NFT電子市場「OpenSea」、仮想通貨ウォレット企業を買収へ

仮想通貨ウォレット企業を買収

大手NFT(非代替性トークン)電子市場「OpenSea」は18日、暗号資産(仮想通貨)ウォレット企業Dharma Labsを買収すると発表した。

買収の主な目的は、一般消費者へNFTの普及を広げること。そのために、NFTの発行や売買を容易に行えるようにすると説明しており、OpenSeaに法定通貨決済を導入する計画もあるという。

Dharma Labsの買収に向けて調整が行われていることは、米メディアAxiosが今月4日に報道。それを今回OpenSeaが公式に発表した格好だ。現時点でも買収の条件に関する公式発表はないが、Axiosは「株式譲渡による買収で、最大で150億円の価値になる」と報じていた。

関連NFT電子市場「OpenSea」、新たな資金調達で1.5兆円の企業価値を目指す

OpenSeaは今回の発表で、2022年は以下の4つ内容を優先して行うと説明している。

  • 拡大するコミュニティのニーズを満たすためにプロダクト開発を加速する
  • 安全性と信頼性を向上させる
  • NFTとWeb3.0のエコシステムに意味のある投資を行う
  • チームを大きく拡大する

その上で、Dharma Labsの買収は、これら4つの内容を全て満たすと主張。Dharma LabsのNadav Hollander最高経営責任者(CEO)が、OpenSeaの最高技術責任者(CTO)に就任すると述べている。Hollander氏は米コインベースでソフトウェアエンジニアを務めた人物。グーグルでもソフトウェアエンジニアのインターンとして、Androidアプリの開発に携わった。

OpenSeaとDharma Labsは、今後数年の仮想通貨の普及において、NFTが中心的な役割を果たすというビジョンを共有しているという。このビジョンを実現するためには、NFTに容易にアクセスできるようにして、初心者も含めた全てのユーザー体験を大幅に向上させる必要があるとした。

これからDharma LabsのチームはOpenSeaに加わり、ビジョンを実現し、NFTやWeb3.0の発展を加速していくと説明。OpenSeaはCoinPostの提携メディア『The Block』に対し、「法定通貨決済を含めた、購入時の新しい選択肢の導入が、我々の最優先業務だ」と述べている。

関連月間取引高30億円超を記録のNFTマーケットプレイス「OpenSea」活用ガイド

Web3.0とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します