り」が明記された。同方針を受け、すでにHuobiなど一部の中華系取引所は中国国内での新規ユーザー向けデリバティブサービスの一時停止を発表するなど、政府による取締りを回避するための対策に動き出していた。

内容を読む

レポートの内容では、マイニングに関して、関連業者が「データセンター」を装って、実際にはマイニングファームを運営している実態を暴いているといった内容が記されたが、真新しいものではなく調査の実態を綴ったものとなっている。

しかし、仮想通貨の取引については、価格変動率の高い仮想通貨市場のリスクを指摘しつつも、政府が必ずしも仮想通貨取引を「違法」とみなしていないといった見解を発表した。

中国では取引所などを含む国内の仮想通貨取引サービス提供が禁じられてきたのは周知の事実であるが、OTC取引などを通じて国外取引所を利用した仮想通貨取引は引き続き行われてきた。

今回最も警戒された事例の一つにマーケットから中華マネーが抜ける取引の規制強化があったことも背景に、政府系のメディアである同誌の内容には注目が集まっている。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨が『バーチャルコモディティ』として売買されるなら、一般市民でも自由に参加することはできる。もちろん、損失などは自己責任になる。

ー新華社

バーチャルコモディティとは何か。具体的な説明はなかったが、中国事情通の有識者らは、いわゆる現物取引ならば違法ではなく、政府が問題視しているのはレバレッジ取引だと指摘した。新華社がレポートでいくつかの中国人トレーダーがレバレッジ取引で大損した事例を取り上げていることから、現物取引は政府が締めつける対象ではない可能性が高いと考えている。

中国では、仮想通貨の取引を違法化するのは明文化されていないため、このように政府系メディアが、市民が仮想通貨取引に手出ししないよう注意喚起する事例が多くある。新華社のほか、国営テレビは今週の水曜日、ブロックチェーン基盤のトークンをいかにも簡単に作れることに関するコンテンツを放送し、個人投資家を欺くための詐欺プロジェクトの種類などについても紹介していた。

関連ビットコイン市場に影響を及ぼす中国の仮想通貨規制、直近の動向まとめ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧