CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRP経済圏、スマコン使わず発行可能なNFTの新規格「XLS20」実装へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRPのNFTエコシステム

暗号資産(仮想通貨)XRPのブロックチェーン「XRPレジャー(XRPL)」で31日、NFT(非代替性トークン)の新規格「XLS20」が実装された。

XLS20は、XRPL上でのNFT作成をより効率化するための規格。リップル社の吉川絵美コーポレート戦略担当VPによると、イーサリアム(ETH)やEVM互換チェーンに用いられる従来の規格とは異なり、スマートコントラクトを使わずに簡単にNFTを発行できるのが特徴。

開発者としては、スマートコントラクトのセキュリティリスクや複雑さを回避して、NFTを運用できる。

同氏はまた「スケーラブルでエンタープライズグレード、ネットワーク稼働してから約10年間で一度もネットワークがダウンした経験がない、金融機関の国際送金のユースケースなどにも使われている百戦錬磨のチェーン」でNFTを発行できるとして、法人利用にも最適と述べている。

また、リップル社デイビッド・シュワルツCTO(最高技術責任者)は、二次流通の取引量の一部を直接還元する自動ロイヤリティ、資産の共同オーナーシップなどの注目機能がプロトコルレベルで標準化されている点を強調。31日のリリースで以下のように述べている。

オンレジャーNFT(台帳組み込み型NFT)により、XRPLは開発者にとって、高スケールでの発行、焼却、取引をサポートする新しいNFTアプリケーション構築のための魅力的な場所となる。

同氏によると、今後、XRPL上で資産をトークン化するためのコードライブラリと、さらなる機能強化がすぐに公開予定。シュワルツ氏は「継続的な反復とコラボレーションを通じて、真のNFTのユーティリティを有用性を解き放つことで、ブロックチェーンの採用における転換点を作り出す」と締めくくった。

ロイヤリティとは

NFTのロイヤリティとは、売買価格の一部が自動的にクリエイターに還元される仕組みのこと。スマートコントラクトではNFTの移転が購入か譲渡かを識別できないため、多くのマーケットプレイスで設定されてきたが、市場競争が激化する中でロイヤリティゼロを取り入れるプラットフォームが台頭。エコシステムの持続可能性を損なうとして昨今議論の的となってきた。

▶️仮想通貨用語集

関連:「最もロイヤリティ収益を上げているNFTは?」Galaxy Digital

育成ファンドが機能

足元では、XLS20を採用するNFTプロジェクトが誕生している。シュワルツ氏は注目のコミュニティプロジェクトとして、xDude、Pixel Ape Rowboat Club (PARC)、X-Tokenize、XRP Junkiesなどを挙げた。

XRPL上に構築されたNFTマーケットプレイスとしては、Sologenicが存在感を高めている。マーケットプレイスで人気のある NFT コレクションとしては、Bullrun Bulls #2、New Generation B1、Batch 4 Collections等がある。

リップル社はXRPLのNFT機能の実装計画(XLS20)について、2021年5月に初めて発表した。2022年の初めにはNFT専用テストネットを公開。8月にXRPLのバリデーター投票で、XLS20は80%の賛成票を得て可決した。

リップル社はまた、2021年9月に2.5億ドル(当時のレートで280億円)のクリエイターファンドを設立。ファンドの対象に選出されたクリエイターやプロジェクトは経済的な支援やXRPLの技術サポート等を受けることができ、XRPL上でエンターテインメントやメディア等のWeb3領域で有益なユースケースを作り出すことが期待される。

22年3月には、第一波(Wave)の対象者を選出。4,000件の応募の中から、映画監督のSteven Sebring氏、作家やプロデューサーとして活躍するJustin Bua氏、NFTエコシステムに携わるxPunksなどが選ばれた。

10月にリップル社は第二波となる7つの対象者を発表したばかり。NFTチケットを活用し、ライブ等を行うことができるメタバースプロジェクト「9LEVEL」や、日本のクリエイターやアーティスト向けのNFT電子市場「Anifie」等が含まれた。

関連:米リップル社、クリエイターファンドの2回目の対象者を発表

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
12:45
イーロンがOpenAIを提訴 ワールドコイン急落
イーロン・マスク氏は、OpenAIとサム・アルトマンCEOに対して訴訟を起こした。「人類の利益のためのAI」という契約に反すると主張している。
10:30
「利下げ延期でビットコイン価格上昇抑制も」グレースケール分析
仮想通貨投資家は特に3月12日のCPI報告と3月14日のPPI報告、次回3月20日のFOMC会合で発表される最新の政策金利ガイダンスに注意しておく必要がある。
08:30
米株指数・日経平均高値更新、ビットコインは62000ドル台を維持
今週の米ナスダックや日本の日経平均が史上最高値を更新。AI・半導体ブームが相場を大きく牽引。日本市場では日経平均が金曜日の取引日で最高値を再び更新し節目の4万円にあと90円まで迫ってきた。
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア