文化庁の分科会、「NFTの法的課題」が議題に

NFTの法的課題とは

文化庁は2日、文化審議会著作権分科会の基本政策小委員会にて、ブロックチェーンやNFT(非代替性トークン)の活用について会議を行ったことを発表した。

会議では、IT・デジタル領域全般を取扱分野とする、増田雅史弁護士が登壇。「コンテンツ分野で活用されるNFTの法的課題」などを議題として取り挙げた。

増田弁護士は、過去に、経済省にてデジタルコンテンツ制作に従事した経験や、金融庁にてブロックチェーン関連の法改正を担当した経験がある。現在では、ブロックチェーン推進協会のアドバイザーや、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会の法律顧問を務めている。

関連:JCBA、NFT関連ビジネスを検討する事業者向けの重要「ガイドライン」を公表

資料では、NFTの基本的な特徴や取引方法、NFTアートの本質などに触れつつ、コンテンツ分野における課題が示された。

  • コンテンツデータの所在
  • 無権限者によるNFT化・販売
  • 保有者が有する権利が不明確
  • 二次流通ロイヤリティ(報酬)収受の限界

「ブロックチェーン上に記録されるのは取引情報のみ」である点や「コンテンツのデータはウェブサーバ上に存在する」と問題を指摘。

コンテンツホルダーや発行・取引サービス側が、データを所有している現状を見直すため、IPFSなどの永続的な保有方法が必要とした。

IPFSとは

IPFSは、「InterPlanetary File System」の略称。P2P型の分散型ファイルシステムで、特定にサーバに依存せずコンテンツの保持が可能。

▶️仮想通貨用語集

関連:新しいインターネット、分散型システム「IPFS」の革新性を解説|XSL Labs寄稿

また、増田弁護士は著作権を侵害するNFTが横行している状況や、チェーン上に記録されない情報に対する、信頼性を担保する方法の不明確さを問題視。本人性・実在性の確認機能を含む、NFT化コンテンツ関連情報の一元管理が必要だと指摘している。

さらにNFTの保有は、著作権ライセンスに直結しておらず、承諾されても「発行者によって提示内容・方法がまちまち」であるとコメント。提示内容の明確化に向けて、「利用態様や表示方法の標準化」が必要であるとした。

ロイヤリティの設定・実行がサービスに依存している現状や、NFTを個人間やその他サービスで取引した際のロイヤリティが無い点も課題であると考察。ロイヤリティ情報設定の仕様策定や、考案した仕様の業界標準化が必要であると述べた。

加速する議論

ここ最近、日本政府内で、ブロックチェーン関連の話し合いが頻繁に行われている。

中でも、自民党内で活発な議論が行われており、22年1月には、党内のデジタル社会推進本部に「NFT政策検討プロジェクトチーム」が設立。ブロックチェーンやNFTの関連事業を、政府の掲げる成長戦略に取り入れる方針を示している。

関連:自民党が「NFT政策検討プロジェクトチーム」設置 成長戦略踏まえた税制改正も視野に

また、内閣府副大臣などを歴任しており、先のプロジェクトチーム設立にあたって、「NFT特別担当」に指名された自民党の平議員は、先日の衆議院内閣委員会にて、「Web3.0」や課税の問題について言及。

「Web3.0はインターネットのあり方を必ず変えるという認識で政策を作る必要がある」「ブロックチェーンに関して一番の問題は課税の問題」として、日本のブロックチェーンにおける課題を強く主張した。

関連:「人材流出が著しい」NFT特別担当の平将明議員、ガバナンストークンへの課税の見直しを要望

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します