CoinPostで今最も読まれています

DAOのハードルを解消 信用スコアの仕組みとは|Ontology寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DAOが抱える諸問題の解決策

米大手のテック系ベンチャーキャピタルとして有名なa16zは、最近ソーシャルDAO(Decentralized Autonomous Organization:分散型自律組織)プロジェクトであるFWBへの投資など、DAOプロジェクトへの投資を通じてDAO分野への参入を進めています。

関連:米大手VC「a16z」、仮想通貨やブロックチェーンなどウェブ3.0を促進する政策提言

2020年以降、DAOは知名度を上げ、徐々にブロックチェーン業界の主流となりつつあります。最近では、複数の大手ベンチャーキャピタルがDAOプロジェクトに投資していることを公開し、メディアの注目を集めるようになりました。そのため、「2022年はDAO元年になる 」という見方もあります。

業界をリードする投資機関や関連メディアの関心を集めるDAOとは、一体どのようなものなのでしょうか。

関連:分散型投資プロトコル(DAO)Syndicate、大手VCのa16z主導で2000万ドル調達

DAOをまず理解する

人類はDAO時代に突入し、それは避けて通れない

  メタバースの父、ニール・スティーヴンスン

    

DAOの解釈は人それぞれですが、メンバーがコミュニティトークンで投票し、オープンソースのコードが投票結果を自動的に実行するというロジックは共通しています。この信頼性の高いシステムにより、人的ミスを排除し、メンバーは集団としてコミュニティの財政を管理できます。

関連:DAO(分散型自律組織)の仕組みや将来性とは|Nansen寄稿

現在、DAOはソーシャルメディア、契約プラットフォーム、そして複数のプロジェクトといった多くの媒体にまたがって発展しつつあります。実態的にはどちらかというとボトムアップ型の運営組織に近く、メンバーが個人の能力や主観的な推測を頼りに、分業してDAO全体を作り上げていきます。DAOは、メンバーの貢献度に応じて報酬を与えます。

これからのメタバースでは、ルール作りやガバナンスの権限をコミュニティに帰属させ、メタバースの完全な分散化を推進するDAOが、新しいガバナンスモデルの形成をリードしていく可能性があります。

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

まだ黎明期にあるDAO

DAOの提示するビジョンは素晴らしいものですが、まだその実現に向けて動き始めたばかりの段階です。確かにブロックチェーン領域ではDAOへの関心が高まってはいるものの、DAOの開発にはまだ困難が伴います。DAOのハードルは、以下の通りです。

低いメンバー参加率

ほとんどのDAOでは、メンバーの保有するデジタル資産を重要な指標としています。例えば、投票はトークンの数に基づいて行われ、報酬はデジタル資産の割合に基づいて行われます。

このアプローチは、DAOメンバーの発言力を阻害するだけでなく、保有トークンの割合が少ないメンバーにとっては投資リターンのバランスが悪いため、ガバナンスに対する時間とエネルギーの投資を躊躇させます。

中央集権化の危機

DAOが採用している上記のような仕組みは、「金持ちはいつまでも金持ちで、強者はいつまでも強い」という考え方が生まれやすくなります。

それは、発言権があれば自分にとってより有利なルールを設定できる権利が発生し、より大きな利益を得ることができるという単純な構造です。このため、多くのDAOは望まない中央集権的な状況に追い込まれています。

意思決定のバランスが難しい

完全自律型のDAOシステムにおける決定事項は、投票数に基づいて決められるべきです。しかし、開発チームの意見とコミュニティメンバーの利害が一致せず、対立することも想定されます。どうすれば良いバランスを保てるかは、多くのDAO組織にとって頭の痛い問題です。

時には、DAO開発チームがコミュニティの意見を無視することもあり、その結果、中央集権的だと非難されることもあります。その代替案としては、完全にDAOコミュニティに従うことですが、これでは建設的な意見が採用されないという結果を招くかもしれません。

「信用」を判断基準に

上記の問題は、本質的に、どのようなインセンティブを設定すべきかということが重要なポイントとなります。インセンティブは、分散性の要求や公平性を満たすだけでなく、DAOメンバーが積極的にガバナンスに参加することを促進するものでなければなりません。

オントロジーは、自社の技術力と過去のサービス実績から、次のような解決策を提案します。それは、「DAOの各メンバーに対して、信用スコアシステムを備えたDID(分散型ID)を設定する」ということです。

関連:Web 3.0により発揮されるインターネットの真価とは

信用スコアの検証方法

DAOに参加する際には、まずDIDを登録・所有し、オンチェーンおよびオフチェーン資産、同様の経験や能力があるかなど、一定の検証(プライバシー保護のため暗号化された認証作業)を行う必要があります。検証後に、DAOに参加しやすくするための初期値とマークが与えられます。

データの記録

DAOのガバナンスに参加する際、DIDはDAOでの実働時間や参加後の貢献度を記録することになります。貢献度には、投票、提案、運営作業の実績などが含まれます。また、このDIDを使って他のDAOのガバナンスに参加した場合は、それらのデータも同じDIDに記録されることで、データの多様性が増加します。

信用スコアの数値化

上記の基準をもとに、信用システムが総合的に数値化します。例えば、より多くのDAOに参加し、より長く、より活発に活動しているほど、スコアは高くなります。また、信用スコアモデルを設計する際には、例えば「資産の比率を下げ、参加の比率を上げる」といったように、数値化する信用基準の割合を設定することもできます。

分散化

信用スコアの度合いにより、DAOはそれに基づきダイナミックに権利を分割することができます。信用スコアが高ければ高いほど、より大きな力を持つことになります。信用スコアの高さは、より多くの投票権(発言権)やより多くのDAO配当金を得る権利として実現される可能性があります。

コミュニティによる貢献

これらを踏まえ、完全に分散化された理想的なDAO組織を、以下のように想定することができます。

  • 一般メンバーでも、権利や特典の獲得が容易である
  • 開発チームも一般メンバーと同様、発言権を得るためには貢献度が必要となる
  • メンバーの参加率と熱意を高めることが非常に重要である
  • まとめ

    DAOにDIDを導入することで、デジタル資産に基づく「中央集権制」をある程度、解消することができるようになります。DIDはDAOメンバーの積極性を促し、開発チームと一般メンバーによる意思決定のバランスをとることができます。

    DIDは現在のDAOが抱える問題のいくつかを解決するのに役立ちますが、これはまだ始まりに過ぎません。

    将来的には、DAOは分散型世界の主流な組織形態となるはずです。より多くのブロックチェーン技術がDAOに吸収され、エコシステムの迅速かつ健全な発展を可能にすることでしょう。

    関連:仮想通貨オントロジー、DeFiユーザー向けの身元認証ソリューションを開発

    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    02/22 木曜日
    13:55
    イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
    時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
    10:50
    「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
    ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
    10:20
    Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
    ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
    08:15
    エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
    本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
    07:30
    国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
    国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
    06:30
    Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
    仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
    05:50
    Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
    Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
    02/21 水曜日
    17:24
    ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
    大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
    15:02
    決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
    リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
    12:07
    イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
    暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
    12:00
    仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
    仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
    11:00
    マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
    決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
    10:24
    ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
    日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
    08:30
    明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
    米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
    07:45
    計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
    計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア