CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン一時3万ドルを割り込むも、5ヶ月ぶり安値から大幅反発

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場と金融マーケット

22日の米ニューヨーク株式市場は、前日比68ドル高と続伸した。

昨今では、世界経済回復に伴う金融政策の正常化というポジティブな側面より、いわゆるバブル相場をもたらした”緩和マネー”に対するネガティブな側面ばかりが強調され、反動安を懸念する市場が過剰反応している節も見られる。

しかしながら、FRB(米連邦準備制度)が、インフレリスクへの対応などから実際に金利引き上げなど金融引き締めに入るのは、早くても「2022年末〜2023年」になる見込みだ。

FRBのパウエル議長は23日、一部経済指標などで観測されるインフレーション(物価上昇)は、コロナ禍における経済活動の急速な再開に伴う一時的なものである可能性が高いとの見方を示し、「性急な利上げは行わない」との立場を堅持。月1200億ドル(約13兆円)規模の資産購入を行なう量的緩和のテーパリング議論についても、慎重なスタンスにあることを改めて強調した。

ビットコイン動向

23日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格が一時30,000ドルの心理的節目を割り込み、5ヶ月ぶりの安値となる28,800ドルまで続落した。年初来安値は、1月4日のフラッシュ・クラッシュの下値27,678ドル(*米コインベース基準)。

しかしその後、朝方にかけて大幅反発。一時34,000ドルまで回復している。日足RSIでは、相場のトレンドとインジケーターが逆行する強気のダイバージェンス(上図:赤矢印)が発生しており、下落トレンドの弱まりを示唆している。

これは、テクニカルアナリストのZen_3_6_9氏も指摘するものだ。

出典:Zen_3_6_9

関連:『MACD』でトレンドを知る、仮想通貨投資に役立つチャート講座

直近安値を割り込んだことで、悲観予想とさらなる下目線が増加傾向にある中、Delta_ExchangeのPankaj Balani(@pankaj_delta_ex)氏は、以下のような見解を示した。

以前までの強気相場とは異なり、デリバティブ市場の過剰なレバレッジ取引比率はすでに大きく減少している。一方で、ネイキッド・ショートの増加が確認されて始めており、ショート・スクイズ(売りポジションの踏み上げ)が発生しやすい状況になりつつある。

ネイキッド・ショートとは

裏付けとなる株式(現物)を確保せず売り契約を結ぶこと。相場操縦に利用されるおそれがあるとして、米証券取引委員会(SEC)は2008年7月に、日本では同年10月より株式市場でのネイキッド・ショートを禁じている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ここ数週間の仮想通貨市場の弱気相場には、規制を強める中国の市場参加者による大量売却懸念と、金融緩和縮小(テーパリング)議論に伴う金融市場全体の心理の悪化が影響していると見られる。依然として下落トレンドで危険水域にあるため、今回の反発で底判定するのは早計だろう。一方、予期できる悪材料は織り込み始めており、ホルダーの入れ替わりで需給面は少しずつ好転しつつあるか。

保有企業の損益分岐点は

ロイターの報道によれば、テスラが保有するビットコイン評価額は、5月19日時点で実質取得原価の約13億ドルを割り込んでいたとされるが、すでに売却しているかどうかは定かではない。テスラは21年2月8日、ビットコイン15億ドル相当の購入とビットコイン決済導入を発表。強気トレンドを大きく後押しした。

ビットコインを大量保有する上場企業マイクロストラテジーの平均取得価額(損益分岐点)は26,080ドルとされるが、一部市場関係者からは、売却を余儀なくされる可能性のある2万ドル以下水準が、格好の標的とされるリスクもあるとして懸念されている。

21日には、新たに、平均取得額37,617ドルで13,005BTC分を買い増したことがわかった。

関連:米マイクロストラテジー買い増し、ビットコインの保有枚数10万BTCを超える

グレースケールGBTCのアンロック

7月中旬には、半年前にグレースケールの投資信託(GBTC株)を購入し、ロックアップされた認定投資家の資産がロック解除される見通しだ。中でも7月18日には、規模の大きな16,000BTC相当(約6.5億ドル)がアンロックされる見込み。当日以降に即座に流通市場で売却されるとは限らないものの、過去の傾向ではボラティリティ上昇につながる場合がある。

出典:bybt

グレースケールの投資信託が及ぼすビットコイン市場への影響(Grayscale Effect)は、以下の記事で解説している。

関連:ビットコイン急落で全面安、仮想通貨相場に影響する複数要因を解説|CoinPost週次レポート

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア