メタバースアイドルの「オーバース」、秋元康氏が総合プロデューサーに

IEOは2023年初頭に実施予定

株式会社オーバースは16日、同社のアイドルとメタバース(仮想現実)の融合を目指すプロジェクトの総合プロデューサーに、AKB48や乃木坂46などを手掛けたことで知られる秋元康氏が就任したと発表した。

オーバース社の新アイドルプロジェクトは、「ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」がミッション。

NFT(非代替性トークン)技術を使ったデジタルグッズの提供や、メタバースを通じた世界へのアイドル活動の発信等を計画している。

オーバースは今年の6月に、暗号資産(仮想通貨)取引所DMM BitcoinでのIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)開催に向けて、準備を始めたことを発表。独自トークンNippon Idle Token(NIDT)を発行し、2023年のIEO実施及び仮想通貨取引所での取引開始を目標とすることを公表。

関連:アイドルとメタバースの融合目指す「オーバース」、DMM BitcoinでIEO実施へ

今回、秋元氏が就任した「総合プロデューサー」は、新規アイドルグループの基本的な方向性や活動コンセプトを統括する役職。就任について「プロジェクトの趣旨を粘り強く説明し検討していただいた結果、引き受けていただけることになりました」と、同社は説明している。

IEOとは

仮想通貨取引所での取引開始を前提とした新規に発行する仮想通貨による資金調達手段。JVCEA(一般社団法人日本暗号資産取引業協会)や金融当局による対象事業の審査対応を含め、プロジェクトの資金調達を仮想通貨取引所が支援する仕組みを指す。

▶️仮想通貨用語集

オーバース社は今回の発表に伴い、IEO実施時期を含む今後の具体的なスケジュールを公開した。詳細は以下の通りとなっている。

  • 2023年初 IEO実施
  • 2023年春 メンバー募集・選考
  • 2023年夏 メンバー最終選考、決定、育成 新アイドルグループ結成
  • 2023年秋 新アイドルグループお披露目
  • 2023年冬 新アイドルグループデビュー、メタバース始動

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

アイドル支援に使えるトークン

オーバース社が発行を計画している「NIDT」はイーサリアム(ETH)の規格「ERC-20」で発行されるユーティリティ・トークン。

利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援及び支援に使用できる。メタバース内で展開されるコンサート、イベント、NFT(トレカ・ゲーム)等などのアイドル活動全体において、NIDTエコシステムが形成される見通しだ。

なお、IEOを実施するDMM Bitcoinを運営している合同会社DMM.comは最近、メタバース領域への注力を強めており、9日には新たなメタバースプロジェクト「Mid Mega City(MMC)」の立ち上げを発表している。

関連:DMM、新メタバースプロジェクト「Mid Mega City」立ち上げ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します