欧州での仮想通貨取引活発化 DeFiが牽引=Chainalysis

欧州が世界最大の仮想通貨経済圏に

ブロックチェーン分析企業Chainalysisは28日、欧州における暗号資産(仮想通貨)市場の分析レポートを発表。欧州が世界で最大の仮想通貨経済圏になったとしている。特にDeFiが牽引していた。

今回Chainalysisが分析対象としたのは、CNWE(中央・北・西ヨーロッパ)諸国であり、ロシアなどは含まれていない。

関連:DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

出典:Chainalysis

レポートによると、CNWE諸国は、昨年1年間で1兆ドル(約110兆円)以上の仮想通貨を受け取っていた。これは、世界における取引活動の25%に相当している。これに関して昨年は東アジアが首位で、CNWEは2位だったが、2020年7月からCNWEの取引活動は急成長し、同時期より東アジアにおける活動は低下へ向かった。

CNWEの取引量は、ほぼすべての仮想通貨や関連サービスで大幅に増加していたが、特に分散型金融(DeFi)セクターでの成長が目立った。大規模な取引を行う機関投資家の流入が背景にあり、個人投資家の活動も増加しているという。

出典:Chainalysis

2020年7月より、CNWE諸国では機関投資家による1,000万ドル(約11億円)相当以上の大口の取引が急増。こうした機関投資家による巨額取引は、2020年7月の14億ドル(約1,560億円)から成長して、2021年6月には463億ドル(約5兆円)に到達し、この時点でCNWEの取引全体の半分以上を占めるようになっている。

過去1年間で、こうした大規模な送金の大半は、DeFiプラットフォームに送られていた。それに伴って、送金の多くはイーサリアム(ETH)やイーサリアムと1対1で価値を固定されたERC20トークンWETH(wrapped Ethereum)で行われていた。

また、DeFiプラットフォームで、ステーキングを行っている機関投資家も多いとみられる。

関連国内取引所で仮想通貨の資産運用、注目度急上昇のステーキングサービスを比較

ステーキングとは

一定量の暗号資産(仮想通貨)を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組みである。特定の仮想通貨を保有することで、その通貨のブロックチェーンネットワークを管理することに貢献し、対価として報酬を得る仕組み。厳密には、仮想通貨を保有するだけでなく、ネットワーク上に預け入れておく必要がある。銀行口座に法定通貨を貯金し、一定期間後に利子を受け取る仕組みに類似しているといえる。なお、ステーキングは、PoS(Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムを採用している通貨で行うことができる。

▶️仮想通貨用語集

UniswapやInstadappが人気

出典:Chainalysis

CNWE諸国で人気のあるサービスとしては、DeFiプロトコルの、Uniswap、Instadapp、dYdXなどが挙がっている。また、中央集権型取引所としては、バイナンスやコインベースなど大手取引所へも、多くの仮想通貨が送金されていた。

UniswapやdYdXはDEX(分散型取引所)であり、Instadappは、様々なDeFi資産を管理し最適化できるプラットフォームである。また、27日には、dYdXの出来高が、コインベースの現物市場を初めて上回ったことが報告されたところだ。規制が強まる中国の投資家資金の逃避先となった可能性も指摘されている。

関連難局続く金融市場、中国マネー逃避先dYdXの出来高が米大手コインベースを上回る

出典:Chainalysis

国別で仮想通貨の受け取り額を見ると、英国が1,700億ドル(約19兆円)で大差をつけて首位。そのうち約半分がDeFiプロトコルに送金されていた。以下、2位フランス、3位ドイツ、4位オランダ、5位スペインと続いている。

DEX(分散型取引所)とは

ブロックチェーン上に構築される非中央集権型取引所。「分散型取引所」の英訳である「Decentralized EXchange」から「DEX」とも呼ばれる。中央管理者を介さずに当事者間で直接取引を行うため、管理者に支払う手数料が不要で、その他に流動性が低い、秘密鍵をユーザーが管理するなどの特徴がある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します