楽天ウォレットアプリ新機能、投資の損益画面をグラフ確認可能に

投資に便利な新機能追加

国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所「楽天ウォレット」のトレーディングアプリの運用状況画面に、損益画面のグラフ化など複数の新機能が追加されました。

楽天ウォレットとは

楽天グループの楽天ウォレット株式会社は、2016年12月に設立され、関東財務局より「暗号資産取引業者 第00015号」として業登録されています。

現物の取り扱い銘柄は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの3種類、最大2倍のレバレッジをかけることが可能な証拠金取引では、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインの5種類を提供しており、注文種類も成行、指値、逆指値、OCO、IFD、IFOと豊富な選択肢が使えます。

(*21/7/1時点で、XRP証拠金取引サービスは一時停止中)

楽天ウォレットはグループに金融機関を抱えており、ユーザー保有分の暗号資産はインターネット環境から切り離した安全性の高い「コールドウォレット」で保管した上、ウォレット管理等はセコムのグループ会社と提携するなど、高度なセキュリティ対策にも定評があります。

アプリに追加された機能

楽天ウォレットは、ユーザーの要望に応える形で、新たに「運用損益」「評価損益」「実現損益」「取引合計」をグラフなどを使って見れるサービスを追加しました。

評価損益画面では、含み益(含み損)を。実現損益画面は、実際に決済して確定した損益を確認できます。取引合計とは、楽天ウォレットの独自入金やポイント交換などの累計が見れるものです。

損益画面は、あえてリアルタイムではなく、終値ベースで反映される仕組みを取っています。

当日の各損益などを計算することで、より多くの情報を提供できるからです。1日1回更新なので、何度も確認する必要がなく、毎日のルーティーンにしやすくなっています。

さらに、計算が煩雑な暗号資産の「確定申告」の概算データも、楽天ウォレットアプリで一目でわかるようになりました。

楽天ポイントで資産運用する時代

楽天ウォレット最大の魅力は、やはり「楽天ポイント」が使えることでしょう。今回の機能追加では、今まで使った楽天ポイントが一目で分かるようになったのも注目点です。

楽天ポイントは「1ポイント=1円相当」で、最低100ポイントから暗号資産に交換ができます。(現物の取り扱い通貨のみが対象で、レバレッジ(証拠金)取引は対象外)

ネット通販の「楽天市場」やお店で使った楽天(クレジット)カードで貯まった「楽天ポイント」を、初めての人でも簡単にビットコインへ交換できるのが特徴です。

また、オンライン電子マネーの「楽天キャッシュ」チャージ機能では、楽天ウォレットで保有するビットコインなどの暗号資産を「楽天キャッシュ」に素早くチャージ(出金)して利用可能なサービスです。

楽天グループは、主力のEコマース事業にとどまらず、トラベル、デジタルコンテンツ、通信等のインターネットサービスのほか、クレジットカード関連サービスをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといったフィンテックサービスにおいて、楽天経済圏を確立していることから、楽天キャッシュの汎用性も非常に高いと言えるでしょう。

楽天ウォレットで保有するビットコインなどの暗号資産が、楽天マーケットなどのサービスや町でのお買い物に使えるほか、「楽天ペイ」でお支払いすれば、1%のポイント還元まで付いてくるのでおトクです。

楽天ウォレットで口座開設

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します