CoinPostで今最も読まれています

OpenSea、NFTの盗難防止システムを2つ導入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2つの盗難防止システムを導入

最大手NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスOpenSeaは2日、NFTの盗難防止システムを導入したことを発表。不正URLの検出・削除や、盗難の検出、盗難されたNFTの再販売防止などの機能が稼働を始めた形だ。

不正URL検知機能

まず一つ目として、OpenSea上で共有されているURLが不正なものかどうかを分析する新システムが10月末から開始された。

OpenSeaは、NFTの盗難の多くは、無料で利益を提供すると宣伝して消費者を誘うウェブサイトに被害者が暗号資産(仮想通貨)ウォレットを接続し、署名する場合に発生すると説明した。

詐欺師は、こうしたウェブサイトへのリンクをTwitterなどSNS上でも拡散するが、OpenSea上でも、不正なコレクションリストなどを通じて掲載しようと試みる。

OpenSeaの検知システムは、既に知られている不正サイトのリストと照合して、プラットフォーム上に掲載されたURLをチェックすることで、こうした詐欺への対策を行う。それに加えて、まだ素性が知られていない新しいURLについても、取引を分析して不正行為を特定する。

不正ウェブサイトへのリンクを拡散しようとする詐欺師については、OpenSeaアカウントを凍結され、NFTコレクションがプラットフォームから取り下げられ、送金要求もブロックされることになる。

NFT盗難検知・再販防止機能

二つ目として、NFTの盗難をリアルタイムで検出し、盗難の疑いがある商品の再販防止も行う機能が、2日より導入された。最初は、限定的なテストからスタートし、今後数か月かけて、より効果的に盗難検知できるように、システムをトレーニングしていく方針だ。

このシステムは、盗難の可能性がある取引などを検知すると、自動でその商品に「精査中」という黄色い警告アイコンを付与。OpenSea上で、その商品の販売を禁止すると共に、その商品の一つ前の所有者にメールで警告する。

メールを受け取ったユーザーは、NFTが実際に盗難されたか、あるいは正当な取引であったかを確認することが可能だ。該当するユーザーから返答がない場合は、7日後に再販売が有効な状態に戻される。

この新システムの目的は、盗難されたNFTの二次販売を抑制することで、エコシステムをより安全にし、盗難のインセンティブを減らすことだ。

OpenSeaは、今後は他のNFTマーケットプレイス、ウォレットプロバイダー、ブロックチェーン分析企業などとも協力して、不正防止に取り組んでいきたいとしている。これに関しては、また近日中に詳細が発表される見込みだ。

今回の措置の背景としては、2月にOpenSeaで発生したフィッシング詐欺も挙げられる。犯人は、不正なリンクを被害者に送りつけて、総額3.6億円以上に相当するNFTを盗んでいた。

関連OpenSea、フィッシング詐欺で3億円相当のNFTが不正流出か

コピーミント防止機能も実装済

OpenSeaは、盗難防止以外の取り組みとして、コピーミント防止機能も強化している。背景としては、無料で利用可能なフリーミント機能で生成されたNFTで、盗作、スパムが蔓延していることがあった。

関連最大手NFTマーケットプレイスOpenSea、コピーミント防止機能を大幅強化

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧