カルダノ、複数の戦略的パートナーシップを発表 通信業界からDeFiまで

複数のパートナーシップ

イーサリアムのライバルと評されるカルダノ(Cardano)は、25日と26日の両日開催されたカルダノ・サミット2021で、幅広い分野の企業と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。中でも米国のフォーチュン500企業である衛星放送サービス会社、ディッシュ・ネットワーク(Dish Network) と分散型オラクルプロジェクト、チェーンリンク(Chainlink)との提携には注目が集まっている。

ディッシュ・ネットワーク(Nasdaq:DISH)は、1980年に衛星テレビ用機器の販売業者としてスタートし、1995年に最初の衛星を打ち上げた経緯を持つ。現在、約1,900万の顧客に有料テレビおよび通信サービスを提供し、年間収益は150億ドル(1兆6600億円)を超える。2014年には早くもビットコイン(BTC)の受け入れを開始し、暗号資産(仮想通貨)分野へ参入した先駆的な企業でもある。

ディッシュ・ネットワークは、自社の通信サービスにカルダノのブロックチェーン技術を導入し、800万人の顧客にデジタルIDを発行することを目標としているという。この提携により、カルダノは巨大な通信事業分野へ参入することになる。

カルダノの創設者、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、通信事業の基盤となるビジネス構造は現在「骨抜き」にされた状態だと指摘。ブロックチェーン技術は通信ネットワークの接続性に革命を起こすことが可能で、カルダノが通信分野における「デフォルトモデル」となることを期待していると語った。

チェーンリンクとの提携

カルダノは9月13日に大型アップグレード「アロンゾ」の実装を完了。メインネットスマートコントラクト機能が追加されたばかりだ。

関連:仮想通貨カルダノ(ADA)、大型アップグレード・アロンゾの実装完了

今回の提携により、スマートコントラクトを構築するカルダノの開発者は、チェーンリンクの分散型オラクルネットワークを通じて、「実世界のデータベース」へアクセスが可能になる。まず、リアルタイムの市場価格フィードがカルダノにリンクされるが、順次、スポーツや気象データフィードが追加される予定で、保険、ゲーム、またNFTでの利用に対応可能となるという。

オラクルとは

オラクルとは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトにオフチェーン(外部)のデータを提供するサービス。

▶️仮想通貨用語集

その他のパートナーシップ

カルダノとの提携先は、まだまだある。その一つが、Awakening Healthが開発した医療用AIロボット「Grace」。Graceは、高齢者や孤立した人々と対話するロボットで、サーモグラフィで患者の体温を図ることができるのに加え、患者の反応を測定し、感情を模倣することも可能。

カルダノ・ブロックチェーンの導入により、セキュリティとプライバシーの提供に加え、Graceのパフォーマンス向上と運用の低コスト化が期待されている。またスケーラビリティ問題を解決することで、バイオデータの迅速な処理が可能になると考えられている。

また、カルダノはeスポーツとゲームの大手プラットフォームRivalと提携し、NFTの作成や配布、ファン向けの報酬プログラムなどを開発する。

さらに、以下のような提携も発表されている。

  • フィリピンの金融テクノロジー・ベンチャーUBX:カルダノ上でステーキングプール運営
  • 土地の修復テクノロジー企業veritree社:ブロックチェーンで植林活動を管理、100万本植樹キャンペーンもサポート
  • AID:tech社:金融・決済・保険分野のID管理と検証ソリューション

なお、カルダノのネイティブトークンは「エイダ(ADA)」で、その時価総額はビットコインとイーサリアムに次ぐ市場3位の地位を占めている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します