Rakuten NFTが「ご当地NFT」セクション新設、自治体発行のNFT販売へ 第一弾は京都市の「京乃つかさ」NFT

京都市のNFTが第一弾コンテンツ

楽天グループ株式会社は16日、運営するNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Rakuten NFT」に、地方自治体などがNFTを販売する「ご当地NFT」セクションを新設したと発表した。

「ご当地NFT」は、都道府県や市区町村などの自治体および関係団体が、地元出身アーティストの作品やご当地キャラクターの動画・画像など、地域にゆかりのあるNFTコンテンツを販売する場となる。

第一弾コンテンツは、京都市の広報キャラクター「京乃つかさ」のNFT。

「京乃つかさ」は、京都市の広報紙「市民しんぶん」のキャラクターで、2021年3月に登場。同紙PRのほか市の各事業全般で活用されており、ふるさと納税のポスターなどにも採用されている。

関連:Rakuten NFT、今秋よりイーサリアム決済対応へ

NFTの販売は、17日から18日にかけてバーチャル開催される「京都国際マンガ・アニメフェア2022(京まふ2022)」で行われる予定(17日11時から販売開始)で、イベント会場のメタバース「京都館PLUS X」内のメインステージモニターから販売サイトにアクセスすることで購入可能。

価格は11,111円で枚数が限定111枚、決済には日本円のほか、クレジットカードや楽天ポイントが使用できる。今回の価格と枚数は、「京まふ」が今回11回目を迎えることにちなんで設定されたと京都市は説明した。

NFTアートは、京都精華大学を卒業したクリエイターの南岡明花音氏が「新しい京都・新しい京まふ」をイメージして作成したもの。アート自体は「京まふ2022」のメインビジュアルにもなっている。

「京都館PLUS X」は、東京の「京都館」が閉館後にオープンしたメタバースで、京都の魅力を発信し、同時に渋谷に住む人と京都市に住む人が交流できる場として提供されている。アクセスはPCとスマートフォンから可能だ。

「ご当地NFT」は今後拡張されていく見通しで、楽天は、出品自治体数や出品数は、順次増加していくとしている。将来的には、自治体が販売するNFTコンテンツを「楽天ふるさと納税」の返礼品として活用できる仕組みも導入する計画だ。

関連:ふるさと納税でビットコインが貰える bitFlyerがキャンペーン実施

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

今秋にはイーサリアム決済に対応予定

「Rakuten NFT」は、スポーツや、音楽・アニメなど様々な分野のNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイス。

ローンチは22年2月に行われ、サービス開始以降、主に日本発のNFTコレクションを精力的に取り扱っていることで知られる。

14日には、2022年秋から暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)での決済に対応することを発表。対応直後は、1次流通(IPホルダーがコンテンツ販売を行う)NFTのみ購入可能だが、将来的には2次流通(個人間売買)での支払いや代金の受け取りでも利用可能になる予定だ。

関連:GMO NIKKOが「メタバース ラボ」設立、メタバース関連ビジネスをサポート

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します