米国初、Valkyrieが仮想通貨DASHの投資信託をローンチ

仮想通貨ダッシュの投資信託

米暗号資産(仮想通貨)投資企業Valkyrie Digital Assets(以下、Valkyrie)は4日、ダッシュ(DASH)の投資信託「Valkyrie Dash Trust」をローンチしたことを発表した。米国の初事例となる。

この投資信託は、ダッシュのみに投資して運用されるという。適格投資家を対象にしており、必要とされる最低投資金額は25,000ドル(約270万円)で、Valkyrieが受け取る運用報酬は2%だ。この投資信託には、ダッシュのステーキングを活用して、投資家が報酬を受け取る仕組みが導入される可能性もある。

適格投資家とは

専門的な知識や経験を有するプロの投資家で、法律が認めた投資の専門家を指す。証券会社や投資信託委託業者、銀行、保険会社などが該当し、投資のプロであることから、法規制の適用が一部除外されている。

▶️仮想通貨用語集

Valkyrieはすでに、ビットコイン(BTC)、ポルカドット(DOT)、アルゴランド(ALGO)の投資信託を提供しており、今回のダッシュは4つ目の投資信託となる。

先月にアルゴランド投資信託の販売を開始したばかりで、ステーキングができるPoS(プルーフオブステーク)系の銘柄は、ポルカドットも含めダッシュで3つ目。ValkyrieのSteven McClurg最高投資責任者は、アルゴランドの投資信託をローンチした際、「今後、ステーキングが組み入れられたより多くの銘柄の投資信託をローンチしていく」とコメントしていた。

関連ステーキング利回りも得られる仮想通貨投資信託が誕生

ダッシュの投資信託のカストディアンは、米大手BitGoが担当する。BitGoは2019年にステーキングサービスに参入しており、ダッシュを取り扱うことも発表した。McClurg氏のコメントやBitGoがカストディアンを務めることもあり、ダッシュの投資信託がステーキングに対応するとの見方が報じられている。

関連米大手仮想通貨カストディBitGoを1,300億円で買収 ノボグラッツ氏率いるGalaxy Digital

ダッシュは決済に利用されることを目的とした仮想通貨。即座に簡単に利用できて、手数料がほぼ無料で安全に支払いが行えるようにして、金融の自由を人々に提供することを目指している。先月末には、日常の支払いでダッシュを利用できるアプリ「DashDirect」がローンチされた。

関連仮想通貨ダッシュで日常的な決済を 15万超の店舗で利用できるアプリ「DashDirect」がローンチ

Valkyrieの親企業「Valkyrie Investments」のLeah Wald最高経営責任者(CEO)は、今回の発表で「我々の目的の1つは、従来の金融サービスを受けられない人々も利用できるサービスを提供すること。そういった人々がダッシュのエコシステムに投資も行えるようにしていきたい」と述べている。

また、「Dash Core Group」のRyan Taylor CEOは、以下のようにコメントを寄せた。

 

ダッシュのコミュニティは、今までダッシュに関するリサーチや教育に尽力してきたため、投資信託のローンチを喜んでいるだろう。

 

この投資信託によって、個人退職口座(IRA)のような証券取引口座から、容易にダッシュへ投資できるようになる。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します