仮想通貨の市場心理「Extreme Fear」水準に再転落、ETH反発はThe Merge進捗を好感か

仮想通貨市況

24日の米株式市場では、ダウが前日比59ドル(0.2%)高と反発した。 4営業日ぶりに下げ止まりを見せたものの、ジャクソンホール会議を控え、手控えムードが強い。

外資系FX企業Oandaのアナリストは、「金融市場のリバウンドに十分な出来高が伴っていない。多くのトレーダーは、ジャクソンホール会議におけるパウエルFRB議長の姿勢を見極めようとしている」と指摘した。

金利先物市場では、9月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75%の利上げ確率を58.0%ほど織り込む中、FRB(米連邦準備制度)の姿勢に2023年上半期までにピボットの明確な兆候は見られない。過去類を見ない金融引き締めペースでさえ、現在のインフレ高進抑制に対して不十分と見る向きが強く、長期化懸念は払拭しきれていない。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比1.5%高の21,554ドルに。引き続き狭いレンジ内で推移しており、様子見基調か。

BTC/USD 日足

Glassnodeのオンチェーンデータ分析ブログによれば、「ビットコインは約3週間に渡って実現価格を上回って取引されるなど、ひと時の安堵をもたらしたが、一方でネットワーク活動の弱さが露呈していた」という。

取引所のフローは2020年後半の水準に巻き戻っており、新たな資本流入が見られず、投機的関心も著しく低下した。

Glassnode

また、短期保有者のSOPR(90日平均)では、次のようなデータが見られた。

Glassnode

SOPR(Spent Output Profit Ratio)は、BTCホルダーの利益率を表す指標。ブロックチェーントランザクションから受金時の購入価格と送金時の売却価格の差分を算出するもので、SOPRの低下は、投資家が損失確定して売却(損切り)したことを意味する。

特に意識される閾値は「1.0」のクロスオーバーであり、利益確定の戻り売りをこなした上でこれを超えてくるようであれば、市場に流れ込んだ新しい資本が短期保有者の利益分を吸収しきり、過去の例からもトレンド転換シグナルとして機能し得るとされる。

例えば、上図でSOPR(90日平均)がクロスオーバーしたのは、19年5月、20年5月(コロナショック後)、21年9月となっており、その後いずれも強気トレンド転換を鮮明にしている。

現在の市場構造は、前回の仮想通貨バブル崩壊後(2018年後半)の弱気相場に匹敵するが、持続的な上昇トレンドに必要な収益性、及び需要流入などマクロトレンドの反転は現時点では確認されていない。

この点についてGlassnodeは、現在は底固めフェーズである可能性が高く、マクロ経済の不確実性に左右されやすい状況下にあることを総括した。

市場心理を示すCrypto Fear & Greed Indexは、14日時点で「中立」の47まで回復したが、その後の地合い悪化に伴い反落。わずか10日間で極度の恐怖(総悲観)を示す「Extreme Fear」まで転落した。

Crypto Fear & Greed Index

弱気相場の長期化局面において、投資家の高い警戒心を示している。

一方、Whalemapのデータによれば、BTCの最大確率損失(MPL)は大規模なパニック売りを示しており、過去の傾向を踏襲すれば短期的な底値となり得る。

アルトコイン相場

時価総額2位のイーサリアム(ETH)は前日比4.2%高と反発。ビットコインの前日比1.5%高と比較して強めの買い戻しが見られた。直近1ヶ月の騰落率では、BTCの前月比1.29%高に対し、ETHは前月比15.4%高と明暗を分けている。

前月比ではBNBが19.1%高、ポルカドット(DOT)が12.2%、イオス(EOS)が51.8%高と一部主要アルトへにも買いが集まった。

ETHの反発は、イーサリアム財団が24日に大型アップグレードThe Merge(ザ・マージ)の実施日程を正式発表したことも材料視されたものと見られる。マイニングの最終合計難易度(TTD)を元に、9月10日から20日の間に実施される見込み。

仮想通貨史上「最も重要なアップグレード」の一つとして数えられるThe Mergeは、入念な準備の下すでに複数段階のテストネットを完遂し、最終段階のメインネットを残すのみ。ドレスリハーサルとされた最終版の第3テストネット「Goerli」におけるマージ実装も成功を収めている。

9月6日に予定する合意レイヤー(CL)のアップグレード「Bellatrix」を経て、バリデータの管理チェーンであるビーコンチェーンをアクティベート。その後、実行レイヤー(EL)のアップグレード「Paris」へと移る予定だ。

詳細:イーサリアム財団、「マージ」の実施日程を正式発表

マージ実装後は合意形成アルゴリズムがPoWからPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へと移行することになるが、ネットワーク上でマイニング(採掘)ができなくなることから、利益を享受できなくなる既存マイナー(採掘業者)の一部はこれに反発。

分岐を伴うハードフォークにより反旗を翻す可能性が生じており、新トークンETH PoW(ETHW)付与に関する動向も投資家から高い関心を集める。

関連:イーサリアムPoWフォーク:新トークン付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します