CoinPostで今最も読まれています

NEARの年次カンファレンス「NEARCON」注目点まとめ 140億円規模のVCファンド設立、USDT稼働など

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

クリエーター向けのVCファンドとラボの設立

ポルトガルのリスボンで11日より開催中の暗号資産(仮想通貨)NEARの年次カンフェレンス「NEARCON」で、エコシステムの成長を示唆する多くの動きが発表されている。12日に発表された内容で注目すべきものをまとめた。

クリエーター向けファンドの創設

NEAR財団は投資会社Caerus Venturesと戦略的パートナーシップを結び、140億円(1億ドル)規模のベンチャーキャピタルファンド及びベンチャーラボを立ち上げる。このファンドは、スポーツ、音楽、映画、ファッション、アートに焦点を当てたWeb3のイノベーションを促進するもので、そのクリエーターを支援するために使われる。

次世代プラットフォームの構想から認証、テストと構築を行うベンチャーラボに最初の投資を行うという。

NEAR財団のMarieke Flament最高経営責任者は、 「スポーツ、映画、音楽などの文化に対する情熱」がこれまで、多くの消費者を新たなテクノロジーに引き込むこと成功してきた歴史に言及。このような文化とエンターテイメントの力で、ブロックチェーンの大規模な普及も促進できると考えているようだ。

Caerusは、エンターテインメント業界で20年の経験を持つIMG/Endeavorの幹部であるNathan Pillai氏が設立。「Web3の技術は、文化体験、エンターテイメントの消費、価値の流通のあり方を変えるものだ」と同氏。さまざまな分野で新たなプラットフォームやアプリ、サービスを生み出す「革新的な触媒」となることで、クリエーターと消費者に「より高い公平性」をもたらすと述べた。

テザー社と提携

NEAR財団はステーブルコインUSDTを発行・管理するテザー社との提携を発表。NEARネットワーク上でUSDTの稼働が開始された。

USDTはイーサリアムやソラナなど他のブロックチェーンでも利用されており、NEARは11番目となる。

Senderウォレットが6.4億円調達

NEARプロトコルを基盤とするSender Walletは、仮想通貨投資企業Pantera Capitalが主導する投資ラウンドで、約6億4,000万円(450万ドル)を調達したと発表した。今回の資金調達は今年4月に、バイナンス・ラボが主導したシードラウンドの資金調達に続くものだ。

Sender Walletは非カストディ型ウォレットで、仮想通貨の送受信だけではなく、スワップやステーキング、NFT(非代替性トークン)の保管も可能だ。現在、累計ダウンロード数(ブラウザ及びモバイル用)は50万超で、ハードウェアウォレットのLedger及びKeystoneにも接続可能。また、NEARエコシステムの30以上のプロジェクトと統合を完了したという。

Sender Lab創設者のKenny氏は、「来年、新たな市場のホットスポットが到来する頃には、Senderのユーザー数は1000万人を超えると予想している。」と語り、今後の展開に自信を見せた。

関連:「Near Protocol」基盤のウォレット、バイナンスなどから資金調達

NEARのDeFIアプリのアクセスを機関投資家に

NEAR財団はまた、仮想通貨のカストディ及び決済技術を提供するFireblocksがNEARへの統合を完了したと発表した。この統合により、BNYメロンやクレディ・スイスをはじめとする1,500社以上の機関投資家が、Fireblocks社のプラットフォームから直接、NEARアプリケーションへアクセスが可能になる。

Fireblocks社は現在、1,500以上の銀行、ヘッジファンド、金融機関を顧客に抱え、これまでに285兆円(2兆ドル)以上の仮想通貨の送金を実現してきたという。

機関投資家は、分散型金融(DeFi)エコシステムの革新的な製品に、ますます興味を持つようになっていると、Proximity社のKendall Coleディレクターはコメントし、NEARが提供するDeFi製品の多さに言及した。

学んで稼ぐ

さらに、米大手仮想通貨取引所コインベースとの提供により、Web3について学びながら稼ぐ「Learn2Earn」プログラムを提供すると発表した。NEARエコシステムとそのネイティブトークンの有用性についての教育プログラムで、NEARのステーキング報酬で資金を提供する。

「最高のWeb3のエントリーポイント」としてNEARの特徴をユーザーに知ってもらうプログラムとして、「Coinbasse Earn」の名称で提供されるという。

コインベースは1日、NEARの新規取扱を発表している。

関連:米コインベース、NEARの新規取扱を実施へ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。
10:45
仮想通貨「Avail」、取引所バイビットなどに新規上場へ
モジュラー・ブロックチェーン「Avail」による新規発行の仮想通貨「AVAIL」はバイビットなど複数の取引所へ新規上場する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア