CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、罰金支払いなど米規制当局との和解に応じる構え

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

 

バイナンスCSOの見解

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが、米国の規制当局との和解に向けて罰金支払いに応じる可能性があることが15日に明らかになった。

主に設立初期のコンプライアンス違反が争点となっている模様だ。プロジェクト初期の事業を巡り、バイナンスのPatrick Hillmann最高戦略責任者(CSO)はWSJのインタビューで以下のように述べている。

バイナンスは急速に成長し、贈収賄や汚職、マネーロンダリング、経済制裁のリスクに対処する法律や規則になじみのないソフトウェアエンジニア達が運営する事業としてスタートした。

Hillmann氏によると、同社はこれまで米国の規制当局との調整を進めており、結果的に「おそらく罰金か、規制当局が決めるそれ以上の措置」が下る可能性があるという。

Hillmann氏は、罰金の規模や解決時期について言及しなかったが、結果について「高い自信を持っており、議論の方向性について満足している」と指摘。「問題を過去のものとすることができる点で、会社としてポジティブな瞬間になるだろう」と見解を述べた。

SEC(米証券取引委員会)は2月13日、バイナンスブランドのステーブルコイン「Binance USD(BUSD)」の新規発行停止を、Paxos National Trust(パクソス・トラスト・カンパニー)に命じたばかり。

BUSDへの規制措置を踏まえて、Hillmann氏は仮想通貨市場に対する米国の規制環境が「まだ非常に混乱した時期」であると指摘。最近のSECの執行は、「米国に非常に深刻で長期にわたる萎縮効果をもたらすだろう」と加えている。

関連:米ニューヨーク当局、パクソスにステーブルコイン「BUSD」の新規発行停止を命じる

バイナンスを調査する規制当局

Hillmann氏は直接言及していないが、WSJはDOJ(米司法省)とCFTC(商品先物取引委員会)とバイナンスに対する過去の報道を引用している。

22年12月にロイター通信が報じた内容によると、米司法省はマネーロンダリングや制裁措置に関する法律違反の可能性があるとして、2018年以来バイナンスを調査している。

当時バイナンスはロイターの報道内容を「悪い噂(FUD:Fear, Uncertainty and Doubt)」であるとして、現在は約300名からなる調査チームが取り締まりを強化しており、従来の現金システムよりも犯罪活動を少なく抑えているとユーザーに運営体制をアピールしていた。

関連:バイナンス、米司法省のマネロン関連告訴に関する報道に反論

CFTCについては21年3月、事情に詳しい情報筋に基づいてブルームバーグが報じている。バイナンスが適切な登録なしに米国の顧客に仮想通貨のデリバティブ取引を提供した疑いがあるとして、調査を進めているとしていた。

マネーロンダリングとは

犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽する行為。匿名性が高いという特徴から、仮想通貨のマネロン対策は最優先課題の1つとされる。

▶️仮想通貨用語集

関連:バイナンス、カザフスタン規制機関から仮ライセンス取得

規制に準拠するバイナンス

バイナンスは当初、中国を拠点とし、グローバルに事業を展開する仮想通貨取引所を17年7月にローンチした。近年、規制に準拠してグローバルに事業を展開しようと努めている。

2019年には、米国で仮想通貨サービスを提供する「バイナンスUS」をローンチした。US本社はカリフォルニアにあり、同国の規制を遵守し、米国民にサービスを提供している。

22年8月には、カザフスタンの金融規制当局であるアスタナ金融サービス局(AFSA)から原則的な(In-Principle)ライセンスを取得。その他、22年中にナイジェリア、フランス、イタリア、スペイン、さらにはニュージーランドでも事業認可を取得している。

関連:世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを買収

関連:世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスとは|企業としての取り組みを紹介

タイトルについて編集済み

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧