CoinPostで今最も読まれています

米CFTC委員、仮想通貨市場に対する規制権限を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

規制区分の誤解を正す

米商品先物取引委員会(CFTC)のDawn Stump委員は23日、暗号資産(仮想通貨)に適用されるCFTCの規制権限について公式声明を出した。

Stump委員は、近年、仮想通貨やその関連商品に注目が集まる中、仮想通貨がCFTCの規制対象となる「商品(コモディティ)」なのか、米証券取引委員会(SEC)が規制する「証券」なのかという、「極めて不正確な単純化」された議論が起こっていると指摘。このような規制区分に対する誤解を是正することが必要だとして、現在の制度とCFTCの規制権限について簡潔にまとめた文書を発表した。

CFTCは、(証券であるかどうかにかかわらず)商品を規制していない。正しくは商品のデリバティブを規制している。これは他の資産クラスと同様、デジタル資産にも当てはまる。

なお、Stump委員は、この分析はあくまでも個人の意見であると但し書きを添えている。

デリバティブとは

デリバティブとは、仮想通貨や株式といった元になる資産から派生した金融商品のこと。

▶️仮想通貨用語集

CFTCの法的権限

Stump委員はまず、商品取引法における「商品」の定義は、極めて広い範囲に及ぶため、特定のデジタル資産が「商品」であるということ自体は、特別なことではないと述べた。

その上で、商品取引法が規定するCFTCの法的権限には、登録義務や日常的な市場監視などの「規制権限」と、商品取引法及びCFTC規則違反に対し、民事上の強制措置を取る「執行権限」の二つがあると指摘した。

しかし、後述するように、執行権限は規制権限よりも広範にわたるものだという。

CFTCの規制権限

CFTCが規制権限を有するのは、「コモディティを対象とした先物契約や、スワップなどのデリバティブ商品」であり、現物商品に対する規制権限はないと、Stump委員は明示した。

例えば、牛や天然ガスは商品だが、CFTCが規制するのは、それらの先物契約やスワップであり、牛の現物市場や天然ガスの送電や販売を規制することはない。また、無形の商品である金利の場合、金利水準を決定・管理するのは連邦準備制度理事会(FRB)であり、CFTCは金利関連の先物契約やスワップの規制に責任を負う。

そのため、デジタル資産が商品であっても、CFTCは現物を規制することはなく、あくまでもデジタル資産のデリバティブ商品を規制するのだとStump委員は強調。その中には、CTFCが規制する取引所が扱うビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の先物契約など、デジタル資産の先物契約・スワップの取引や精算が含まれる。

証券の場合

デジタル資産が証券である場合、規制の管轄はSECであり、CFTCは規制しない。しかし、デリバティブ商品を規制する権限があるため、株価指数の先物商品のように、有価証券のデリバティブに関しては規制することも可能とのことだ。

この点で規制に曖昧さが残る感が否めないが、商品取引法及び連邦証券法において、先物契約及びその他の証券派生商品に関しては、CFTCもしくはSECが、あるいは両機関が共同で規制することができると米国議会は決定したとStump委員は説明している。

そのため、デジタル資産が証券である場合、そのデリバティブ商品の規制権限がどちらにあるかの判断には、さらなる分析が必要になるという。

関連:米議員ら、仮想通貨規制でSECとCFTCの連携求める

執行権限は規制権限の範囲を超える

Stump委員は、CTFCに付与された法の執行権限が、規制権限の範囲よりも広範にわたるため、関係者や投資家がCFTCの規制権限を誤解する要因になっているかもしれないと述べている。

例えば、CFTCによる仮想通貨取引所BitMEXに対する取締りは、デリバティブに関する取引規則違反に関係し、規制権限と執行権限が一致していたという。

しかし、CFTCの執行権限には、CFTCが規制しない現物取引に関しても市場操作や詐欺の疑いで取り締まることも含まれるという。その理由は、規制対象であるデリバティブ市場の健全性を保つには、健全な現物市場が提示する価格等の指標が必要となるからだと同氏は説明。この執行権限を活用して、CFTCは同機関の規制対象ではないデジタル資産の現物市場の取締りを、積極的に行ってきた経緯があると説明した。

関連:「創造的な試みを可能にすべき」米CFTCコミッショナー、仮想通貨規制を語る

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
07:18
仮想通貨融資企業BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化懸念や中国での抗議活動など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧