ビットコイン市場に影響を及ぼす中国の仮想通貨規制、直近の動向まとめ

中国事情をまとめ

中国政府は5月21日、国務院金融安定発展委員会の方針として、ビットコイン(仮想通貨)マイニングおよび取引の取り締まり強化を打ち出し、ビットコインなど仮想通貨の市場価格に大きな影響を及ぼした。

関連中国の仮想通貨取り締まり強化、ビットコインマイナーはどうなる?|動画で10分解説

しかし、法定通貨である「人民元」への影響を嫌う中国が、仮想通貨の取締りを強化するのは今回が初めてではなく、2013年、2017年にも投資家の取引停止や資金調達実施の禁止といった政策を再三に打ち出してきた。

今回は、仮想通貨による金融リスクの防止の観点を踏まえ、中国政府が目指す「2060年のカーボンニュートラル(脱炭素)政策」を確実に遂行するため、マイニング事業の中心部である四川、雲南、内モンゴル、新疆といった地域で締め付けを強化する方針に転換した。

中国大手経済メディアCaixin(財新)は、政府の規制強化要因は以下だと考察している。

  • 内モンゴルの電力消費量が必要基準に達さなかった
  • 実体経済への貢献がない(他産業の生産能力に悪影響)
  • 中国政府の仮想通貨に対する姿勢

このような中央政府の政策を受け、内モンゴルや四川などの地元政府も応対に動き出し、HuobiやOKExなどの国内大手取引所も利用制限を講じ始めたところだ。

中国政府による仮想通貨の規制動向により、大手マイナーが保有するビットコインの投げ売りや採掘速度(ハッシュレート)への悪影響に対する懸念が強まる中、2021年以降の中国政府、並びに香港政府の仮想通貨関連の動向を時系列でまとめた。

政府動向のタイムライン

 
日付 内容
5/19 政策を再び強調: 中国の金融監視機関である中国国家インターネット金融協会、中国銀行行業協会、および中国の支払いおよび清算協会が、国内における仮想通貨禁止の方針について改めて強調。(関連記事
5/19 内モンゴル自治区: 中国の内モンゴル自治区は、区内で行われている仮想通貨マイニングのシャットダウンを進めるにあたり、マイニングを行っている企業を告発(報告)できるプラットフォームを発表。(関連記事
5/21 国務院: 中国の国務院金融安定発展委員会は51回の会議にて、金融リスクの防止をテーマに、ビットコインマイニングおよび取引に対して取り締まる方針を発表。(関連記事
5/22 香港立法会: ロイター報道:香港の立法会は今後、個人投資家の仮想通貨取引を禁止する法案を検討する予定。(関連記事
5/26 内モンゴル: 国務院の政策を受け、内モンゴル自治区政府は方針に沿った禁止措置の提案を公表。(関連記事
5/27 四川: 国務院の政策を受け、仮想通貨マイニングの中心地である四川省で国家エネルギー局監督部が6月2日に研究シンポジウムを開催予定。(関連記事
6/4 新華社: 中国の政府系メディア「新華社」(ネット新聞)が先日国務院が発表した仮想通貨取引・マイニングへの取締り強化の方針を受け、一連の解説レポートを公式サイトに掲載。(関連記事
6/5 Weibo: Weibo(中国版ツイッター)上の仮想通貨インフルエンサーの多くが口座を凍結されていることが確認された。(関連記事
6/7 工業情報化部: 中国の国務院に所属する工業情報化部(MIIT)がブロックチェーン推進に関連するガイドラインを発表。(関連記事
6/9 新疆、青海: 新疆、青海政府は各自で、仮想通貨マイニングファームが業務を停止する命令を発表。(関連記事
6/9 大手検索エンジン: 中国の大手検索エンジンBaidu(中国版Google)およびWeibo(中国版Twitter)は、Binance、Huobi、OKExなどの大手取引所のワード(一部)を検閲し、検索に引っかからないようにする措置を講じている。(関連記事
6/13 雲南省: 雲南省でもビットコインのマイニングを厳しく取り締まる方針が発表された。(関連記事
6/17 四川省: 中国・四川省の雅安市は仮想通貨マイニングの業者に対して、業務停止の通知を出しているようだ。(関連記事
6/18 四川省: 四川省政府は仮想通貨マイニングの業者に対して、本格的に業務停止を実施。(関連記事
6/19 新疆: 新疆にある、1.9GW規模に相当する複数のマイニング施設が閉鎖されている。(関連記事
6/21 中国人民銀行: 中央銀行である中国人民銀行は21日、Alipayを含む国内の銀行や金融サービス業者に対し、仮想通貨の投機的な取引に関する聞き取り調査を行なった。(関連記事
7/14 安徽省: 中国の安徽省は電力不足の状況を受け、すべての仮想通貨マイニング活動(プロジェクト)を排除すると発表。(参考
7/14 国家電網公司: 国家電網公司(中央企業)が中国全省(地方政府)に向けて、仮想通貨マイニング停止を要求。電力不足の状態にある湖南省、安徽省、および甘粛省もマイニングファームのシャットダウンを実施開始。(参考
8/17 中央銀行: 中国中央銀行の深圳支社が違法で仮想通貨関連事業を行うとされた11社に対して取り締まったという。具体的な会社名は明かされていない。(参考

マイニング企業の対応

日付 内容
5/24 Huobi Pool: Huobi Poolが中国ユーザーにサービス提供を中止。(関連記事
5/24 BitDeer: ビットメインの共同創設者ジハン・ウー氏が運営する仮想通貨クラウドマイニング企業ビットディアー(Bitdeer)は中国のIPアドレスを遮断する予定を伝えた。(関連記事
5/25 Mars Cloud Mine: 大手クラウドマイニング企業Mars Cloud Mineも中国のIPアドレスをブロックすると発表。(関連記事

取引所の対応

日付 内容
5/24 Huobi: 中華系の大手仮想通貨取引所Huobiは中国国内での新規ユーザー向けデリバティブサービスの一時停止を発表。(関連記事
5/25 Bybit: 大手デリバティブ仮想通貨取引所のBybitは中国人ユーザーの利用制限を強化する方針を示した。(関連記事
5/26 MEXC: 中華系取引所MEXCは5月26日に、中国在住の新規ユーザーがデリバティブ取引サービスを利用できないことを発表。(参考
5/31 BitMart: 中華系取引所BitMartは6月3日より、中国在住のユーザーにデリバティブ取引の提供を停止し、新規ユーザー(中国在住)がデリバティブサービスを利用できないことを発表。(参考
6/16 Huobi: Huobiがレバレッジ取引で、本来最大の125倍レバレッジを5倍に引き下げた。(関連記事
6/29 Huobi: Huobiが利用規約を更新し、デリバティブ取引の利用禁止対象国(居住者国)リストに中国を追加した。(関連記事
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します