OKCoinJapan、BATの新規取引扱い発表

OKCoinJapanに上場

オーケーコイン・ジャパン株式会社は10日、運営する暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan10日、新たな取扱通貨として、仮想通貨BAT(ベーシックアテンショントークン)を発表した。

対象サービスは、取引所(板取引)と販売所。現物取引開始日時は、12月20日(月)17時00分を予定する。

これにより、OKCoinJapanは、11種類の暗号資産を取り扱うことになる。BATは現在、コインチェックやbitFlyer、GMOコイン、bitbankといった国内取引所に上場している。

BATは、急速に普及するウェブブラウザ「Brave」内で使用することを目的とした、ERC20規格のユーティリティトークン。 ユーザー、広告主、およびパブリッシャーの間で交換可能なほか、BATを使って、広告やサービスを利用することもできる。

関連仮想通貨BATとは|急拡大する新世代のブラウザ「Brave」の特徴と将来性

Braveは、国内取引所とも連携を強めている。

今年3月には、Braveクリエイター向けにbitFlyerとの連携サービスを追加すると発表。Braveのクリエイターがユーザーからベーシックアテンショントークン(BAT)のチップを受け取り、出金・交換ができるようになった。

関連:

BraveのbitFlyer連携、クリエイターがBATの受取・利用可能に
24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します