CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン急落で調整局面入りか、ステーキング可能なPoS通貨に新たな試練

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

9日の米NY株式市場では、ダウは前日比249.13ドル(0.73%)安、ナスダックは120.94ドル(1.02%)安で取引を終えた。

先日の雇用統計結果が市場予想を大きく上振れたことから、日本時間14日にCPI(米消費者物価指数)発表を控え、手仕舞い売りが先行した。

次回CPIの指標も上振れるようだと、インフレ(物価高)がこのままピークアウトするとの楽観シナリオに黄信号が灯り、金融相場はさらなる利上げや米経済のハードランディングを織り込みにいく形で再びリスクオフに傾きかねない。

関連:ナスダック・仮想通貨全面安 コインベース株大幅下落|10日金融短観

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比3.95%安の21,907ドルに。

BTC/USD日足

軟調な株価指数を背景に高値を切り下げて推移する中、ネックラインを割り込み、下げ足を強めた。

アルトコイン相場の過熱感のほか、OI(未決済建玉)やFunding Rate(資金調達率)の推移から先月の大幅反発を後押しした追加燃料も不足しつつある中、調整入りは時間の問題だったとの見立てもある。

関連:2023年初のビットコインデリバティブ相場をプロが解説|仮想NISHI氏寄稿

イーサリアム(ETH)も前日比5.15%安となるなど、ここのところ過熱感のあったアルト市場でも多くの銘柄が急反落した。

Messari

地合い悪化のほか、仮想通貨市場でステーキングおよびプルーフ・オブ・ステーク(PoS)通貨に関する不確実性が強まったことが嫌気された。

米SEC(証券取引委員会)から証券法違反で起訴された老舗の暗号資産取引所クラーケンが、米国ユーザー向けのステーキングサービス提供停止と、3000万ドル(約39億円)の制裁金を支払うことで合意したことがわかった。

SECは、同社の提供していた委託型の暗号資産ステーキングサービスについて、証券性のある投資契約に該当すると指摘。昨年11月に発生した大手取引所FTXの破綻を念頭に、ステーキング資産の預入期間中はプラットフォームの存続と一蓮托生状態にあることを示唆、利用者保護の観点が背景にあるとした。

ステーキングとは

所定の期間、一定量の仮想通貨を預け入れることで報酬を得る仕組み。ブロックチェーンの運営に貢献することで、対価として報酬を得ることができる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

これに伴い、クラーケンは自社の提供するステーキングサービス内でイーサリアム(ETH)やポルカドット(DOT)、エイダ(ADA)の報酬を受け取っていた米国居住者のユーザーに対し、強制アンステークの開始を通知した。ステーキング解除されたポジションは一定の売り圧力となり得る。

ただし、今年3月に予定される上海アップグレードの実装まで仕組み上引き出しのできないイーサリアムについては猶予期間を設ける。また、証券法の規制対象となる米国ユーザー以外には、子会社を通じて引き続きステーキングサービスを提供する。

関連:3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

昨年発生したアルゴリズム型ステーブルコイン「UST(TerraUSD)」の崩壊を伴うテラ(LUNA)ショックや大手取引所FTX事件を発端に、SECは取り締まりの姿勢を鮮明にしている。

一方、今回のケースでは、実質的に利回り投資商品を販売していたとされるクラーケンのステーキングサービスの仕組みに関して、連邦証券法に基づくSECへの申請・登録や情報開示不足を指摘されたもので、既存のステーキングサービス全てが米国の証券法違反に該当するかどうかは議論の余地を残しており、米最大手取引所のコインベースが直ちにステーキングサービスの差し止め措置を受けるかどうかについては懐疑的な見方もある。

非営利経済シンクタンク「Mercatus Center」の上級研究員であるAgnes Gambill West氏は、「米国内で関連サービスの閉鎖やスタートアップ企業が海外オフショアへの移転を余儀なくされることは、米国の国際競争力およびイノベーションにとって多大な損失につながりかねない」と失望感を示した。

SECコミッショナーの1人であるHester Peirce氏は、SECの決定について、反対の意思を示す声明文を掲載。

SECは証券の募集として登録されるべきだったと主張するが、そもそもステーキングサービス申請用の登録を事前に受け付けていたのか?銘柄ごとの登録が必要なのか?と複数の疑問点を挙げた上、開示方法や会計上の問題など規制方針が未成熟であることを指摘。

「透明性を高めること自体は良いことだが、規制当局がガイダンスを提示し企業側に遵守を求める前に、強権的な“執行措置”が先行して新興産業の混乱を招いている」と主張。規制のガイダンスが明確でなかったにも関わらず、強硬的な振る舞いが先行しているとしてSECの姿勢を批判した。

詳細:米SEC「クラーケンの仮想通貨ステーキングサービスは証券法違反」

アルトコイン相場

アルト市場の個別銘柄では、Optimism Network(OP)の一時的な売り圧力で急落する場面があった。

Optimismは、総供給量の19%を段階的に分配するというイニシアチブに基づき、サプライズ的なトークンエアドロップ #2を実施した。

メインネットにおけるプラスサムガバナンスへの参加とOptimismを利用するヘビーユーザー還元策の一環として、投票権を委任したアドレスのほか、22年3月25日以降に取引手数料(Gas代)を一定以上費やしたユーザーが対象となった。

Optimism Networkのガバナンストークンである「OP」は、22年5月に総トークン供給量の5%を分配するエアドロップ #1を実施している。

Optimismは、負荷の高まり続けるイーサリアム(ETH)のトランザクション緩和のために開発されたレイヤー2スケーリングソリューションの一つであり、Optimistic Rollup技術が採用されている。

関連:イーサリアムL2需要増、Optimismトークンが過去最高値を更新 

ガバナンス投票で提案が可決されれば、今年3月に最初のプロトコルアップグレード「Bedrock」が予定される。

関連:イーサリアムL2「Optimism」、初のアップグレード「Bedrock」は3月実施を提案

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア