CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン相場は「嵐の前の静けさ」か、Glassnodeが分析 FOMC議事録とCPI発表目前

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

昨日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比36ドル(0.1%)高に。ハイテク株中心で暗号資産と連動しやすいナスダックは1.1%続落した。

ロシアとウクライナの対立激化が地政学リスクを一段と高める中、日本時間13日3時頃に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録要旨の公開、13日21時半にCPI(米消費者物価指数)の発表を控えることで、相場の不確実性を嫌ったポジション調整が進んだ。

直近2ヶ月ほどでは、重要指標通過後はいずれも相場急落の憂き目に遭っており、警戒感が燻っている。11月FOMCの0.75%の大幅利上げは織り込み済とみられるが、今回のCPI結果を受け、12月以降のFOMCに影響を及ぼす可能性が高まる。

関連:世界の投資家が注目する米金融政策決定会合「FOMC」とは

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.01%安の19,053ドルに。

Glassnodeは10日、最新のニュースレターで、現在のビットコインを取り巻く市況感について”嵐の前の静けさ”と形容した。

ここ数週間は、株式、債券、外国為替市場と対照的に比較的穏やかなボラティリティ(価格変動性)による価格推移を辿っているが、ネガティブな材料は枚挙にいとまが無い。

BTC市場は、テラ(LUNA)の崩壊と大手ベンチャーキャピタルThree Arrows Capital(3AC)の破綻に端を発した5〜6月の暴落を経て、先物取引のレバレッジポジションを一掃。以降、120日以上に渡ってレンジ内で値固めされてきた。

相場のストレスを推し量るにあたり、売り手の枯渇度合いを憶測する手段の一つとして、ビットコインの「Percent Supply Profit(週平均)」が挙げられる。

Glassnode

同オンチェーンデータは、保有されているビットコインの黒字比率を割り出したもので、50%以下は売られすぎ水準に該当する。

過去の歴史では、2014〜2015年の弱気相場で40〜41%、第1次仮想通貨バブル崩壊後の2018〜2019年で41〜42%、2020年3月のコロナ・ショックでは47%に達し、いずれも大底を形成。その後、相場は反転上昇した。

過去最高を更新したビットコイン・ハッシュレートと、採掘難易度の大幅上昇を受け、中小マイナーの多くが事業存続の窮地に立たされている可能性も指摘される。

一部では、普及率の高いマシンの損益分岐点1BTC=18,000ドルとの試算もあるが、暗号資産投資企業NYDIGの最新の調査によれば、現在のBTC価格は、最新鋭のマイニングリグと安価な電力へのアクセスを備えた大手マイナーの損益分岐点を遥かに上回っている。

一方、ハッシュレート上昇の競争激化に伴い、BTCマイナーがハッシュレート単位あたりに得る収益であるハッシュプライスは、20年5月の半減期直後に見られた安値付近まで減少しており、ピーク時の1/4程度まで採算性が悪化しているのも事実だろう。

NYDIG

ビットコインマイナーの収益は、現時点で1716万ドル/日。2021年の半減期以降、約10分間で6.25BTCが採掘され、1日あたり900BTCが供給されている。

アルトコイン相場

個別銘柄では、ApeCoin(APE)価格が、前日比7.7%安と急落した。

Messari

米大手メディアのブルームバーグは12日、米SEC(証券取引委員会)が、Bored Ape Yacht Club(BAYC)などの開発企業「Yuga Labs」の調査に入ったことを報じたことから、リスク回避売りが入ったされたものとみられる。

報道によれば、SECはYuga Labsに対し、NFT(非代替性トークン)などデジタル資産の販売、及びBAYCホルダー向けにエアドロップされたAPEについて、連邦法に違反しているかどうかを焦点に証券法違反の疑いで調査している。

現時点では調査の一環であり、起訴されない可能性もあるとされる。

関連:初心者でもわかる「エイプコイン(APE)」とは|特徴や将来性を解説

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア