CoinPostで今最も読まれています

「CoinPostの初期メンバーが映画事業に踏み出した理由」コインポスト社員インタビューVol.1

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メディアでキャリア形成する意義とは

数年ぶりとなる社員インタビューでは、営業部の中辻 諒に再登場いただきました。

海外営業のエースでもありながら、CoinPostの新規事業の一つである「映画部門」の責任者を務めることになった中辻に、営業部として求める人材や「ブロックチェーン×映画」という新規事業について伺いました。

自己紹介

ロンドンの大学を卒業し、イギリスに4年間留学していました。前回のインタビューでも触れたのですが、その後に、ドローンの企業でインターンをしていた中で、ビットコインについての存在を知りました。自分の場合は、海外生活が長かったのもあるかもしれませんが、人権問題や国際問題に興味があり、そこからブロックチェーンに興味を持ちました。

日本に帰国したところ、友人から暗号資産メディアを立ち上げるということを聞き、創立初期から参画することができました。

CoinPostの初期メンバーとしてジョインした後、記事を執筆するライターも務め、様々なイベントにも積極的に参加。

その後、新設された「営業部」に所属するとともに「Youtube事業」のスタートにも携わりました。さらに最近では、監督とのご縁があって「ブロックチェーン×映画」をコンセプトにした事業を立ち上げ、その事業責任者を務めています。

▲カンヌ映画祭の会場付近で配布された”バイナンスピザ”を手に満面の笑み

関連:​​暗号資産題材の映画「THE RHETORIC STAR」事業計画発表会を3月26日に開催

仮想通貨やブロックチェーンに興味関心をもった理由

先ほど自己紹介でもお話したように、海外で生活を送る中で、国籍を持たない人々や移民の方々にお会いして、様々な環境下でイギリスに滞在される方を見たり、またグローバルな視点で通貨や言語、人種の方に触れることで世界を包括的に見ることができるようになりました。

そして、国際問題の中で後進国の方々は不利なことが多く、国に依存せずにそれらを解決するのにブロックチェーン技術が利用されていることを知り、ブロックチェーン技術に興味を持ちました。

あなたから見てCoinPostはどういう会社か

裁量権の大きい企業だと思っています。自由な社風であり、提案をしやすい雰囲気で、的確なフィードバックをいただくことができる上、その案が良ければ新規事業を立ち上げられるからです。

実際に、現在進行している動画・映画事業は私自身が提案し事業化できたものですし、提案したアイディアに関して非常によく考えてくれる企業であると感じます。

営業時に気をつけていること

先方目線で物事を考えることです。現時点での問題点をヒアリングすることが重要であると思っていて、自分も意識しています。

映画業界に踏み出した理由

CoinPostはオンラインメディアですが、その延長線上にマスメディア、テレビ局があると思っています。しかし、また別の軸で見ると、メディアを含む映画というものがあると思っていまして、そこにメディアとしての新しい未来を期待し、映画業界に踏み出しました。

また、監督をしている昔からの知人に、この映画作成の話をしたところ、これはCoinPostとして、他社には真似できない面白い新規事業になるのではないかと後押しされた事もあり、社内提案させていただきました。

どんな方がCoinPost(営業部、映画事業)に向いているか

メディアの営業部であるので、やはり様々な企業に興味を持つことができる方。また、他社のサービスなどを沢山学ぶことができるため、起業したい方にも向いていると思います。

映画事業に関して言うと、新しいプロジェクトであり、予測が困難であるといったことがあるので、未来を見据えて計画を立てられる、失敗、成功含めてシュミレーションが出来る方が向いていると思います。

また、単純に映画が好きな方にとっては非常に興味深い業務であると思っています。恐らく、日本のみならず世界的に見ても新しい試みが多いので、純粋に楽しめると思います。 

こんな方と一緒に働きたい

まずは、行動力があって自分の意見をしっかり言える人ですね。フットワークが軽く、バイタリティがある人はCoinPostの社風にあっていると感じます。また、クリプト業界は幅広いので、最新技術を学びたいとか、グローバルマインドを持っている方とは過ごしやすいと思います。

CoinPostには様々な宗教観を持った方もいらっしゃいますし、多様な人種、国籍の方がジョインしやすい環境にあると思っています。 

どのようなキャリア設計を組むにしても、メディアという職業に携わることは、自分のキャリア形成として、とても良い糧になると感じています。理由としては、様々な企業や人々と近い距離でお会いすることが出来るので勉強になるからです。

CoinPostはメディアとして認識されがちですが、様々な事業が展開されているので、新規事業を立ち上げてみたい方も大歓迎です。実はと言うと、自分がメディアに就職するなんて思ってもいませんでした。Web3で事業を展開したい方こそ、CoinPostにジョインして欲しいと思っています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア