フィナンシェ、西野亮廣氏の新作絵本『みにくいマルコ』NFT画像データのオークション発表

西野氏最新作の画像をNFT化

ブロックチェーンを活用したクラウドファンディング「FiNANCiE」を提供する株式会社フィナンシェは14日、西野亮廣氏の新作絵本「みにくいマルコ」の画像をNFT(非代替性トークン)としてオークションに出品することを発表した。

NFTの出品は、西野氏のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の運営などを手がける株式会社CHIMNEY TOWNとの提携のもと、NFTマーケットプレイス「OpenSea」を通じて行われる。オークションの期間は7月14日 10:00~7月31日 21:59だ。

西野亮廣氏は、漫才コンビ・キングコングのツッコミ担当としても知られる。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTを利用した「実験」

「みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~」は、映画化された人気絵本作品「えんとつ町のプペル」の作品の世界から3年後のサイドストーリーを描いた物語だ。公式サイトで以下のようにあらすじが紹介されている。

絵本最新作『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』は、映画『えんとつ町のプペル』から3年後の「えんとつ町」の物語。

3年前に町が大きく変わり、職を失い、しぶしぶ見世物小屋「天才万博」で働くことになった醜いモンスター『マルコ』は、そこで一人の少女と出会い、決して許されない恋に落ちます。

また、今回のNFTの発行・販売について、プレスリリースで以下のように説明された。

この度、発売を迎えた「みにくいマルコ」では、新たな試みとして、ブロックチェーン技術を活用したNFTのオークションを行います。

「えんとつ町のプペル」は、作品を作る過程から共有し、絵本発売の傍ら、ネット上で無料公開し、二次創作を歓迎するなど、権利を囲い込むのではなく、シェアすることでその世界を広げていくことを作品のストーリーさながらに行ってきました。

一転、「みにくいマルコ」では、プペルとは対照的に、NFTを利用し絵ごとのオーナーを明確に切り分けるという実験を行います。

フィナンシェは、4月に提供開始を発表した、コンテンツホルダーやクリエイターに「ワンストップでNFT発行からプロモーションまで支援する」サービスにおいてNFTの発行支援を行う。

NFTの所有者は、CHIMNEY TOWNが提供予定の「みにくいマルコ公式サイト」にて名前が表示され、それぞれのNFTの所有者が確認できるようになるという。また、NFTを保有するウォレットに紐づくOpenseaのアカウント名を変更すると、「みにくいマルコ公式サイト」上のオーナー名にも変更が反映される仕様であることも明かされた。

出品されているNFTは、「MARCO #02『舞台袖』- Backstage」「MARCO #13『帰り道』 – The Way Home」「MARCO #14『えんとつ町の夜』- Chimney Town at Night」の3種類でそれぞれ1点ずつのみ。

今回のオークションも含め、Openseaで決済手段のひとつとして利用されるWrapped ETH(WETH)は、ERC20規格のトークンであり、仮想通貨イーサリアム(ETH)と価格が連動している(1ETH=1WETH)ものだ。

FiNANCiEとは

FiNANCiEは、次世代のクラウドファンディングと呼ばれているサービスだ。トークン発行やそれに伴うコレクションカードなどの特典によりサポーターを募ることができ、これまでに数多くのプロジェクトにより利用されてきた。

例として、渋谷発のソーシャルフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」、Jリーグプロサッカークラブ「Y.S.C.C.」、本田圭佑がオーナーを務めるアフリカ・ウガンダ共和国のプロサッカークラブ「SOLTILO Bright Stars FC」や、『キャプテン翼』原作者 高橋陽一氏が代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」などのクラブトークン発行の実績を上げることができる。

募った資金は、クラブの運営費用や該当地域の町おこし、参加型イベントの開催など様々な用途で使われている。

ブロックチェーンを活用したクラウドファンディングサービスの事例はそれだけではない。分散型クラウドファンディング「DAOLaunch(ダオローンチ)」は6月、音楽家 宇崎竜童氏が総合プロデューサーを務める「お茶の水JAZZ祭」を主催する、お茶の水JAZZ祭実行委員会と提携。NFTの活用などによって、お茶の水JAZZ祭の理念である「音楽を通じた町おこし」の実現をサポートする。

ダオローンチは、誰もがソースコードを必要とせずに簡単にトークンを作成でき、ホワイトリストで選別した投資家から資金調達ができるプラットフォームだ。大手DEX(分散型取引所)のUniswapやPancakeSwapに自動的に流動性の提供ができ、スキャム対策の機能も備える。

関連:NFT×JAZZコンサートで町おこしを、分散型クラウドファンディング「DAOLaunch」が支援

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します