仮想通貨の冬はいつ終わるか、グレースケールが分析

ビットコインの購入チャンスを分析

米大手暗号資産(仮想通貨)運用企業グレースケールは17日、現在の弱気相場に関するレポートを公開した。

レポートの中でグレースケールは、ビットコイン(BTC)の価格をもとに市場のサイクル(周期)を分析。その上で、2022年6月13日から271日間が、安くビットコインを購入するチャンスだと述べている。

グレースケールとは

米最大手の仮想通貨運用企業のこと。ビットコインの価格と連動した「Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)」やイーサリアム(ETH)の価格と連動した「Grayscale Ethereum Trust(ETHE)」など複数の投資信託を運営している。

▶️仮想通貨用語集

グレースケールは、従来の経済や金融市場にはサイクルがあり、それは仮想通貨市場も同様であると指摘。2021年3月のコロナショックは極端な事例として省くとし、サイクルを以下のグラフのように表現した。グレースケールは、仮想通貨市場における1つのサイクル期間は平均的に、最大4年もしくは約1,275日だと算出している。

その上で、さらに細かくビットコインを購入するのに適した期間を分析。6月13日からを購入チャンスとした根拠は、その日にビットコインの実現価格(Realized Price)が市場価格を下回ったためだと説明している。

実現価格とは、実現時価総額を現在の流通供給量で割って算出され、マーケットの分析でよく利用されている指標。実現価格はデリバティブ(金融派生商品)などの影響を加味せず、単純な市場価格よりも現物取引額を知るために適しているとされる。グレースケールは「通常のサイクルでは、実現価格が市場価格を下回った時点を、買いのチャンスの始まりと捉える見方がある」と説明した。

実現価格をもとにしたサイクルの過去のデータは以下。コロナショックは例外とし、実現価格が市場価格を下回っていたのは、2014年10月4日から303日間、2018年11月19日から268日間だったとした。上述した271日という期間は、このデータをもとに算出しているという。

レポートの内容

今回のレポートは「導入」から始まり、上述した「サイクル」、その後は「サイクルの歴史」、「オンチェーンデータ」、最後に「今後」について掲載している。

関連ビットコイン反転上昇、来週からは様子伺う展開が濃厚か|bitbankアナリスト寄稿

今後に関する最後の節では、「経験豊富な投資家にとって、仮想通貨の大きな価格変動や80%の下落は初めてのことではなく、新しい資産クラスではよく起こりうることだ」と説明。そして「グレースケールは、仮想通貨業界を支える技術が、フィンテックやエンターテイメントなどデジタル生活の全てを変革する可能性を持っていると信じている」とした。

またレポートの最後では、「市場のサイクルを繰り返すことで、エコシステムは強化されている」とし、「価格下落や清算、ボラティリティ(価格変動性)を経験しても、仮想通貨業界は可能性を押し上げて、発展していくだろう」と述べている。

関連FTXサムCEO、「最悪の事態は過ぎ去った」

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します