Polkadotの本格運用へ大きく前進──実験ネットワーク「Kusama」のオークション開催へ

Polkadotの本格運用へ大きく前進

Polkadot(ポルカドット)で稼働させる前に実験的なネットワークとして利用される「Kusama(クサマ)」について、パラチェーンオークションの予定が発表された。

メインのネットワークであるPolkadotを本格的に稼働させる前に、Kusamaに異なるブロックチェーンを接続。問題なく稼働することを確認した上で、Polkadotの本格運用につなげる計画だ。

Polkadotは異なるブロックチェーンの相互運用を目指すネットワーク。メインネットはローンチされているが、異なるブロックチェーンを接続する機能はまだローンチされておらず、その本格運用に向けて準備を進めている段階だ。

KusamaとPolkadotは、独立した様々なブロックチェーンを「パラチェーン」として接続し、相互運用を実現する設計になっているが、どのブロックチェーンも自由に接続できるわけではない。

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

接続を希望するブロックチェーンは、「Slot(スロット)」と呼ばれる枠を獲得しないといけない仕組みになっており、そのために行われるのがオークションである。これを実験的なネットワークという位置付けであるKusamaで先行して行われるというのが今回の発表だ。オークションは大まかには、Polkadotであればネイティブ通貨である「DOT」、Kusamaであれば「KSM」の保有量に応じて、接続できるネットワークが選ばれる。

今回の発表では、最初のオークションを日本時間の6月15日21時から開始するとした。予定通り進めば、同22日20時にオークションの最初の勝者が決まり、その後も1週間ごとにオークションを行なっていく予定。1つのオークションで1つのブロックチェーンが選出される仕組みで、5つのオークションを行った後は、およそ2週間ごとに開催するスケジュールに移行するという。

出典:Kusama

なお、公式ホームページでは、この日時は目安だとされており、スケジュールの決定もガバナンスを担当するメンバーによる最終認可を待っている状態だ。

Polkadotの共同創設者ギャビン・ウッド氏は先月、今後の計画を発表。Polkadotの方でパラチェーン機能のローンチを開始するために、以下の2つの条件を挙げた。そのため、Kusamaのオークションに対する注目度は高い。

  • Kusamaで最低でも1つのオークションを実行し、少なくても1つのパラチェーンを動かす
  • 外部機関による監査を全て終える

関連Polkadot、ギャビン・ウッド氏が今後の計画を発表

Kusamaのオークションの予定が発表されたあと、KSMの価格は上昇。いったん下落したものの、CoinGeckoのデータでは本記事執筆時点で前日比+13%となっている。

出典:CoinGecko

Kusamaについて

KusamaはPolkadotと同様の構造を持ち、実験的なネットワークとされているが、テストネットという位置付けはされていない。

Polkadotでできることをほとんど実行でき、KSMという経済的に価値のあるネイティブトークンも持っている。KSMは大手取引所のバイナンスやクラーケンなどにも上場している暗号資産(仮想通貨)だ。

KusamaはPolkadotと比較して、ネットワークのアップデートが高速で行われる点、またパラチェーン接続に必要なトークン量が少ない点が主な特徴。このような性質から、新しいアイディアの実験に加え、初期段階にあるスタートアップらの利用に適していると考えられている。

クラウドローンについて

他のブロックチェーンとの相互運用を実現してネットワークの処理能力を向上させたり、スマートコントラクト機能を利用したり、またネットワークの基盤となる「リレーチェーン」のセキュリティの仕組みを活用して開発コストを削減したりするために、Polkadotに接続することを目指しているプロジェクトは多い。

関連テザー(USDT)、PolkadotとKusama上で発行計画

しかし、Polkadotにパラチェーンとして接続できる枠の数は現時点で100と設定されているため、各プロジェクトはネイティブ通貨をできるだけ集めて、オークションに参加する必要がある。

そのためにPolkadotとKusamaには「クラウドローン」という仕組みが用意されている。これは、各プロジェクトが保有している仮想通貨だけでなく、コミュニティ等からDOTやKSMを借りることができる制度だ。厳密には、パラチェーンのオークションは「クラウドローン」と実際の「オークション」の2つから成り立っている。

プロジェクト側からすれば、オークションに参加するためにより多くの仮想通貨を集められるようになるというメリットがあり、仮想通貨の貸し手側には、支持するプロジェクトを応援することができたり、プロジェクトによっては、独自で発行する仮想通貨をもらえるなどのメリットがあるという。

クラウドローンの大きな特徴は、プロジェクト側が貸し手の仮想通貨にアクセスしないことだ。仮想通貨を貸し手のアカウントにロックし、その証明書をプロジェクト側がオークションで利用できる仕組みになっている。

またユーザーがクラウドローンを含めたオークションに参加しやすいように、サポートを行うことを表明している取引所もある。例えば、上述したクラーケンもその中の1つだ。

以前からクラーケンはオークションをサポートすることを表明していたが、改めて8日にプレスリリースを出し、オークション用のプラットフォームを発表。サービスの利用を認可されていない日本や米国等の地域以外に住むユーザーは、取引所に預けてあるKSMを送金することなく、そのままクラウドローンに貸し出し、オークションに参加することができるという。

クラーケンは現時点で、Karura Network(KAR)とShiden Network(SDN)のオークションをサポートしている。

著者:K.Kobayashi
参考:Polkadot , クラーケン

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します