CoinPostで今最も読まれています

国際決済銀行CPMIとIOSCO、ステーブルコインに関するガイダンス発行

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国際的基準設定機関によるガイドライン

国際決済銀行(BIS)の決済・市場インフラ委員会(CPMI)と証券監督者国際機構(IOSCO)は13日、ステーブルコインに対する規制ガイダンスを発表した。

CPMIは、主要国・地域の中央銀行で決済システムなどを担当する幹部により構成される基準設定団体で、BISが事務局を務めている。IOSCOは、世界の証券規制当局のための主要な国際政策フォーラム・基準設定機関である。

ガイダンスは、「同一リスク、同一規制」の原則を適用し、ステーブルコインの取り決めについて、支払・清算・決済システムに関する国際基準を遵守すべきと確認するものだ。

公式発表によると、これは「大きな一歩」であり、CPMIとIOSCOは、今後もステーブルコインの取決めに関連する規制、監督、監視の問題を検討し、他の基準設定機関とも連携していく予定だという。

ステーブルコインとは

価格が常に安定している(stable)仮想通貨を指す。ステーブルコインは暗号資産の一種で、BTCやETH、XRPなど変動性のある資産とは異なり、米ドルなどに裏付けられその価値($1)を保つことが目的だ。米ドルの裏付けによるステーブルコイン(USDT・USDC)のほか、DAIやUSTといったアルゴリズムを利用するステーブルコインもある。

▶️仮想通貨用語集

UST騒動にも言及

CPMI議長のサー・ジョン・カンリフ氏は、アルゴリズム型ステーブルコインUSTのディペッグ騒動にも触れて、次のようにガイドラインの必要性を示した。

最近の暗号資産(仮想通貨)市場の混乱では、多くの人が犠牲となったものの、システミックな出来事(より広範な金融システムにリスクを波及させる出来事)ではなかった。

しかし、信用が損なわれるスピードや仮想通貨のボラティリティ(価格変動)がいかに高いかを浮き彫りにしたものだ。特に、これらの市場が力強く成長しており、仮想通貨と伝統的な金融との結びつきが強まっていることを考えると、こうした事象は将来的にシステミックになる可能性がある。

CPMIとIOSCOは、ステーブルコインの現在の主な活用事例として、法定通貨と仮想通貨をつなぐブリッジとしての役割、仮想通貨デリバティブ取引における担保の役割、DeFi(分散型金融)における取引、レンディングでの役割などを特定している。また、将来的にさらに広い役割を果たす可能性にも触れた。

「金融インフラ原則の遵守が求められる」

ガイダンスは全体的に、ステーブルコインが金融市場インフラストラクチャ原則(PFMI)の関連原則をすべて遵守することが求められると確認するものだった。

PFMIは、CPMIとIOSCOが発行した、金融インフラ(決済システム、証券中央預託機関、証券決済システム、中央カウンターパーティ、取引情報蓄積機関)に関する国際標準である。PFMIは、主に以下のような項目についてガイダンスを提示している。

  • 金融インフラを脅威から回復させるための取り決め
  • サイバー犯罪などのリスク抑制
  • FX商品の清算
  • 各国中央銀行の原則を金融インフラに当てはめる方法
  • 重要なサービス提供者を監督する上での評価方法
  • 情報開示枠組

PFMIに基づき、今回のステーブルコインへのガイダンスでは、「ガバナンス、包括的なリスク管理のための枠組み、決済の最終性、資金決済」などについて詳しく提示された。

例えば、「ガバナンス」の項目では、スマートコントラクトのみで自動的に運営されるステーブルコインの場合は、コードで事前に確立したこと以外の不測の事態に対応することが難しいと指摘。必要な時には、人間が調整・変更できるようにするような取り決めが必要となるかもしれないと述べている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。
06:25
ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達
米資産運用大手ブラックロックの現物仮想通貨ビットコインETFの上場申請について、流動性提供のためのシードファンディングを10万ドル受けたことが判明した。
06:05
米SEC、グレースケールのイーサリアムETF上場申請の可否判断を延期
米SECは5日、グレースケールの仮想通貨現物イーサリアムETF上場申請の可否判断を延期した。今年中にビットコイン・イーサリアムのETF申請に対するSECの承認はされない見込みだ。
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア