CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン価格と仮想通貨市下落の背景に見られる5つの原因

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨投資会社:「下落の要因は主に5つある」
仮想通貨のみに投資する資産運用会社Distributed Global社のJonathan Cheeseman氏がビットコインが下落した要因を5つあると発言し、 マクロ的トレンド、投機バブル、規制面の不安、ショート売りと詐欺を理由に挙げた。

仮想通貨市場では先週大きな下落が見られました。

先週6日に急激な暴落を観測したビットコインを筆頭に、時価総額100位以内の通貨の半数以上が下落を見せました。

中でも下落直前に10000BTCのショートが見られ、ゴールドマンサックスの誤報などもあり、市場操作の疑惑は未だ残りつつあります。

2018年を現時点で全体的に振り返っても、苦しい一年だったと言えるでしょう。

しかしそのような中でも、未だに仮想通貨やブロックチェーン技術を信じる人は少なくありません。

中でも、Distributed Global社のJonathan Cheesman氏は、今後仮想通貨市場が成熟して、仮想通貨が資産クラスとして確立され、規制とインフラが整備されていけば仮想通貨を正当な価値の保存手段としてみられると予想しています。

ベネズエラやトルコのように状況が深刻な国家を筆頭に、債務持続可能性が良くない法定通貨を抱える国家は少なくない。

金は価値の保存手段として長い間利用されてきたが、廃れてきている印象が否めない。

デジタルな価値の保存(である仮想通貨)が実用的で今の世代には合っている

と述べ、仮想通貨の将来性について語りました。

規制面での不安と発展中のインフラ

2018年までは機関投資家など、俗に言う「クジラ」を対象にしたインフラやサービスは実質的に皆無でした。

機関投資家の仮想通貨市場参入には必須と言われるカストディアン・サービスも最近ようやく現実的になっており、適格投資家が仮想通貨に投資できる機会は未だに発展中です。

このような機関投資家などが仮想通貨に関わるサービスの選択肢が少ない点が規制面での不安と重なり、仮想通貨市場への大量な資金流入を阻んでいる感じは否めません。

また、今年見られた投機的バブルは2012や2016と同様に、投機家や個人投資家などによる狼狽売りが引き金となって調整局面に突入したと思われます。

仮想通貨市場を襲った80%の調整は過去の下落と似た側面はあるものの、市場の回復は以前とは異なる事が予想されます。

以前、ビットコインは主要サポートラインで必要なはずみを見せる事ができずに2年間も停滞した過去があります。

今年に入ってからビットコインは3度も6000ドル台のサポートラインから脱出を図り失敗しているもの、辛うじて6000ドル以降の下落はしていません。

しかし今後、機関投資家向けのカストディサービスが発展し、規制の枠組みが確立されていくにつれ、さらに成長が見込まれる仮想通貨市場に資金が流入するとCheeseman氏は予想します。

世界各国の規制当局がどう仮想通貨を規制すべきか頭を抱えています。

分散化されている仮想通貨の性質が仮想通貨を証券に該当するかどうか判断を難しくする事に加え、詐欺などが業界全体に悪いイメージを与えてしまっている

その為進展は遅いが、それでも全体的には技術の革新を尊重する規制がみられているのではないか。

そして規制面での不安、カストディや保険、データ・リスクマネジメントサービスの欠如が機関投資家の参入をさらに阻めている。

韓国と日本で見られる進展

世界的に見ると、既に韓国と日本は仮想通貨業界を正当な市場として取り締まる仮想通貨関連の法案を持っており、注目されています。

また今月8日にはウズベキスタンが仮想通貨の取引、ICOやデジタル資産(仮想通貨)のマイニングを合法化しました。

今後カストディサービスが発展する事を踏まえると、長期的な価格の上昇がヘッジファンドや機関投資家を筆頭によって起こされる可能性は十分あると思われます。

参考記事:Why Bitcoin & why sooner rather than later?

CoinPostの関連記事

仮想通貨投資家の50%以上が1年以内の買い増しを宣言、有望視される通貨も明らかに|調査レポート
アメリカの証券会社SharesPostが仮想通貨に関するアンケートの調査結果を公開。データは伸び悩む仮想通貨市場に対して投資家や消費者が前向きな見方を持っている事を示していると言える。
仮想通貨暴落劇にインサイダー疑惑も:AIがビットコイン市場心理の『異常』を検知
上昇傾向にあったビットコイン価格が突如大暴落し、仮想通貨市場で投資家の混乱を招いている。下落を示唆する”予兆”がなかったか、データサイエンティストと市場アナリストチームの合同リサーチで浮かび上がった異常な動きとは。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧