CoinPostで今最も読まれています

医療データ漏洩を分散型デジタルIDがどのように防ぐか|Ontology(オントロジー)寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

医療業界へのサイバー攻撃

今年5月、アイルランドの医療サービス機関であるHSE(Health Service Executive)が、「壊滅的」なランサムウェア攻撃を受けました。HSEは、一部地域で病院の予約件数が80%減少するという直接的な被害を受けただけでなく、患者の機密医療情報や個人情報、さらには患者とのやり取りの詳細が盗まれ、ネット上に公開されました。HSEサーバーの75%は攻撃後に再稼働できていますが、HSEのCEOは先日、医療サービスが正常化するにはまだ「何週間もかかる」と述べています。

一方、英国のICO(Information Commissioner’s Office:英国個人情報保護監督機関)の統計によると、21年3月末までの2年間、医療部門全体で3,557件の個人情報漏洩が報告されており、その大半はNHS(国民保険サービス)内で起きています。データ漏洩は全件が報告されているとは限らないため、実際はもっと多いと推測されています。

何千件もの個人情報や健康データが漏洩した結果、見知らぬ人物が自宅を訪問してきたという被害者のケースも報告されています。もし悪意のある人物が、社会の公衆衛生の生命線とも言える機密性の高い個人情報にアクセスできれば、脅迫または重大な損失の機会を与えることにつながりかねません。

深刻度を増すデータ漏洩リスク

今回のようなデータ漏洩やその可能性は、機密性の高い個人情報や健康データを、中央集権的なシステムで管理することの危険性を示す好例です。デジタルサービスの継続的な増加により、企業や個人情報を信頼性・安全性の高い、デジタル形式で表した「デジタルID」の推進がますます重要になってきています。

しかし、残念ながら多くの医療施設・システムでは、容易にハッキングできる一極集中型のコンピュータシステム上のエクセルスプレッドシート、またはペンと紙を使って患者データを一元的に管理しています。健康データを安全に管理するためには、ブロックチェーン技術で構築され、暗号化された分散型システムへ移行する必要があります。

パンデミックによる「デジタルトランスフォーメーション」は、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、eコマース、そしておそらく最も重要とされる健康に至るまで、その加速の度合いを増しています。医療分野では、デジタルトランスフォーメーションと健康データの利用拡大により、システムの効率化だけでなく、人々の健康向上への寄与が見込めます。

個人情報はデジタルID化へ

米国では、医療におけるイノベーションと健康データへの依存度の高まりは、1990年代後半を発端とするドットコムブームに例えられています。他国でも、データへの依存度は高く、英国保健省は最近「Data Saves Lives」と題した政策文書を発表しました。この論文では、「英国が直面する、今世紀最大の公衆衛生上の緊急事態」において、「コロナウイルスに感染しやすい人」を特定するためのデータが不可欠であり、それが国民を守るシステムとして役立つと主張しています。

新型コロナウイルスとの戦いを進める上で、データ収集は必要不可欠であり、重要な研究と分析を支えるものです。しかしパンデミック期間中、英国その他の各国は、悪意ある行為につながる可能性のあるセンシティブな個人情報や健康データを、侵害されやすく安全性の低い、中央集権型の管理システムで膨大に管理してきました。

残念ながら、英国の統計やHSEへのサイバー攻撃で明らかになったように、医療データを一元的に管理するシステムには、セキュリティ上のリスクがあります。こうしたシステムの基盤にあるインフラは、高度なハッカー攻撃に耐えるには技術的にあまりにも脆弱なのです。

分散型データ管理システムがもたらす真のイノベーション

ブロックチェーン上に構築された分散型データ管理システムは、企業や組織のデータ管理において、暗号化による安全性を提供します。中央集権的なシステムと異なり、その不変的フォーマットは堅牢性が高く侵入が極めて困難です。それらは「トラストレス(信用不要)」であるため、ユーザーは従来の技術やヒューマンエラーを起こしやすいシステムに信頼を置く必要がなくなります。

患者などのユーザー側に関しては、個人情報の管理に役立つ分散型IDソリューションに投資する必要があります。分散型IDのプラットフォームを使用することで、ユーザーは諸機関と共有する情報の管理権を取り戻すことができ、セキュリティと個人データの管理があらゆる取引の最優先事項であることが担保されます。

医療機関のデジタルトランスフォーメーションが進むにつれ、データ漏洩の発生件数は減少するどころか増加することが予測されています。これを見越して、データ管理を中央集権的データベースではなく、患者の手に委ねる分散型ソリューションを採用することで、悪意のある、あるいは意図しない患者データの漏洩リスクを減らし、適切な医療データの活用と真のイノベーションを着実に実現していくことができるのです。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧