米スクエア5億円規模のビットコイン基金、初の交付先が決定

ビットコインによる金融アクセス向上目指す

米決済企業スクエア(Square)が、500万ドル(約5.5億円)規模の「ビットコイン(BTC)基金(Bitcoin Endowment)」を新たに立ち上げ、最初の交付先を発表した。黒人を対象として暗号資産(仮想通貨)や富についての知識を普及することを目指す団体「Black Bitcoin Billionaire」を助成する。

スクエアは企業の財務資産として購入したビットコインを、仮想通貨レンディング事業を行うGenesisに貸し付けており、その利息によって「ビットコイン基金」に資金を供給するという。

「ビットコイン基金」は、ビットコインを通じた金融アクセスの向上に注力する基金となる。世界中の様々な資源が不足している地域で、金融教育やビットコインの普及に取り組む組織や個人に助成金を提供することが目的だ。

担当者によると、同社は今後数年間、四半期ごとに順次500万ドルの資金から、様々なプロジェクトへの助成を行う予定で、ビットコイン基金への申請をオンラインで受け付けている。「Black Bitcoin Billionaire」へ幾ら助成金が交付されたかのは現在明らかになっていない。

スクエアは、ビットコインの金融包摂を可能にする側面、例えば銀行口座を持てない人が金融サービスへアクセスできるようにするという面にも注目してきた。

同社は合計1億ドル(約109億円)をマイノリティや十分な金融・公共サービスなどを受けられていない人々の状況改善のために投資するプログラムを開始しており、今回のビットコイン基金もその一環だ。

マイノリティを支援する1億ドルのプロジェクト

スクエアは、プロジェクトの背景として「経済的に人々を力づけるという当社の目的を推進するため、マイノリティや恵まれないコミュニティに1億ドルを投資することを決めた」と説明。目標として次の3つを掲げた。

  • 金融サービスを通じてマイノリティが所有する中小企業の成長を支援する。
  • 地域開発金融機関(CDFI)や少数民族預託機関(MDI)が地元の中小企業のオーナーに融資する能力を高める。
  • 銀行口座を持たない人々に、貯蓄やその他の金融手段を提供することで、経済的エンパワーメントを実現する。

プロジェクトの他の投資先としては、Netflixが主導する黒人経済開発基金や、地域開発金融機関(CDFI)と少数民族預託機関(MDI)それぞれへの2,500万ドル(約27億円)の寄付が含まれている。CDFIおよびMDIは、これまで投資が少なかった地域に信頼性の高い低価格の金融サービスを提供することを目的とした組織だ。

またマイノリティの中小企業経営者を支援する「Entrepreneurs of Color fund」にも、1,000万ドル(約11億円)を寄付。「Entrepreneurs of Color fund」を運営するLocal Initiatives Support Corporation(LISC)のファンド子会社で社長を務めるGeorge Ashton氏は次のように語った。

マイノリティの経営者は、白人の経営者に比べてビジネスを立ち上げ、成長させるための融資を受ける上で、これまで高いハードルに直面してきた。スクエア社の協力は、この問題に対応するものであり、市場に流動性を与え、革新的な起業家への資金供給を促進し、彼らのコミュニティが経済的な機会を得る上で助けとなる。

ドーシー氏はビットコイン開発基金も設立

スクエアを率いるツイッター創設者のJack Dorsey氏は、2月に著名ラッパーのJay―Z氏と共同で、「Btrust」という名の基金を設立していた。この基金については、ビットコイン開発の支援を目的にしたもので、まずアフリカとインドのチームを支援するという。規模は500ビットコイン(現在の時価で約20億円)と発表されている。

関連ツイッター社のドーシー氏とJay-Z氏、共同でビットコイン基金「Btrust」設立 約25億円のビットコインを寄付

著者:A.Yamada
参考:Square , LISC

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します