英金融行動監視機構:未認可の仮想通貨関連企業24社を一斉調査

イギリスにおける仮想通貨関連企業調査
イギリスの金融行動監視機構(FCA)は25日、認可されていない仮想通貨関連企業24社に対し、利用者保護のため、「不適切な業務の洗い出し」を目的とした調査を行ったことを発表しました。
世界でも加速する仮想通貨分野整備
イギリスだけでなく、アメリカやカナダでも、「悪意のある仮想通貨関連商品」の排除を目的とした、「Operation Cryptosweep」を開始するなど、取り組み強化しています。
金融行動監視機構(FCAとは)
2012年12月に設立された、イギリスの組織。 金融サービス業(銀行、金融会社、金融アドバイザー、ブローカーなど)に携わる企業の行動を規制している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イギリスでの仮想通貨関連企業調査

イギリスの金融行動監視機構(FCA)は25日、”認可されていない”24社の仮想通貨関連企業に対し、調査を開始したことを明らかにしました。

今回の調査は、「仮想通貨関連企業が、FCA認可を必要とする業務を”不認可で行っていないか”を確認するため」に行われ、そのようなケースが発覚した場合、より詳細な調査を行うとしています。

結果は非公開であるものの、規制局は2018年、情報公開請求によって、仮想通貨分野ビジネスにおける内部告発報告書の開示を7回行ったとしています。

このような取り組みは、少なくとも2014〜2017年にかけて行われていないことからも、この分野に対する規制局の関心が高まってきている証左だと言えるでしょう。

現時点で、規制局による公式な捜査は行われていないものの、調査の結果次第では、公式な捜査として取り扱われる案件も出てくるのではないかと考えられています。

FCAによると、この調査の最大の目的は、消費者保護にあると主張し、以下のように述べました。

「不適切な業務が行われていると判断された場合、消費者へのリスクを考慮し、問題を特定した上で、さらなる捜査や処置を行うべきだ。」

世界で広がる仮想通貨の枠組み整備

FCAは3月、イングランド銀行と共に仮想通貨専門チームを組織しており、その新興資産クラスの可能性とリスクをまとめた報告書を公開予定です。

世界有数の金融市場であるイギリスは、仮想通貨関連の法整備に関しては消極的であると言われてきましたが、着々とインフラ整備の準備が整ってきた顕れだと言えるでしょう。

また今月5月には、アメリカとカナダの40以上の規制機関によって組織され、悪意のある仮想通貨関連商品の排除を目的とした「Operation Cryptosweep」も開始されています。

さらに、アイルランドでも日本の金融庁にあたる組織が、仮想通貨及びブロックチェーン技術専門のチームを組織することを検討しており、ポーランドの金融監督当局(KNF)も、メディアキャンペーンに出資し、仮想通貨の可能性及び、リスクを国民に理解してもらえるように努めています。

このように、多くの公式機関が、仮想通貨及びブロックチェーン技術の良い側面を残し、消費者などのリスクとなる悪い側面を排除しようと試みていることからも、同分野の適切な整備が進展していると言えるでしょう。

イギリス政府チーム:仮想通貨に関する初の会議を実施、概ね前向きな姿勢か
イギリスの大蔵省、イングランド銀行、そして、FCAによって3月に組織された仮想通貨専門チームは第1回目の会議を開き、仮想通貨及びブロックチェーン分野の可能性、リスク、適切な規制について議論しました。
リップル社:イギリスの規制当局に「より適切なルール整備」を要求
仮想通貨の規制問題に取り組むリップル社の「Ryan Zagone」氏は、イギリスの規制当局に対し、他国に先駆けている「日本の規制方針」を参考にしたルール整備の必要性を訴求。適切な規制は、”ガードレールのようなもの”と表現しました、

UK Financial Regulator Looking Into More than 20 Cryptocurrency Firms

May 27, 2018 by Ian Edwards

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加