CoinPostで今最も読まれています

DEA、新作NFTゲーム「Graffiti Racer」を正式ローンチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTの塗り絵がレースするブラウザゲーム

シンガポールを拠点にGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (以下DEA)は31日、塗り絵とレースゲームを題材としたNFTゲーム「Graffiti Racer」を正式にローンチした。

Graffiti Racerは、DEAが運営するGameFiプラットフォームの「PlayMining」上で提供されているP2E(Play to Earn:遊んで稼ぐ)対応ゲーム。同プラットフォームで提供されるNFTゲームは、スマホとネット環境があればWebブラウザ上でダウンロードすることなくプレイできる。

今回Graffiti Racerの正式版ローンチにあたり、DEAのゲーム担当プロデューサーである祝(はふり)達哉氏はこのようにコメントしている。

Graffiti Racerは「ぬりえ」と「レース」という、これまでになかった要素を掛け合わせた新しいタイプのNFTゲームです。

PlayMiningとして追及している「遊んで稼ぐ」というPlay to Earn要素をベースとしながら、「ぬりえ」によってNFTに自分好みの色付けをしてオリジナルのキャラクターを作ることができます。これはNFTが本来持つ「唯一無二」という価値をゲーム体験に取り込むというチャレンジです。

今までPlay to Earnゲームに慣れ親しんだユーザーの皆様以外にも、イラストや創作活動が好きな方々、カジュアルゲームが好きな方々など、いろいろなタイプの方々が、それぞれの楽しみ方を発見することができる新しいタイトルになっていると自負しております。

    

Graffiti Racerのゲームシステム

出典:DEA

Graffiti Racerは自分で色を塗ったNFTキャラでスコアを集めながらレースし、成績に応じて仮想通貨を稼ぐことのできるゲームで、塗り絵とレースゲームの2つの要素を併せ持っている。

まず「シートNFT」と呼ばれる塗り絵の下地を獲得し、NFTキャラに好きな塗装(「フィルム」の作成)をしてレースに参加し、勝利することでDEAが発行する仮想通貨「ディープコイン(DEP)」を獲得することができる。

レースの勝敗を左右するスキルは下地である「シートNFT」によって決まり、レアリティの高いシートほど有利にレース展開を進めることが可能。それぞれのシートにはスキルやパラメータが設定されており、ゲーム内通貨やアイテムなどを使用して育成させていくことで様々なレースを攻略する。

塗り絵の仕組み

塗り絵を施したシートは「フィルム」と呼ばれ、作成したフィルムはゲーム内マーケットプレイスに出品して他のプレイヤーに売却することができる。

塗り絵の下地となるシートに、アイテムを使って塗り絵を施すことで強力なキャラを完成させることも重要な要素で、完成度によりフィルムにパラメータやボーナスが付加される。

スカラーシップ制度、無料プレイ、ミント機能も

塗り絵用のシートNFTを獲得するには、マーケットプレイスで購入するか、あるいは今後のアップデートで実装される「スカラーシップ制度」を利用してNFTの保有者からレンタルすることができる。

スカラーシップ制度を使うことで、プレイヤーはNFTを購入しないでも強力なキャラクターをレンタルしてプレイすることができる。NFTの保有者(オーナー)はレンタル希望者(スカラー)に対して貸し出すことで、レンタル期間中に発生した収益をスカラーへ分配することが可能。分配率や貸出期間、目標達成額などはオーナー側で設定することが可能。

ログインボーナスによって「シート」は無料で受け取れるほか、ゲーム内アイテム(チケット)を貯めることで「シートパック」を入手することもできる。

またディープコイン(DEP)を消費することで所有する2つ分のNFTを合成し、新たなNFTを生成することのできる「ミント機能」も備えられている。

DEAのNFTゲームラインナップ

DEAが提供するGameFiプラットフォーム「PlayMining」では、Graffiti Racer以外にも、「JobTribes」「Cookin’ Burger」「麺屋ドラゴンラーメン」などのNFTゲームがラインナップされており、新ゲームも今後追加予定。

また、DEAが発行するディープコイン(DEP)は国内取引所で販売・取引されており、日本円への換金に対応している。ゲームプレイで収益を得るP2E(Play to Earn)対応モデルが日本円に対応したのはディープコインが初のケースだ。

ディープコインは1日に、国内では3ヶ所目となる暗号資産取引所に上場する予定。

関連:DEA、新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」をローンチ

関連:フォビジャパン、DEAPcoin取り扱いへ

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧