イーサリアムのL2ソリューション「zkEVM」、テストネットでローンチ

イーサリアムの処理能力向上へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のレイヤー2ソリューションを開発するMatter Labsは、同社のプロダクト「zkEVM」がテストネット上にローンチされたことを発表した。

zkEVMは、イーサリアムの開発言語「Solidity」を使ってアプリを開発・展開できるため、大きな期待が集まるレイヤー2ソリューション。非常に機能性が高いが、実用化には何年もかかると言われていた。現時点ではテストネット上へのローンチだが、予定よりも早く開発が進んでいるとして、注目度が高まっている。

Matter Labsはイーサリアムの処理能力をサポートするために、ゼロ知識証明(Zero Knowledge Proof:ZKP)を活用している企業。zkEVMを含む「zkSync 2.0」は、昨年6月にテストネットがローンチされたことが分かっていた。zkEVMも現在はまだアルファ版のテストネットである。

ゼロ知識証明とは

証明プロトコルの一種。「自身の主張が真実であること以外の情報を検証者に開示することなく(=ゼロ知識)、その主張が真実であると証明できる」という特性を、「ゼロ知識証明は、特定のブロックチェーンの外部で処理を行ない、その過程を提示しなくても、その処理が正しく実行されたことを証明できる」というように応用し、最近では処理能力を高める技術としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

関連イーサリアムL2プロジェクト「zkSync」、2.0のテストネットが稼働

イーサリアムのRollup

イーサリアムのメインネットをサポートするレイヤー2技術「Rollup」には、大きく分けて「ZK Rollup」と「Optimistic Rollup」がある。zkEVMを含むzkSyncは、ZK Rollupを活用しているソリューション。

ZK RollupとOptimistic Rollupは、それぞれメリットとデメリットがあるため、まだ発展途上の技術だ。Optimistic RollupはL2からL1に出金する際に約1週間待つ必要があったり、それを数分で実現するというZK Rollupにも、イーサリアムの仮想マシン(EVM)を利用できなかったりするというデメリットがあった。

以下の画像は「zkSync」の公式ウェブサイトによるもの。Optimistic RollupとzkSyncを比較している。赤枠の箇所がL2からL1に送金する際の時間を表しており、Optimistic Rollupの方は1〜2週間、一方でzkSyncは10分だ。

出典:zkSync

また、以下はzkSyncと他のZK Rollupソリューションとの比較。赤枠の箇所がEVMとの互換性を表しているが、zkSyncだけ「Yes」になっているのが分かる。

出典:zkSync

zkEVMを可能にするZK Rollupは、Optimistic Rollupと比較して開発・運営の難易度が高いとされる技術。これまでのソリューションが持つ課題を解決でき、EVMと互換性も備えていることが、テストネットへのローンチが注目されている理由だ。

L2の手数料などのデータを提供する『L2Fees.Info』によると、イーサリアムのブロックチェーンで仮想通貨をスワップ(交換)する際にかかる手数料は、本記事執筆時点で32.12ドル(約3,690円)。zkSyncは0.69ドル(約79円)である。

出典:L2Fees.Info

関連イーサリアムのL2技術開発企業「Matter Labs」、50億円超を資金調達

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します