米ニューヨーク州、仮想通貨マイニングの規制法案を上院が可決

仮想通貨採掘の規制法案を知事へ回付

米ニューヨーク州の上院議会は3日、暗号資産(仮想通貨)のマイニングに対する規制法案を可決した。

本法案は4月26日に下院で可決しており、法制化に必要なプロセスは州知事の署名のみとなった。ニューヨーク州の判断が、他の州や米国全体の規制にどう影響するかにも注目が集まっている。

コンセンサスアルゴリズムにプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用する仮想通貨を対象にしたこの法案が最初に提出されたのは昨年5月。仮想通貨のマイニングが環境へ与える影響について州が包括的な調査を完了するまでの2年間、マイニング企業に対する業務ライセンスの発行を停止すること等を目的としている。

PoWとは

コンピューターで計算を行うことによって、ブロックを新たに承認・生成するコンセンサスアルゴリズムのこと。計算量が膨大で多くの電力が必要なため、地球環境に悪影響を及ぼしているとの声が上がっている。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかる、ビットコインのマイニング(採掘)とは 3種類の方法を解説

ニューヨーク州では2019年に「気候リーダーシップ・地域保護法」が成立し、2050年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で85%削減することを目指すことになった。今回の法案の背景には、気候リーダーシップ・地域保護法の成立がある。

業界の反応

仮想通貨業界はこれまで、本法案に反対してきた。先月には、米マイクロストラテジー社や北米の仮想通貨企業が設立したビットコインマイニング評議会(BMC)が、米環境保護庁(EPA)に過度な規制をしないよう呼びかける書簡を提出。マイニングを行うデータセンター(採掘拠点)では二酸化炭素は排出されないと指摘するなど、誤解を解き、正しい情報を拡散することで業界のイメージ払拭を求めた。

関連ビットコイン採掘評議会、ニューヨーク州の仮想通貨規制案に反対

上院議会で法案が可決された後も、反対の声は上がり続けている。米仮想通貨運用企業グレースケールなどの親会社であるデジタルカレンシーグループのBarry Silbert最高経営責任者(CEO)は、以下のようにコメントした。

当社は、ニューヨーク州西部で最も多くの従業員を抱える企業の1つ。今回の法案は、雇用の減少につながる。

仮想通貨起業家にも悪影響となるため、知事は法案に賛成せず、イノベーションをサポートして欲しい。

また、デジタルカレンシーグループの子会社で、デジタル資産のマイニングやステーキングに関する事業を行うFoundryは、以下の声明を発表している。

ニューヨーク州は仮想通貨業界の中心地になれる可能性を持っている。しかし、今回の法律は、雇用や技術革新を抑制することになるだろう。

カリフォルニア州やワシントン州などの州は、業界の発展を制限する前に、技術を理解しようと調査をしている。1つの業界だけを標的にするような法案には署名しないよう知事に求めたい。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します