CoinPostで今最も読まれています

NFT×JAZZコンサートで町おこしを、分散型クラウドファンディング「DAOLaunch」が支援

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTでお茶の水JAZZ祭を支援

ブロックチェーンを活用した分散型クラウドファンディング「DAOLaunch(ダオローンチ)」を運営するDAOLaunch Ltd.は22日、音楽家 宇崎竜童氏が総合プロデューサーを務める「お茶の水JAZZ祭」を主催する、お茶の水JAZZ祭実行委員会と提携したと発表した。

今後DAOLaunchで発行可能となるNFT(非代替性トークン)の活用などによって、お茶の水JAZZ祭の理念である「音楽を通じた町おこし」の実現をサポートする。

NFT

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

UniswapやPancakeSwapに対応

お茶の⽔JAZZ祭は、東京都千代⽥区の地域の様々な祭事と連携しており、15年にわたり、音楽を通じた千代⽥区の町おこしを目的に活動してきた。そんなお茶の⽔JAZZ祭との提携について、DAOLaunch社は以下のようにコメントした。

昨年開催された「お茶の⽔JAZZ祭オンライン」を視聴させて頂き、宇崎⻯童⽒をはじめとする、お茶の⽔JAZZ祭実⾏委員会、コロナ禍においてもWebプロモーションやオンライン冊子制作などに尽⼒されていた明⼤町づく り道場学⽣の姿、お茶の⽔JAZZ祭に関わる⼈々の想いとクオリティの⾼さに賛同し、今回サポーターとしてパートナーシップを締結させて頂きました。

お茶の水JAZZ祭は、既にNFT×JAZZコンサートの実証実験にも成功しているが、今後はダオローンチで発行可能となるI-NFT(Incentive NFT)を活用し、お茶の水JAZZ祭の活動を支援するという。

同社によると、ダオローンチを利用することで、アーティストやイベント主催者がNFTを簡単に発行することができ、世界中へ販売することが可能となるという。さらに、発行した独自トークンや、NFT化されたチケットは二次流通市場での売買も可能となるため、主催者、NFTチケット購入者ともに、メリットを享受できると説明。

また、現状のクラウドファンディング等の資金調達システムは、仲介組織が介在していることで、新たな挑戦をしようとする起業家や支援を行う投資家よりも仲介組織が最も利益を得ていると指摘。同サービスでは、個人をブロックチェーン上で直接つなぐことで中間組織を排除し、「個人が最も利益を得られる世の中を実現」することを目指すとしている。

ダオローンチは、誰もがソースコードを必要とせずに簡単にトークンを作成でき、ホワイトリストで選別した投資家から資金調達ができるプラットフォームだ。大手DEX(分散型取引所)のUniswapやPancakeSwapに自動的に流動性の提供ができ、スキャム対策の機能も備える。

  • ERC20、BEP20(Binance Smart Chain)対応
  • トークン作成
  • 許諾なしに資金調達が可能
  • 流動性ロック機能
  • クロスチェーンの相互運用
  • ホワイトリストのアドレスをインポートし、トークンセールを非公開に

資金調達する際の通貨としては、ETH/USDT、BNB/BUSDを設定可能。トークンセール終了後は、スマートコントラクトがトークン上場、流動性ロックなど、すべての設定を自動的に確定させる。

現在公開されているのはベータ版でまだサービスの利用はできず、正式なリリース日は明らかでない。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

ブロックチェーン利用のクラウドファンディング

ブロックチェーンを利用したクラウドファンディングサービスで有名なのが「FiNANCiE」だ。

これまでに、渋谷発のソーシャルフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」、Jリーグプロサッカークラブ「Y.S.C.C.」、本田圭佑がオーナーを務めるアフリカ・ウガンダ共和国のプロサッカークラブ「SOLTILO Bright Stars FC」や、『キャプテン翼』原作者 高橋陽一氏が代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」などのクラブトークン発行に利用されてきた実績がある。

募った資金の使途は、クラブの運営費用や該当地域の町おこし、参加型イベントの開催など様々だ。

関連:「SHIBUYA CITY FC」、クラブトークンを「FiNANCiE」で販売開始

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧