CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン大型アップグレード目前、イーサリアムのバーン量は前週比+10万ETH CoinPost週次データレポート Vol.34

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

11月の仮想通貨動向

11月第1週の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は61,000ドル台前後で横ばいの推移が続き、その後8日にかけて大きく上昇した。

ニューヨーク市長選で当選したEric Adams次期市長が先週5日、マイアミのFrancis Suarez市長に対抗する形で、ビットコインでの給与受け取りを宣言するなど、米国の政局関係者にも暗号資産(仮想通貨)が浸透しつつある。

関連:次期ニューヨーク市長、給与のビットコイン受け取りを宣言 マイアミ市長に続く

出典:CoinMarketCap

時価総額2位のイーサリアム(ETH)は8日、4,700ドルを突破するなど先週に続きATH(過去最高値)更新となった。バーン量は80万ETHに達しており、1週間で約9万ETHがバーンされている。(WatchTheBurn参照)

出典:CoinMarketCap

時価総額TOP20の騰落率

時価総額上位銘柄の週間騰落率は以下の通り。(7日時点:ステーブルコイン除く)

参照:CoinMarketCap

ソラナは7日、過去最高値(ATH)を更新。時価総額ランキングでもバイナンスコイン(BNB)に次ぐ4位に浮上した。

関連:2015〜2020年、仮想通貨「時価総額TOP20」の顔ぶれと変化

仮想通貨市場の時価総額、過去最高更新

仮想通貨市場の時価総額は8日、3兆ドル(340兆円)の大台を初めて突破した。(CoinGecko参照)

テザー発行量

ステーブルコインの最大手銘柄であるテザー(USDT)は7日、発行量が721億ドル(8.2兆円)に達した。

ビットコインのオンチェーン・データ

ビットコイン(BTC)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

Taproot実装まで1週間切る

2017年のSegWit以来となるビットコインの大型アップグレード「Taproot」(タップルート)実装まで残り6日となった。現時点では14日から15日頃の実装が見込まれる。

出典:Taproot.Watch

Taprootではシュノア署名やMAST(マークル化抽象構文木)を導入することで、ビットコインネットワークのスマートコントラクト機能の強化、プライバシー機能および処理速度の向上などがメリットが期待されている。

シュノア署名とは

現行の署名アルゴリズムに代わる新たな署名スキーム。単独の受信者のトランザクションの署名を一つにまとめることが可能で、データサイズの削減や、ケーラビリティの改善が見込まれている。

▶️仮想通貨用語集

関連:ビットコインの大型アップデート「Taproot」

センチメントは一時悪化

仮想通貨分析サイトSantimentによれば、過去10日間ビットコインが60万ドル台前半を推移していることから、投資家のセンチメントでは歯痒さが増し、悲観的な投稿が増えていると指摘。

ただ、悲観的な投稿が増加するほど、BTC価格が上昇する機会も増えると分析した。

センチメント分析とは

AI(人工知能)などの機械学習モデルを利用し、ツイッター上のデータから文字情報を「ポジティブ」と「ネガティブ」に分類し、点数化する分析手法。これまでの傾向では、価格上昇に伴い楽観系ツイートが増加し、下落に伴い悲観的な投稿が増加する傾向がある。

▶️仮想通貨用語集

中長期でポジティブ

横ばいの推移が続くビットコイン市場だが、著名オンチェーンアナリストのMatthew Hyland氏は、長期目線ではポジティブだと楽観的だ。

現在60,000ドル以上のレンジを推移するビットコインにおいて、コンソリデーションが続いていると分析。下位足でこそボラティリティが目立つとした上で、ポジティブな見解を示した。

イーサリアムのオンチェーン・データ

イーサリアム(ETH)関連の注目のオンチェーンデータは以下の通り。

ETH2.0 ステーキング額

ステーキング額:820万ETH(前週比+11万ETH)

CrytoQuant

関連:仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

バーン量

イーサリアムのバーン量は、大型アップグレード「ロンドン」の実装以降、80万ETHを突破した(前週比+10万ETH)。

バーン(焼却)とは

株式の「自社株買い」に近い形で仮想通貨の供給量を減らす仕組み。自社株買いをする企業は、発行している株式を自分たちのお金で買い戻す。買い戻されると市場に流通する株数が減少することで一株あたりの価値が向上し、株主に対してプラスの影響を与える。

需要と供給の影響により、トークンをバーンすることで、流通するETHの一枚あたりの価値が高まることになる。

▶️仮想通貨用語集

DeFi(分散型金融)

DeFiプラットフォームのTVLは8日時点で2,682億ドル(30.4兆円)だった。

出典:DeFi Llama

TVL(Total Value Locked)は、DeFiプロトコルへ預入れされた仮想通貨資産の総ロック額を指す。

NFT

10月のNFTマーケットプレイス取引高は2700億円(23.9億ドル)を記録。依然としてOpenSeaが9割以上を占めている。また、8月以降は2ヶ月連続で取引高が減少した。

クリプト指標

                           
日程 指標

11/7~/11/10

Solana Breakpoint カンファレンス開催

11/8

Crypto.com Coin 「Cronos」メインネットアップグレード

11/9~11/10

Ripple Swell Global 2021

11/9

Secret Network Supernovaアップグレード予定

11/11~11/18

Polkadot パラチェーンオークション 1回目

11/11〜12

シンボルの「Cyprus」ハードフォーク予定日

11/12

Boba Network エアドロップのスナップショット取得日

リップル社が毎年開催する年次イベントSwellが日本時間9日から開始する。昨年に続き、オンライン開催となる。

大手仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン・フリードCEOなどもパネルで登壇を予定している。

関連:リップル社の大型イベント「Swell 2021」開幕間近 注目ポイントとスケジュールまとめ

前回の週次レポートはこちら:ビットコインとイーサリアムのオンチェーン取引量、10月は歴代2位を記録

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Android版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧