CoinPostで今最も読まれています

米大手ベンチャーキャピタル「a16z」、ステーブルコイン規制の三原則を提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーブルコイン規制の基本三原則

米大手ベンチャーキャピタル「アンドリーセン・ホロウィッツ (a16z)」は27日、ステーブルコインは「民主化された次世代の金融サービス」で重要な役割を果たすと主張。消費者保護と金融犯罪の防止、さらに金融システムの安全性と安定性のために「賢明で効果的な」ステーブルコイン規制が必要だとして、以下の基本三原則を提案した。

  • 公平なアクセスの促進
  • ステーブルコインの発行者及びその担保資産の完全性の確保
  • ステーブルコインネットワークの技術的・運用的な回復力の強化

すでに多くの種類のステーブルコインが市場に出回っているのに加え、市場は革新を続けているため、ステーブルコインの技術を活用し、かつリスクを抑制するためには、画一的な規制は適切ではないと、a16zは主張している。

優れた規制は、犯罪者を抑止し、ダウンサイド・リスクを管理するだけではない。テクノロジーがどのように人々に利益をもたらすかについての、枠組みとビジョンを確立するものだ。

ステーブルコインとは

ステーブルコインとは、価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。

▶️仮想通貨用語集

公平なアクセスの促進

a16zは、ステーブルコインの規制で、まず優先するべきは、全ての消費者に平等なアクセスを提供することだと述べている。そのためには、現在、金融包摂の障壁となっている既存の金融システムがもたらすコストや非効率性などを取り除くことが重要だという。

政策立案者が、ステーブルコインを基本的な金融システムの構成要素として受け入れることで、金融インフラを刷新し、効率性と競争力を高める新しいシステムを構築することに舵を切るよう提案している。

ステーブルコインの発行者・担保資産の完全性の確保

また、a16zは米国で各州が行ってきたステーブルコイン発行者の認可を、連邦政府が担う可能性を検討するよう提案した。

米通貨監督庁(OCC)は国法銀行によるステーブルコインの扱いについてガイダンスを発行するとともに、Paxos、Anchorage、Protegoの3社に対し、条件付きで国法銀行の設立を認可した。一つの道筋が示された一方で、全てのステーブルコインに有効な手段ではないとa16zは指摘。

関連:仮想通貨関連企業Protego、アメリカで国法銀行設立許可書を取得

一部のステーブルコインは、スマートコントラクトのプロトコルによって管理され、アルゴリズムによって価格の安定を維持しているため、従来の銀行設立条件の枠組みに当てはめることはできないと指摘。このようなステーブルコインの多様性を考慮し、規制の選択肢を提示すべきだとした。

さらに、ブロックチェーンが監査可能であること、また規制遵守をスマートコントラクトにプログラム可能であるなど、革新的技術の利点を活用した新しいコンプライアンス対応により、不正行為の検出や規制強化などに関して、現状が大幅に改善できることにも言及した。

技術的・運用的な回復力の強化

a16zは、仮想通貨担保型・アルゴリズム型のステーブルコインに関しては、市場参加者からの協力を得ることで、検証とガバナンスに関する具体的なガイダンスを作成することを提案した。多くの場合、これらのプロジェクトは自律分散型組織(DAO)によって統治・運営されているため、市場参加者からの協力なくして効果的な規制の枠組みづくりは望めない。

また、ステーブルコインはCBDC(中央銀行デジタル通貨)の問題とも密接に関連してくるが、ステーブルコインとCBDCは共存可能だとa16zは指摘。CBDCの実現には、特にプライバシーとセキュリティの面で多くの課題があるが、米国の開発者が他国に遅れを取らず、米ドルがデジタル通貨の分野で基軸通貨であり続けることが重要であると主張した。

様々な米ドル建てのステーブルコインを育成することは、この目的をサポートすることになる。また、単一障害点を回避することで、金融インフラの回復力を高めることにつながるとa16zは強調した。

地政学的にもドル建てステーブルコインは重要

a16zは、米国が「金融イノベーションにおける地政学的軍拡競争」に勝つためには、すでに活発な民間のステーブルコインのエコシステムを活用することが重要だと訴えている。

過去の幾世代におけるNATOやワルシャワ条約機構への加盟と同様、一国のデジタルインフラの選択が、今後、その国の地政学的方向性を形成する上で重要な意味を持つことになるかもしれない。

a16zは、米国建のステーブルコインが、世界経済における米ドルの優位性及び金融システムにおける中心的地位を維持するのに役立つとの見解を示した。

関連:初心者にもわかるステーブルコインとは|特徴やユースケースを解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア