ザ・サンドボックス、全ユーザーのアセットが公開可能に

アセットの公開が可能に

メタバース系NFT(非代替性トークン)ゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」は13日、全てのユーザーがアセットを公開できるようになったことを発表した。

これはザ・サンドボックスに登録している全ユーザーが、独自のアセット(ゲーム内資産)を作成できるようになったことを意味するという。公式発表では、作成したアセットをゲーム制作ツール「Game Maker」でテストしたり、自身の体験をGame Makerのギャラリーで共有したりできるようになったと説明している。

関連メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(SAND)」とは|主な特徴と将来性を解説

メタバース(Metaverse)とは

インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

▶️仮想通貨用語集

ザ・サンドボックスは、LAND(ランド)と呼ばれる仮想土地を所有してゲームや施設を構築・提供したり、NFT化したゲームアイテムを電子市場で販売したりして楽しむことが可能。ザ・サンドボックスのアセットには、アバターが身につける備品、木や建物など幅広い種類がある。ユーザーが「VoxEdit」というツールを使ってアセットを作成し、電子市場で収益化できることが、ザ・サンドボックスの重要な特徴の1つだという。

アセットを公開するには、アカウントを作成し、次にVoxEditをダウンロード。アセットを作成し、電子市場にエクスポートしたら公開が可能だ。

なお、誰でもアセットを作成できるようになったいう今回の発表は、アセットを「発行して販売できるようになった」ことではないと説明。公開されたアセットはNFTではなく、販売できる機能はこれから搭載する予定だとした。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

また、2022年後半には「ユーザーのLAND上で自身の体験をリリースできるようにする」とも説明している。

関連ブロックチェーンゲームの資産運用で稼ぐ方法とは「Invest to earn(I2E)編」|廃猫

ザ・サンドボックスの動向

ザ・サンドボックスは提携先の企業を増やしたりして、現在も発展を続けている。

最近では先月21日、米著名ニュース誌「TIME」が、ザ・サンドボックスと提携し、バーチャル版「タイムズ・スクエア」を構築する計画を発表。TIMEが保有するランドに、ユーザーの召集や芸術、商業のための目的地として、NY市マンハッタン区ミッドタウンにある繁華街・交差点の「タイムズ・スクエア」を再現するという。

関連米TIME、ザ・サンドボックスで「タイムズ・スクエア」構築へ

また同日、株式会社Mintoが、ザ・サンドボックスおよび株式会社TSUBASAと協業し、「キャプテン翼Land」のプロデュースを行なうことを発表。ザ・サンドボックスは世界中のアパレル・IP(キャラクター等の知的財産)ブランドと提携しているが、日本発の漫画作品IPブランドとしては、「キャプテン翼」との提携が初の取り組みとなる。

関連The Sandboxが「キャプテン翼」と提携、Mintoと共同でLANDプロデュースへ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します