CoinPostで今最も読まれています

​コンテンツ業界団体、自民党Web3チームに「日本発NFTのグルーバル拡大に向けた環境整備案」を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTに関する取り組みを報告

一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は27日、自民党のWeb3プロジェクトチームに対して、NFTに関する取り組みについての発表を行った。

JCBIは、ブロックチェーン技術を活用した共同運営型のプラットフォームにより、日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションを促進するための企業連合。

2020年2月に7社共同で任意団体として発足以降、様々な業界の企業が参加しており、22年6月にはソフトバンクや博報堂プロダクツなどが新たに加入、現時点での参画企業は合計50社となっている。

今回の発表は、JCBIの著作権流通部会が担当し、「日本のコンテンツNFTの安心・安全なグローバル流通拡大に向けた環境整備の取り組み」を説明。

取り組みの要点(現在の課題)として挙げられたのは、以下の3点。また、それぞれの取り組みの基盤となっているパブリックブロックチェーン「Sanpō-Blockchain」の解説も資料を通して行われた。

  • 非正規NFTによる消費者被害
  • 無許諾NFTによる権利者被害
  • サービス間の相互運用性の不足

「Sanpō-Blockchain」について

「Sanpō-Blockchain」は、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)からハードフォーク(分岐)した、日本発のLayer1のグローバル・パブリックブロックチェーン。JCBIが、パートナーとして同コミュニティを支援している。

同チェーンは、一般的なNFTのデータ仕様(ERC721)とは異なり、コンテンツにまつわる権利情報の記録領域をトークン上に追加できるリファレンス実装を提供しており、権利者が安全に利用可能。

NFTの発行や移転には、ガス代(手数料)が必要ないのも特徴だ。関連するソフトウェアを開発するオープンソースコミュニティ「Sanpō」も活動している。

出典:JCBI

ウォレットとコントラクトの法人KYC認定を実施

JCBIは、NFTを購入する際、利用者の多くが製品が本物ではない可能性があることに不安を感じていると指摘。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査を引用し、同調査の回答者の57.8%が非正規NFTに関する懸念を有していると説明した。

同部会は、対策として、NFTを発行する「ウォレット」とコントラクトを管理する「法人」を認定し、JCBI公式HPで公開するという試みを行っている。

関連:JCBI、自民党にNFTビジネス報告書を提出

NFTとは

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

手続きは、まず法人がKYC(本人確認)書類を提出し、そのウォレットアドレスの電子認証が行われる。その後、コントラクトアドレスのブロックチェーンデータが検証され「Sanpō-Blockchain」記録される形だ。

将来的には、国内外のNFTマーケットプレイスと、認定パートナーとして提携し、NFT販売ページ上に認定マークを表示することも構想中。認定パートナーは、情報が記録されたSanpō-Blockchainにアクセスして、認定有無を確認でき、消費者もNFTの発行元を購入前に確保できる。

侵害対策ソリューションを提供へ

無許諾NFTに関する対策については、「Sanpō-Blockchain」に証拠データを記録できるシステム「C-Guardian(シー・ガーディアン)version2.0」の準備が進行中。

JCBI加盟企業3社(博報堂、原本、ケンタウロスワークス)が開発を進めており、11月にローンチされる予定だ。

出典:JCBI

「C-Guardian」は今後、NFT購入者や発行アーティストのファンが利用することも想定されており、無許諾のNFTを発見した場合に、同プラットフォームを使って証拠保全する、といった使い方が計画されている。

証拠保全を行った人に対してはインセンティブトークンが発行され、クリエイターや権利者の限定コンテンツを付与されるという。

関連:日本政府、Web3の環境整備を本格化 骨太方針を閣議決定 

オープンソースソフトウェアを無償配布

またJCBIは、多くの事業者が短期的なマーケティングを優先した結果、NFTの長期的な価値創造に必要な相互運用性(インターオペラビリティ)を考慮したサービス設計が不足していると、資料で述べた。

この対策のため「Sanpō-Blockchain」のコミュニティが22年9月、NFT向けのデジタルウォレットのソースコードをGithubに公開して無償配布したことをJCBIは紹介。

当該ウォレットを導入した企業のサービスでは、認定企業が発行したNFTを保有する(他社)ユーザーが、企業サービスでNFTを使用可能にする仕組みだ。

スマートフォン向けの展開も予定されており、、チェーン上のウォレット&コントラクト認定企業のNFTを保有、閲覧、移転できるウォレットが、2023年1月より、AppStoreとGooglePlayで無料配信される見通しとなっている。

出典:JCBI

関連:「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
16:12
香港当局、ビットコインとイーサリアムの「現物ETF」を上場承認
香港当局は15日、アジア初となるビットコインETFとイーサリアムETFの上場承認を行なった。中国マネーの流入や米SEC(証券取引委員会)におけるイーサリアム現物ETFへの影響が注視される。
13:52
オーストラリア当局、無認可の仮想通貨マイニング企業3社を提訴 
豪当局は仮想通貨マイニング企業3社を提訴した。金融ライセンスを取得せずに、年金ファンドで仮想通貨関連商品に出資するよう勧誘していたとされる。
11:52
ビットコイン急落後の週明け相場、2400億円相当の大規模ロスカットも
イスラエルとイランの対立先鋭化および中東情勢悪化に伴いビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)相場が暴落して迎えた前週末。先物市場では2400億円相当の大規模ロスカットが発生した。
11:24
米コインベース、対SEC裁判の証券性判断めぐり中間控訴求める 
米仮想通貨取引所コインベースは、米SECとの訴訟で、投資契約の定義をめぐり控訴裁判所に中間控訴する許可を求める書面を提出した。
04/14 日曜日
11:30
ビットコイン過去最高値8万ドルも視野、半減期に向けた地ならし整ったか|bitbankアナリスト寄稿
来週末頃に半減期を迎えるビットコインは、テクニカル的な地均しは整ったとの見方も。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|BTC半減期分析に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインの半減期に関するコインベースやアーサー・ヘイズ氏の分析、メルカリにおけるビットコイン決済に関する記事が最も関心を集めた。
04/13 土曜日
12:00
アニモカブランズジャパン、今夏NFTローンチパッド立ち上げへ
アニモカブランズジャパンは2024年夏にNFTローンチパッドを提供開始すると発表した。クリエイターやプロジェクトをNFT販売で多角的に支援する。
11:00
複数の米銀行や金融企業、ビットコインETFに投資
この新たな傾向は、仮想通貨ビットコインに対する機関投資家の関心の高まりを示唆するもので、仮想通貨資産の受容と評価に今後大きな影響を与える可能性があるとみられる。
10:00
モジュラー型ブロックチェーンAvail、エアドロップ計画が浮上
Availがエアドロップを行う計画が浮上している。メインネットのローンチ時に様々なL2ロールアップのユーザーなどが対象となる可能性がある。
08:20
イスラエル情勢懸念で株・仮想通貨から米国債やドルに逃避
NYダウやナスダック、仮想通貨ビットコインは、イスラエルがイランからの直接攻撃に警戒との報道を受け大幅安。また、今週発表の強いCPIデータが6月利下げの可能性を後退させ、タックスシーズンに近づいていることもあり、リスクオフの動きが加速した格好だ。
07:05
「仮想通貨取引の申告分離課税検討すべき」自民党web3PT
仮想通貨取引を申告分離課税の対象にすることを検討すべきなどの提言を盛り込んだホワイトペーパーを自民党web3PTが公開。DAOやNFTなど、ほかにも様々な提言を行なっている。
06:35
香港のビットコイン現物ETF、中国から巨額資金流入の見込み
Matrixportの分析によると、香港の仮想通貨ETFは中国本土の投資家から年間最大250億ドルの需要を引き出せる。
06:10
EVM互換L1「Berachain」、シリーズBで153億円調達
ユーザーはBerachainの「プルーフオブ・リクイディティ」のもとで、ネイティブSwap機能からガストークンBERAを取得し流動性を提供することで、ステーブルコインHONEYをミントしたり、ガバナンストークンBGTを獲得したりすることができる。
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア