CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨バブル再来の2021年、最も高騰した銘柄TOP10は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

1年で最も上昇した仮想通貨は?

2021年の暗号資産(仮想通貨)市場は、2020年後半からの勢いそのままに、大企業や機関投資家の参入により続伸し、多くの銘柄が過去最高値を更新した。

その後は、中国における新たな規制動向やコロナウイルスの変異株の感染拡大など様々な要因により何度か下落するも、昨年までの価格と比較すると依然高い水準を維持している。

本記事では、2021年に価格が高騰した仮想通貨の中で、草コインを除く上位アルト(時価総額50位以内)の銘柄トップ10をランキング形式で紹介(12月28日時点)。12月28日時点の年初来騰落率、価格、時価総額と時価総額ランキングも付記する。

なお、騰落率はMessariを、その他のデータはCoinGeckoを参照した。

10位:ドージコイン(DOGE)──31.5倍

ドージコインは、日本に住む雌の柴犬「かぼす」ちゃんをモチーフに開発された仮想通貨。米EV大手テスラ社CEOのイーロン・マスク氏が2021年に、ツイッターでドージコインに度々言及したことをきっかけに人気が急上昇。21年5月には現在価格のさらに5倍以上にまで急騰した。

パロディ通貨としての側面もあるが、開発も積極的に行われており、ドージコイン財団が発表した事業計画によると、ステーキング機能の実装を含めた様々なプロジェクトが明かされている。高速なトランザクション処理能力や発行上限枚数が定められていないことなどを特徴としている。

  • 価格:0.18ドル(約20円)
  • 時価総額:24,438,796,017ドル(約2.8兆円)
  • 時価総額ランキング:12位

関連:ドージコイン、ヴィタリック氏と協力しステーキング導入か

出典:CoinGecko

9位:ディセントラランド(MANA)──42.8倍

ディセントラランドは、ブロックチェーン技術を利用したメタバースとしては、最も歴史が長いとされるプロジェクト。

2017年にICO(イニシャル・コイン・オファリング)を行った際には、開始からわずか数十秒で約26億円を調達し話題に。2020年に一般向けにリリースされた後は、世界最大規模のエコシステム(経済圏)を持つプロジェクトの一つに数えられるようになった。

カリブ海の島国バルバドスがディセントラランド上にバーチャル大使館を設立する計画を表明したり、カナダの投資企業がディセントラランド上で2.88億円に相当する土地を購入したりなど、メタバースの流行と共に再度注目を集めている。

  • 価格:3.71ドル(約420円)
  • 時価総額:4,891,982,010ドル(約5600億円)
  • 時価総額ランキング:43位

関連:Decentralandとは|メタバースと仮想通貨MANAの将来性

出典:CoinGecko

8位:ソラナ(SOL)──103倍

ソラナは、独自のコンセンサスアルゴリズム「PoH(プルーフ・オブ・ヒストリー)」や極めて高速なトランザクション処理能力、安価なガス代(ネットワーク手数料)などを特徴とするブロックチェーンプロジェクト。

TPS(1秒間で処理可能なトランザクション数)は5万、ガス代は1トランザクションあたり0.00001ドルといずれもイーサリアムエコシステムが抱えるスケーラビリティ問題やガス代の高騰といった問題を解決していることから「イーサリアムキラー」の一角としても数えられる。

  • 価格:194.28ドル(約22,000円)
  • 時価総額:59,788,408,771ドル(約6.8兆円)
  • 時価総額ランキング:5位

関連:ソラナ(SOL)とは|注目ポイントと今後の将来性

出典:CoinGecko

7位:ファントム(FTM)──123.9倍

ファントムは、レイヤー1の高速スマートコントラクトプラットフォーム。

1つのトランザクションの処理にかかる時間は1~2秒、必要なガス代はわずか0.0000001ドルと、優れた処理スピードとガス代の安さなどを特徴とし、ソラナと同じく「イーサリアムキラー」として台頭した。

FTMトークンはファントム上での手数料などの支払いやガバナンス投票などに活用されるユーティリティトークンであり、ステーキングにより報酬を受け取ることもできる。

  • 価格:2.21ドル(約254円)
  • 時価総額:5,479,364,725ドル(約6300億円)
  • 時価総額ランキング:38位

出典:CoinGecko

6位:テラ(LUNA)──137.3倍

テラは、韓国発のステーブルコインプロジェクト。ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」とLunaトークンという2つのトークンが存在する二重トークンシステムを特徴としており、Lunaトークンは、TerraUSDの価格を安定させる役割を果たす。

USTが作成されるとLUNAがバーン(焼却)され、LUNAの価値にデフレサイクルが生じる仕組みとなっている。また、LUNAはステークすることでステーキング報酬を得ることができる。

  • 価格:92.64ドル(約10,600円)
  • 時価総額:33,440,666,062ドル(約3.8兆円)
  • 時価総額ランキング:9位

出典:CoinGecko

5位:ポリゴン(MATIC)──148.5倍

ポリゴンは、イーサリアムチェーンのスケーラビリティ問題の解決を目指すレイヤー2ソリューションであり、開発者向け開発フレームワークでもある。

混雑の続くイーサリアムチェーンのメインネットとは異なる拡張を有し、高速な処理速度と極めて安価なガス代を実現。ポリゴンは、400以上のdApps(分散型アプリケーション)のプラットフォームとして採用されており、約40万のアクティブユーザー数を誇る。

2021年2月にMATICから名称変更した後も、MATICトークンはガバナンスやステーキング、ガス代に利用されている。

  • 価格:2.66ドル(約305円)
  • 時価総額:18,172,172,369ドル(約2兆円)
  • 時価総額ランキング:14位

出典:CoinGecko

関連:ポリゴン(MATIC)とは|注目ポイントと今後の将来性

4位:ザ・サンドボックス(SAND)──168.4倍

The Sandboxは、メタバース(仮想空間)の中で、ボクセルアートのアバターや建物などを組み合わせて遊ぶユーザー主導の「ゲームメイキングプラットフォーム」。ユーザーは、ゲーム内でLAND(ランド)と呼ばれる仮想土地を所有し、そこで作ったオリジナルゲームや建造物などを、他のユーザーに有料で貸し出すこともできる。

SANDは、今後ローンチを控えているPC版のブロックチェーンゲーム内で使用できる仮想通貨。イーサリアム上で発行される「ERC-20トークン」で、LANDの購入やゲーム内のイベントへの参加時などに利用される。

  • 価格:6.32ドル(約726円)
  • 時価総額:5,818,856,244ドル(約6700億円)
  • 時価総額ランキング:34位

出典:CoinGecko

関連:「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

3位:アクシ―・インフィニティ(AXS)──177.3倍

ベトナムのゲームスタジオSky Mavisが開発したブロックチェーンゲーム。

2021年のトレンドとなった「Play-to-earn(P2E)」「GemeFi」の一種であり、ゲーム内で得られた仮想通貨を法定通貨と交換することができる。ベトナムやフィリピンなどの新興国では貴重な収入源となっており生活を支えるインフラとしても機能している。

AXSは、ゲーム内で利用されるガバナンストークンで、ステーキングにより報酬を得ることも可能。また、「Small Love Potion(SLP)」というゲーム内通貨も存在し、FTXやバイナンスなどの取引所で他の仮想通貨と交換できる。

  • 価格:105.29ドル(約12,000円)
  • 時価総額:7,143,044,162ドル(約8200億円)
  • 時価総額ランキング:30位

出典:CoinGecko

2位:ガラ(GALA)──493.2倍

GALAは、ゲーム開発企業Gala Gamesが提供するブロックチェーンゲーム内でデジタルグッズやアイテムの購入などに利用される「ERC-20」規格の仮想通貨。

取引所やGala Gamesのノードとして機能するFounder’s Nodeを運営することで、GALAを報酬として受け取ることができる。また、Gala Gamesエコシステムのゲーム「Town Star」では、上位100位までのプレイヤーに対し、報酬としてGALAが付与されている。

  • 価格:0.505ドル(約58円)
  • 時価総額:3,820,496,364ドル(約4400億円)
  • 時価総額ランキング:50位

関連:NFT活用のゲーム開発企業Gala Games、独自トークンが上場

出典:CoinGecko

1位:シバイヌコイン(SHIB)──約50万倍

シバイヌコインは、柴犬のミームコインから始まったプロジェクトで、ドージコインと同じ「犬系コイン」とも呼ばれる。

2021年1月1日時点の価格は、わずか0.0000000076ドルだった。

SHIB/USD

SHIBA INUで発行されるトークンは、イーサリアムチェーンの規格である「ERC-20」であり、スマートコントラクトが実装されている。また、SHIBA INUでは、「SHIB」「LEASH」「BONE」という3種類のトークンが存在。SHIBは取引所で支払いなどに、LEASHは独自DEX「ShibaSwap」で付与される報酬として、BONEは、保有数に応じて投票権が増すガバナンストークンとして利用されている。

  • 価格:0.000037ドル(約0.0043円)
  • 時価総額:20,531,922,569ドル(約2.3兆円)
  • 時価総額ランキング:13位

出典:CoinGecko

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア