CoinPostで今最も読まれています

「クロスチェーン通信の標準を作る」Symbiosis Finance共同創設者インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マルチチェーンの流動性プロトコル、Symbiosis Finance

昨年の10月、Symbiosis Financeはマルチチェーンの流動性プロトコルとして、Blockchain.com Ventures、アンバーグループ、Spartan、Avalancheなどから200万ドル(約2億3,000万円)を調達した。

現在、プロトコルはテスト段階にあるが、既にトークンのSISはOKExやBybit、Gate.ioなどの大手取引所にて取引を開始している。

CoinPostは昨年の12月にSymbiosis Financeの共同創設者兼CMO、Nick Avramov氏にインタビューを行った。インタビューで語られたプロジェクトチームやSymbiosisの特徴的な機能、プロトコルの正式ローンチなどについての内容をお伝えする。

仮想通貨業界に携わったきっかけは

Nick Avramov氏

Avramov氏)こんにちは!私は2016年にサンクトペテルブルグ国立大学の経営学科を卒業しましたが、その時に指導教員からブロックチェーンについての修士論文を書くようアドバイスされました。

ビットコインのホワイトペーパーを初めて読んだ時のことは覚えていて、楕円曲線に基づいた暗号がどのように機能しているのかを理解しようとしました。後々、修士論文の一部はMedium上で公開しています。

2017年にはFacebookとGoogle上のトラフィックを仲買する企業で働いていました。17年はICOの年だったので、私もブロックチェーンのプロジェクトを探して回り、その一つからコミュニティマネージャーの仕事を得ました。

数か月後には、仮想通貨業界が広告業界よりも遥かに面白いことに気づいて、この業界に完全に身を投じました。いくつかの中国の仮想通貨プロジェクトのロードショーに参加したり、Dgital Horizon Venture Fundでも働きました。

Symbiosis Financeのアイデアに至った経緯は

2020年の9月ごろ、私たちは、当時はまだ名前もついていなかった、ブロックチェーンにおける流動性の断片化問題について調べていました。2021年1月になって、私たちはプロジェクトのコードベースに取り掛かり、そして夏ごろには、投資家を探し始めました。

Blockchain.com Venturesなどの大手からどのようにサポートを得られたのでしょうか

昔ながらのベンチャーへのルートを辿りました。21年の6月ごろから、LinkedIn上でコールドレター(それまで繋がりのない人に送る手紙)を書き、プレゼンテーションを行い、投資家にレポジトリとプロジェクトの開発プランを見せました。彼らがビジネススクールで教えてくれたやり方です。

ブロックチェーン・ドットコム(Blockchain.com)は出資を集めるうえで、非常に重要でした。その他にもいくつかのポジティブな反応は貰っていましたが、決定的だったのは、Peter Smith(*1)とSam Harrison(*2)からのサポートがあったことです。彼らには、本当に感謝しています。

*1:Peter Smith:ブロックチェーン・ドットコムの共同創設者兼CEO

*2:Sam Harrison:ブロックチェーン・ドットコム・ベンチャーズのパートナー

Symbiosis Financeのチームについて教えてください

素晴らしいチームです。プロトコルのコアデベロッパーはお互いに知り合ってもう5年になる人たちで、Zerionやその他多くのプロジェクトからの人がいます。

また、Yandex(ロシアの検索エンジン)と日本のコングロマリット、楽天でチームリーダーを務めていた人間が、セキュリティを担当しています。リピーターネットワークの開発チームトップは、以前ロシアのIBMでオープンソースのプロジェクトを率いていました。

Symbiosis Financeは、ThorChainプロトコルとは何が違うのでしょうか

ThorChainとは異なり、私たちは古典的なAMMプールモデルを用いています。このアプローチによって、ThorChainのRUNEのように、ネイティブトークンをステークする必要は無くなります。Symbiosisの流動性提供者はそれぞれ、プールのペアのボラティリティリスクを評価します。

また、私たちは成長を続けるDeFiエコシステムにおいて、ネットワーク間におけるトークンの移転に焦点を置いていますが、ThorChainはネイティブトークンの移転にフォーカスしています。

Symbiosis FinanceはEVM非互換のブロックチェーンとも機能しますか

プロトコルはSolanaやNearのような、EdDSA/ECDSA鍵の生成が可能なスマートコントラクトを備えたブロックチェーンに対応しています。統合の難しさは、そういったブロックチェーンのバーチャルマシン(VM)に依存しています。

AMMロジックはビットコインのようなネットワークでは実行できません。しかし、Hashed Time Lock Contract(HTLC*3)に対応していれば、Symbiosis Financeはアセットを統合することができます。

*3:Hashed Time Lock Contract:ビットコインのライトニング・ネットワークなどで使用されている技術で、二者間での信用を必要としない送金を可能にする

プロトコルの流動性プールについて、詳しく教えてください

Symbiosisはステーブルコインのプールを利用します。例えばPancakeSwapとUniswap間で交換したいときは、BUSDとUSDCを用います。

プロトコルは、EVMネットワーク上の1inchの流動性アグリゲーターと、EVMの無いブロックチェーン上では自身のソリューションを用いて、分散型取引所上で最も効率良く交換する道を探ります。

このアプローチによって、特別なソフトウェアをインストールする必要もなく、Metamaskを介してワンクリックで済むようになっています。

ネットワーク間における片側のアセットの減少を引き起こす、不均衡な交換の問題をどう解決していますか

私たちは一方向へ高い需要が生じた際に、裁定取引者が価格を均衡させるための裁定取引のインセンティブをつくっています。

例えば、バイナンス・スマート・チェーンでは、ユーザーがイーサリアムからテザーへ頻繫に交換を行いますが、裁定取引者(鞘取り者)は反対の取引をプレミアムで行うことが出来ます。

リレーネットワークについて少し教えてください

これは分離されたネットワークで、ノードはブロックチェーン上のイベントを追跡し、署名して、トランザクションをSymbiosis Financeのユーザーに送ります。

ネットワークは段階的に実現していきます。早期バージョンでは15ノードあり、イーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトを介して同期されています。その後、徐々にノードの数を増やして、リレーネットワークのロジックをサイドチェーンに移転します。

また、ノードを運営するには、SISトークンをステークする必要があります。ステークの量は他の参加者にも因りますが、最低で50,000SIS以上になります。

DAO(自律分散型組織)への移行は考えていますか

(移行は)実施しますが、直ぐにではありません。このような移行はプロトコルのアップグレードにおける意思決定のプロセスが複雑になります。そのため、これは長期的な目標になります。

分散化を含め、すべての物は価値を持っています。今の時点では、市場が活発で競合が増えているため、Symbiosis Financeはより素早く開発する必要があります。

Symbiosisの未来については

Symbiosisをクロスチェーン通信の標準にしたいと考えています。これは、チーム全員が胸に抱いている夢です。

将来的には、サードパーティーのプロジェクトが我々の成果を利用し、このプロトコルに基づいた更なるサービスを開発してくれることを望みます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧