CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム、ブロックのファイナライズに約30分間の遅延 クライアント多様性の重要性が強調される

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

合意形成層のファイナライズ

イーサリアム(ETH)のコンセンサスレイヤー(合意形成層)で、一時的にファイナライズ(確定)の停止、あるいは遅延する事態が発生した。この状況は、5月12日3時(日本時間)ごろに発生し、約30分後に回復している。

合意形成層がファイナライズを停止するとは、提案された新規ブロックの確定ができない状態を指す。ファイナライズとは、ブロックが全ネットワークに認められ、以降変更不可能になること。これができないと、ダブルスペンディング(同じコインの二重使用)の試みがあったり、ネットワーク内に異なる取引履歴が生じて分裂(フォーク)するリスクが高まる。

イーサリアムのビーコンチェーン コンサルタントsuperphiz.ethがツイートしたところによれば、合意形成層で不調が生じた理由は明確ではないが、基本的に合意形成層はこのような問題に対して強い耐性を持って設計されている。つまり、問題が発生しても取引は通常通りに実行可能で、問題が解決した後に、ブロックの確定(ファイナライズ)も再開されるという主旨だ。

データプロバイダのBeaconcha.inによると、イーサリアムのエポック200,552から200,554では、Attestations(認証)数が急激に減少した。イーサリアムにおいて、1エポックは6.4分であるため、3エポックは19.2分。Attestationsがゼロにならなかったという点は、ネットワークが全体として依然として機能し、特定のブロックの確定が遅れただけで、新しいブロックの生成や取引の処理が続けられたという事実を示している。

実際、その25分後、メインネットは再びブロックのファイナライズを再開したとの報告がある。Prysmatic Labsの共同創設者Preston van Loon氏によれば、問題に対処するため、一部のコンピューターソフトウェア(クライアント)が通常以上の負荷を受けて動作したことで、イーサリアムの取引履歴(チェーン)を正確に記録し続けることができた、と指摘した

イーサリアムの合意形成層とは

2020年にビーコインチェーンとして開始されたイーサリアムのオリジナルのProof-of-Stake(PoS)ブロックチェーン。2022年9月15日には、イーサリアムのProof-of-Work(PoW)チェーンと「マージ」。現在はイーサリアムの「合意形成(Consensus)レイヤー」として機能している。

▶️仮想通貨用語集

関連:イーサリアムのステーキング報酬率が上昇、ミームコインブーム取引が要因か

クライアントの多様性

Blockworks Researchのシニアアナリスト Sam Martin氏は、一時的ではあるが大幅な検証者(バリデーター)の参加率が減少した結果、認証(Attestations)の数が急激に減少する事態が発生したとの見解を示している。

EthereumPools.infoはまた、「数エポックにわたり、我々が監視しているほぼすべてのプール/オペレータがオフラインになった」とツイートした。

Martin氏はまた、検証者が使用できるソフトウェア(クライアント)の多様性により、この問題が広範囲に広がったり、長時間にわたって続くことを防いだという意見を示している。

イーサリアムのブロックが一時的にファイナライズされなくなる一方で、実行レイヤー(エグゼキューションレイヤー)では通常通りブロックが検証され続けた。これは、イーサリアムの検証者セットの中でのクライアントの多様性の重要性を再度示す事例となった。

つまり、様々な種類のソフトウェアが使用されていたために、一部に問題が発生したとしても、他のソフトウェアによってネットワーク全体の機能が維持され、早期の復旧に貢献したという。

「クライアントの多様性」は、イーサリアムの取引を検証するために使えるソフトウェアの種類のことを指す。様々な種類のソフトウェアが使われることで、ネットワーク全体の安全性や安定性が高まる。

Diversfy Nowのデータによると、イーサリアムの取引を確認するソフトウェア(クライアント)の中で、’Lighthouse’と’Prysm’がほぼ同じぐらい(38%前後)使われていて、その次に’Teku(16.9%)’がある。しかし、’Nimbus’や’Lodestar’というソフトウェアはあまり使われていない。

Superphizは、ある特定のソフトウェア(クライアント)が全体の33%以上を占めていない場合、つまりソフトウェアの使用が適度に分散されている状態であれば、今回のような「ファイナライティの喪失」という問題は起こらなかった可能性が高いと述べている。

検証者(バリデーター)とは

バリデータとは、ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのこと。取引履歴を検証する役割などを持ち、その役割を果たすと仮想通貨で報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

関連:待望のPoSへ、イーサリアム大型アップグレード第一弾「The Merge」を詳細に解説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港の行政長官、仮想通貨取引所Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。
11/28 火曜日
18:47
JPYCが三菱UFJ信託とProgmat、ステーブルコイン拡張と国内外SC交換業へ連携検討
三菱UFJ信託銀行、Progmat社、JPYC社がProgmat Coin基盤を活用した新しいステーブルコイン「JPYC(信託型)」の発行に関する共同検討を開始。JPYC社は、国内外のステーブルコイン交換業者としての新たな事業展開を目指す。新たな「JPYC(信託型)」は横展開可能なモデルであり、電子決済手段として機能する予定。
16:00
「法定通貨が不可能なことをBTCで実現」Fountain創設者が語る
第9回のGM Radio:Beyond The Priceは10日に公開。ゲストはWeb3ポッドキャストアプリFountain開発企業の共同創設者Nick Malster氏である。
14:45
イーサリアム共同創設者ブテリン「ステーキングメカニズムには大規模な刷新が必要」
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、トルコで開催されたDevconnectで、ステーキングを再設計し、パフォーマンスに影響を与える問題を解決する計画だと述べた。
13:28
オーディナル導入ゲームFarcana、アニモカから投資を獲得
UAEに拠点を置くゲームスタートアップ、FarcanaがAnimoca Brandsからの投資を受け、ビットコイン賞金プール付き戦略シューティングゲームの開発を加速。Web3ゲームの先駆者として、ビットコインオーディナルを導入予定。
12:05
ビットコイン37000ドル台維持、弱含みのアルトコイン相場は大規模アンロック警戒も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが高値圏を維持する一方、弱含みのアルトコイン相場は6億ドルを超える規模のトークンアンロックへの警戒感も燻る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア