週刊仮想通貨マイニングニュースVol.3|新ASIC情報・利回り計算表を掲載

BITMAINが次々にASIC耐性通貨のマイニングを可能にするASICを発売
BITMAINがASIC耐性のある通貨をマイニング可能とするASICを次々に発売しています。ZEC、BYTOMのASICの発表が話題になった他、ANTMINER L3++のスペックも判明しました。また、ASIC MINING状況(日本設置の場合)の利回り表も掲載しています。
ASICとは
ASIC(Application Specific Integrated Circuit)は、マイニングに最適化されたの電子的回路(集積回路)のこと。 マイニングの性能に関しては、GPUやCPUなど既存の機器に使われていたチップとは比べ物にならないほど高性能とされている。
目次
  1. BITMAINがZECのASICを発表 ANTMINER Z9 mini
  2. BITMAINがBYTOMのASICを発表 ANTMINER B3
  3. BITMAINの発表していたANTMINER L3++のスペックが判明
  4. BITMAINがANTMINER S9を→S9iに、T9を→T9+に、スペックの違いは?
  5. 今週のマイニング利回り

①BITMAINがZECのASICを発表 ANTMINER Z9 mini

最近、BITMAINは大量のASICのマシンを販売しています。

イーサリアムのANTMINER E3や、ハードフォーク騒ぎにまで発展したANTMINER X3、この後に取り上げるANTMINER B3などもそうです。

GPUのマイナーにとって、ASICは常に脅威になっています。

GPUマイニングをすることについて、去年の今頃のメリットといえば、ASICに耐性のある通貨をマイニングすることができる、という点でした。

ASICに耐性のあるハッシュアルゴリズムとして、Ethash(イーサリアム)やEquihash(ゼットキャッシュ)を始めとして、Lyra2REv2(モナコイン)が代表的です。

特に前者の二つはメモリを多く消費するために、ASICマイナーを作成するのが難しいと言われていました。

しかし、BITMAINはその壁を攻略して次々とマシンを発表しています。

今回出たANTMINER Z9 miniは消費電力の少なさが驚異的です。

P104(GTX1080のチップ)を8枚使用したマイニングリグとの比較をしてみました。

日本のように電気代の高い国ですと大きく差が出ることがわかります。

10000Sol/sのスペックで300Wの電力消費です。

価格は1999USDで最初の注文分に関しては、6月20日から6月30日の間の発送とのことでした。

消費電力は日本ですと3Aですから、日本の家庭でも置くことができます。

BITMAINは全てのマイニングを支配しようとしています。

今となっては当たり前になっているライトコインのASICマイナーですが、Scrypt(ライトコインのハッシュアルゴリズム)もかつてはASIC耐性があると考えられていました。

いつか全てのハッシュアルゴリズムをASICが、特にANTMINERたちで席巻する日が来るかもしれません。

ASICが発表されましたが、まだマイニングが開始していないのか、ディフィカルティやハッシュレートに変化は無さそうです。

②BITMAINがBYTOMのASICを発表 ANTMINER B3

続いてBITMAINはBYTOMのASICマイナーを発表しました。

BYTOMに関して興味深い点は、ネットワークが開始したばかりという点です。

実際にマイニングを始めているユーザーもいるようで、ハッシュレートは780H/sと筐体に記載されています。

ハッシュアルゴリズムはTensorityという名前です。新しいハッシュアルゴリズムなのでカリキュレーターなどはまだしっかりしたものがありません。

暫定的に、ネットの有志が公開しているデータなどを参考に計算してきました。

恐ろしいほど月利が高いですね。

780H/sのスペックで380Wの電力消費です。

価格は1588USDで最初の注文分に関しては5月11日から5月20日の間になっていますが、現在は購入できないようです。

BYTOMはBITMAINと提携している通貨になります。

通貨コード Bytom(BTM)
プロジェクト名 Bytom
取引開始日 2017年6月20日
承認アルゴリズム Proof of Work
発行上限 1,407,000,000 BTM
公式サイト Bytom公式サイトはこちら
White paper White paperはこちら

③BITMAINの発表していたANTMINER L3++のスペックが判明

前回の記事でも取り上げたANTMINER L3++になりますが、スペックが判明しました。

消費電力は800wで580Mh/sになります。

利回りを比較してみましょう。

当然ですが利回りが良くなっています。

チップが変わったわけではなさそうなので、チューニングなどを変更したのではないかと言われています。

L3+は消費電力をプラス10%することでオーバークロックを行うと、600Mh/s程度までハッシュが上昇することが知られています。

情報参照元はこちら

④BITMAINがANTMINER S9を→S9iに、T9を→T9+に、スペックの違いは?

公式サイトを見るとANTMINER S9がS9iになっていたり、T9だったものがT9+になったりしています。

詳細を確認すると、スペックそのものはS9やT9と変化はないようです。

単純に安くなっているということでしょうか。

現在の価格による利回りを計算してみました。

安くなれば安くなるほど当然利回りは良くなりますね。

しかし、日本で置くとビットコインマイニングは相変わらずあまり利回りは出ないようです。

ANTMINER S9i-14Th/sは電源付きで1010USDになっています。

ANTMINER T9+10.5Th/sは電源付きで635USDです。

筆者が購入した時の価格は30万円近かったので、非常に残念です。

今週のマイニング利回り

2018/05/07(月曜日) ASIC MINING状況(日本設置の場合)

今週の各マシンの利回りです。

ビットコイン、イーサリアムなど価格の上昇した通貨の利回りは改善しています。

注目したいのは、マイナー通貨マイニングのシアコインとDecredのマイニングの利回りが劇的に下がっている点です。

これは、マイナーの参入が増加した結果、利回りが落ち着いている状況になったため、と言えるでしょう。

ここから考えても、ANTMINER B3などの現状の利回りは異常ですが、ある程度収束していくことを頭に入れて購入を検討する必要があります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加