CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨XRP経済圏、スマコン使わず発行可能なNFTの新規格「XLS20」実装へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XRPのNFTエコシステム

暗号資産(仮想通貨)XRPのブロックチェーン「XRPレジャー(XRPL)」で31日、NFT(非代替性トークン)の新規格「XLS20」が実装された。

XLS20は、XRPL上でのNFT作成をより効率化するための規格。リップル社の吉川絵美コーポレート戦略担当VPによると、イーサリアム(ETH)やEVM互換チェーンに用いられる従来の規格とは異なり、スマートコントラクトを使わずに簡単にNFTを発行できるのが特徴。

開発者としては、スマートコントラクトのセキュリティリスクや複雑さを回避して、NFTを運用できる。

同氏はまた「スケーラブルでエンタープライズグレード、ネットワーク稼働してから約10年間で一度もネットワークがダウンした経験がない、金融機関の国際送金のユースケースなどにも使われている百戦錬磨のチェーン」でNFTを発行できるとして、法人利用にも最適と述べている。

また、リップル社デイビッド・シュワルツCTO(最高技術責任者)は、二次流通の取引量の一部を直接還元する自動ロイヤリティ、資産の共同オーナーシップなどの注目機能がプロトコルレベルで標準化されている点を強調。31日のリリースで以下のように述べている。

オンレジャーNFT(台帳組み込み型NFT)により、XRPLは開発者にとって、高スケールでの発行、焼却、取引をサポートする新しいNFTアプリケーション構築のための魅力的な場所となる。

同氏によると、今後、XRPL上で資産をトークン化するためのコードライブラリと、さらなる機能強化がすぐに公開予定。シュワルツ氏は「継続的な反復とコラボレーションを通じて、真のNFTのユーティリティを有用性を解き放つことで、ブロックチェーンの採用における転換点を作り出す」と締めくくった。

ロイヤリティとは

NFTのロイヤリティとは、売買価格の一部が自動的にクリエイターに還元される仕組みのこと。スマートコントラクトではNFTの移転が購入か譲渡かを識別できないため、多くのマーケットプレイスで設定されてきたが、市場競争が激化する中でロイヤリティゼロを取り入れるプラットフォームが台頭。エコシステムの持続可能性を損なうとして昨今議論の的となってきた。

▶️仮想通貨用語集

関連:「最もロイヤリティ収益を上げているNFTは?」Galaxy Digital

育成ファンドが機能

足元では、XLS20を採用するNFTプロジェクトが誕生している。シュワルツ氏は注目のコミュニティプロジェクトとして、xDude、Pixel Ape Rowboat Club (PARC)、X-Tokenize、XRP Junkiesなどを挙げた。

XRPL上に構築されたNFTマーケットプレイスとしては、Sologenicが存在感を高めている。マーケットプレイスで人気のある NFT コレクションとしては、Bullrun Bulls #2、New Generation B1、Batch 4 Collections等がある。

リップル社はXRPLのNFT機能の実装計画(XLS20)について、2021年5月に初めて発表した。2022年の初めにはNFT専用テストネットを公開。8月にXRPLのバリデーター投票で、XLS20は80%の賛成票を得て可決した。

リップル社はまた、2021年9月に2.5億ドル(当時のレートで280億円)のクリエイターファンドを設立。ファンドの対象に選出されたクリエイターやプロジェクトは経済的な支援やXRPLの技術サポート等を受けることができ、XRPL上でエンターテインメントやメディア等のWeb3領域で有益なユースケースを作り出すことが期待される。

22年3月には、第一波(Wave)の対象者を選出。4,000件の応募の中から、映画監督のSteven Sebring氏、作家やプロデューサーとして活躍するJustin Bua氏、NFTエコシステムに携わるxPunksなどが選ばれた。

10月にリップル社は第二波となる7つの対象者を発表したばかり。NFTチケットを活用し、ライブ等を行うことができるメタバースプロジェクト「9LEVEL」や、日本のクリエイターやアーティスト向けのNFT電子市場「Anifie」等が含まれた。

関連:米リップル社、クリエイターファンドの2回目の対象者を発表

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/17 水曜日
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。
10:05
米リップル社、仮想通貨支持の議員候補者を支援する団体に1.6億円寄付
リップル社は、仮想通貨に否定的なウォーレン議員に代わり、仮想通貨支持派の候補を当選させようとするPACに1.6億円を寄付した。
09:30
DMMビットコインの不正流出、北朝鮮のラザルスが関与か
仮想通貨取引所DMMビットコインの不正流出に、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が関与している疑いが浮上。すでに流出したビットコインは資金洗浄されているようだ。
08:25
仮想通貨ワールドコイン高騰、開発チームによるアンロック期間の緩和発表で
2024年7月24日からTools for Humanityの投資家とチームメンバーが保有する約200万WLDトークンが毎日ロック解除される。ロック解除スケジュールの延長により、この数字は当初の1日あたり約330万WLDより約40%減少する。
07:30
米ビットコインETF、資金純流入一週間継続
終了したドイツ政府による売圧やトランプ氏の暗殺事件など激動だった週末を経て米国のビットコイン現物ETFには資金が継続的に流入してきている。
07:10
マウントゴックス、5000億円相当のBTCをクラーケンに送金か
マウントゴックスが5,000億円相当の仮想通貨ビットコインをクラーケンに送金した可能性が高いことをArkhamが公表。クラーケンは、1週間から2週間で弁済処理を行うと説明しているという。
06:50
米大統領選に向けたBTC・ETHオプション取引、デリビット提供へ
新たな仮想通貨オプション取引は、大統領選の結果にベットする商品として設計されたものだ。すでにポリマーケットという分散型予測市場で次期大統領にベットする取引が活発的に行われておりトレーダーの流動性が集まる重要な市場となっている。
06:20
仮想通貨ブリッジJumperでハッキング発生、現在復旧
EVMチェーンの仮想通貨ブリッジのJumper Exchangeは16日夜、ハッキングが発生したことを報告した。現在システムは復旧し安全に使用できると伝えた。
05:54
ソラナ基盤仮想通貨CLOUD、Bybitなど上場予定 ローンチパッド開始
取引所Bybit、Backpack、及びGate.ioはトークン販売に先立ち、CLOUDトークンの新規取扱予定を発表した。取り扱いは、日本時間19日12:30より開始する。
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧