イーサリアムの大型アップグレード「ロンドン」、8月4日の実施を提案

イーサリアムのアップグレード

イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「ロンドン」は、UTC(協定世界時)で8月4日13時から17時(日本時間8月4日22時から8月5日2時)の間に実行することが提案された。

正確にはブロック高が1,296,5000に到達した時点だが、そのタイミングがこの時間だと予想されている。アップグレードを実行するタイミングは、日本時間9日の23時から行われる開発者ミーティングで最終決定されるという。

ロンドンへのアップグレードは、手数料モデルの変更提案(EIP-1559)が実施されることで注目度が高まっている。イーサリアムの手数料は、DeFi(分散型金融)とNFT(非代替性トークン)の需要増加や、イーサリアム自体の価格上昇などの要因で、高騰することが多かった。

関連イーサリアム大型アップグレード「ロンドン」、最新状況とマーケットの焦点を解説

EIP-1559は手数料を下げることが目的ではないが、基本手数料を新たに導入することによって、ユーザーは手数料設定に迷うことが少なくなるなどのメリットが期待されている。基本手数料はバーン(焼却)されるため、供給量が減少し、価格上昇につながる可能性にも注目が集まっている。

現在ロンドンのアップグレードは、テストネットで実験中だ。テスト環境で問題がなければ、上述したタイミングで、メインネットでアップグレードが実行される。

イーサリアム財団のブログによれば、ロンドンのアップグレードでは、以下の5つの提案が実行されるという。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガスの払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

ディフィカルティボムとは

マイニングの難易度を上げること。マイナーの収益性を下げ、ETH2.0へのアップグレードにおいて、PoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルーフオブステーク)への移行をスムーズに行えるようにすることが目的とされる。

▶️仮想通貨用語集

関連仮想通貨イーサリアムとは|通貨の仕組みと今後の将来性

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します