米リップル社、NFTクリエイターファンドの支援対象者を追加

新たな支援対象者は

米リップル社は27日、独立系NFT(非代替性トークン)クリエイターに対する新たな出資を報告した。今回の決定で、クリエイター支援の第一回目募集枠は全て埋まった形だが、今後も新たな募集の「波(Wave)」が予定されている。

3月10日には、大物映画監督のSteven Sebring氏、作家やプロデューサーとして活躍するJustin Bua氏、NFTエコシステムに携わるxPunksなどが支援対象として発表されていた。

関連:リップル社のファンド、NFTクリエイターを支援へ

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

今回、追加でファンドの対象として選ばれたのは、以下のクリエイターだ。

  • 出版・コミュニケーション企業 Rare Air Media
  • レスラー、車椅子レーサー Zion Clark氏
  • 現代アーティスト、起業家 Jessica Ragzy氏
  • 性暴力防止や被害者支援を行う団体 Women Helping Women
  • PancakeSwapデザイナー兼アーティスト Chef Cecy氏

Rare Air Mediaは、クリエイターファンドのパートナー企業であるVSA Partnersと提携して、米NBAレジェンド選手のマイケル・ジョーダン氏をテーマとしたNFTコレクションをリリースするプロジェクトに取り組んでいる企業である。

関連:マイケル・ジョーダン氏のNFTコレクション、XRPLで発売へ

クリエイターファンドは、XRP台帳利用のNFTプロジェクトに投資する280億円規模のファンド。ゲーム、メタバース、エンターテイメントなどにまたがる新しいNFTの採用事例を構築するクリエイターに対して、資金、制作活動、技術などの面でサポートするものだ。

新たに2社と提携

リップル社は、新たにNFT分野のパートナー企業として、Momento NFTおよびWENEW Labsとも提携することを発表した。

Momento NFTは、ソーシャルメディア形式のNFTプラットフォームで、クリエイターがショートビデオなどのNFTをファンに販売することができる。同社のJulian Rodriguez CEOは、次のようにコメントした。

私たちのファン直通ソーシャルネットワーク「Momento NFT」を利用しているインフルエンサーが、XRP台帳上でNFTを作成できるようになることは非常に嬉しい。

WENEW LabsはNFT開発のスタートアップ企業で、ルイ・ヴィトンのNFTプロジェクトなどに関わってきた。

関連:ルイ・ヴィトンがNFT利用のゲームを公開、デジタルアーティストBeepleも制作に参加

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します