CoinPostで今最も読まれています

DEA、新作NFTゲーム「Graffiti Racer」を正式ローンチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTの塗り絵がレースするブラウザゲーム

シンガポールを拠点にGameFiプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (以下DEA)は31日、塗り絵とレースゲームを題材としたNFTゲーム「Graffiti Racer」を正式にローンチした。

Graffiti Racerは、DEAが運営するGameFiプラットフォームの「PlayMining」上で提供されているP2E(Play to Earn:遊んで稼ぐ)対応ゲーム。同プラットフォームで提供されるNFTゲームは、スマホとネット環境があればWebブラウザ上でダウンロードすることなくプレイできる。

今回Graffiti Racerの正式版ローンチにあたり、DEAのゲーム担当プロデューサーである祝(はふり)達哉氏はこのようにコメントしている。

Graffiti Racerは「ぬりえ」と「レース」という、これまでになかった要素を掛け合わせた新しいタイプのNFTゲームです。

PlayMiningとして追及している「遊んで稼ぐ」というPlay to Earn要素をベースとしながら、「ぬりえ」によってNFTに自分好みの色付けをしてオリジナルのキャラクターを作ることができます。これはNFTが本来持つ「唯一無二」という価値をゲーム体験に取り込むというチャレンジです。

今までPlay to Earnゲームに慣れ親しんだユーザーの皆様以外にも、イラストや創作活動が好きな方々、カジュアルゲームが好きな方々など、いろいろなタイプの方々が、それぞれの楽しみ方を発見することができる新しいタイトルになっていると自負しております。

    

Graffiti Racerのゲームシステム

出典:DEA

Graffiti Racerは自分で色を塗ったNFTキャラでスコアを集めながらレースし、成績に応じて仮想通貨を稼ぐことのできるゲームで、塗り絵とレースゲームの2つの要素を併せ持っている。

まず「シートNFT」と呼ばれる塗り絵の下地を獲得し、NFTキャラに好きな塗装(「フィルム」の作成)をしてレースに参加し、勝利することでDEAが発行する仮想通貨「ディープコイン(DEP)」を獲得することができる。

レースの勝敗を左右するスキルは下地である「シートNFT」によって決まり、レアリティの高いシートほど有利にレース展開を進めることが可能。それぞれのシートにはスキルやパラメータが設定されており、ゲーム内通貨やアイテムなどを使用して育成させていくことで様々なレースを攻略する。

塗り絵の仕組み

塗り絵を施したシートは「フィルム」と呼ばれ、作成したフィルムはゲーム内マーケットプレイスに出品して他のプレイヤーに売却することができる。

塗り絵の下地となるシートに、アイテムを使って塗り絵を施すことで強力なキャラを完成させることも重要な要素で、完成度によりフィルムにパラメータやボーナスが付加される。

スカラーシップ制度、無料プレイ、ミント機能も

塗り絵用のシートNFTを獲得するには、マーケットプレイスで購入するか、あるいは今後のアップデートで実装される「スカラーシップ制度」を利用してNFTの保有者からレンタルすることができる。

スカラーシップ制度を使うことで、プレイヤーはNFTを購入しないでも強力なキャラクターをレンタルしてプレイすることができる。NFTの保有者(オーナー)はレンタル希望者(スカラー)に対して貸し出すことで、レンタル期間中に発生した収益をスカラーへ分配することが可能。分配率や貸出期間、目標達成額などはオーナー側で設定することが可能。

ログインボーナスによって「シート」は無料で受け取れるほか、ゲーム内アイテム(チケット)を貯めることで「シートパック」を入手することもできる。

またディープコイン(DEP)を消費することで所有する2つ分のNFTを合成し、新たなNFTを生成することのできる「ミント機能」も備えられている。

DEAのNFTゲームラインナップ

DEAが提供するGameFiプラットフォーム「PlayMining」では、Graffiti Racer以外にも、「JobTribes」「Cookin’ Burger」「麺屋ドラゴンラーメン」などのNFTゲームがラインナップされており、新ゲームも今後追加予定。

また、DEAが発行するディープコイン(DEP)は国内取引所で販売・取引されており、日本円への換金に対応している。ゲームプレイで収益を得るP2E(Play to Earn)対応モデルが日本円に対応したのはディープコインが初のケースだ。

ディープコインは1日に、国内では3ヶ所目となる暗号資産取引所に上場する予定。

関連:DEA、新作P2Eゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」をローンチ

関連:フォビジャパン、DEAPcoin取り扱いへ

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧